今週末も遠出できず、土曜日に近場の盤渓山へ。最後の紅葉狙いでしたが・・

P_20171028_090210_convert_20171029100612.jpg
盤渓市民の森に車を停め、妙心寺に続く道路沿いから林の中に入ります。ピンクテープが目印です。案内板はありません。

P_20171028_091343_convert_20171029100701.jpg
今回も写真はスマホで撮りました。この山は冬に登る方が多いです。紅葉はもう終わってました・・

P_20171028_094917_convert_20171029100734.jpg
笹で登山道がはっきりしないところもあります。冬とほぼ同じルートで頂上へ。

P_20171028_100001_convert_20171029100759.jpg
1時間弱で高度感のある頂上に到着です。風が強いです。

P_20171028_100026_convert_20171029100824.jpg
お馴染みの頂上の一本松。後に雪をかぶった手稲山。

P_20171028_100305_convert_20171029101052.jpg
三角山の後に札幌の街が広がってます。この山は登る度にいい山だなーと思います。

P_20171028_110554_convert_20171029101115.jpg
この時期は長居できないので早々に下山です。来年は紅葉のピークに来たいですね。私としてはスマホで写真を撮るのは面倒なので(ヤマップで現在地を確認するのはいいのですが)、やっぱりデジカメ派かなー。

P1090246_convert_20171029101136.jpg
下山後は、伏見の「虎鉄」の特醤油ラーメンとザンギ(巨大です)。油っぽいものは苦手ですが、スープはコクがあって美味しかったー。でもこの店舗は来月閉店するそうです。残念。
P_20171026_090815t_convert_20171028173154.jpg
10月26日木曜日、天気が良かったので一人で藻岩山に行ってきました。こういう時は自営業はいいなーと思います。
旭岳の遭難事故がきっかけでヤマップの登山アプリを入れたので早速試してみたくなったのです。今回の写真はすべてスマホで撮ったものです。

P_20171026_092109_convert_20171028173222.jpg
いつもの慈啓会コース。
司法書士の受験生の時、運動不足解消のため平日よく登っていたのですが、登山口に向かうバスでいつもお見かけした女性は今どうしているのでしょうか。

P_20171026_095305_convert_20171028173248.jpg
馬の背を超えると頂上が見えます。大分葉が散ってます。この日もエゾリスを見ましたが、遠くてうまく撮れなかったです。

P_20171026_101112_convert_20171028173314.jpg
1時間弱で頂上です。この時間は人が少ないです。

P_20171026_101303_convert_20171028173357.jpg
先日登った砥石山、神威岳、烏帽子岳、百松沢山が丸見え。雪がついてます。低山ですが、じっとしてるとさすがに寒いです。

P_20171026_112202_convert_20171028173436.jpg
帰りはいつものように旭山公園コースへ。こちらは紅葉がまだ楽しめました。

P_20171026_114822_convert_20171028173509.jpg
旭山公園に到着。街がより近いです。

P_20171026_115421_convert_20171028173531.jpg
旭山公園からの円山。

P_20171026_120022_convert_20171028173552.jpg
下の方が紅葉がきれいです。これからは紅葉の主役は平地ですね。
この近くの高校に通っていた時、スキー学習に使っていた斜面を下りました。あれから何と長い年月が経ったことか・・
ヤマップによると、この日の活動距離は6.5㎞、消費カロリーは960キロカロリー、高低差は475mだそうです。現在地が分かるし、使い方もそれほど難しくないので便利です。バッテリーの消費が心配ですが、機内モードでも大丈夫みたいです。
週末はまた遠出できず、土曜日に円山に行ってきました。

DSCF6876_convert_20171022160959.jpg
円山公園の紅葉もきれいでした。

DSCF6886_convert_20171022161015.jpg
登山口です。

P1090183_convert_20171022161358.jpg
少し風がありますが、暖かな日でした。

DSCF6898_convert_20171022161100.jpg
紅葉がキラキラ。

DSCF6908_convert_20171022161119.jpg
日が当たると紅葉が映えます。

P1090186_convert_20171022161418.jpg
頂上です。樺戸の山や夕張岳も見えました。

DSCF6915_convert_20171022161208.jpg
こちらは藻岩山。

DSCF6944_convert_20171022161231.jpg
下山の時、エゾリスに会えました。

DSCF6945_convert_20171022161251.jpg
円山動物園。後ろは神社山。夏道はありませんが、冬に登れるみたいです。

DSCF6949_convert_20171022161313.jpg
紅葉は平地の方がきれいなような。

DSCF6953_convert_20171022161333.jpg
札幌は来週当たり初雪が降りそうです。穏やかな秋の一日でした。

P1090213_convert_20171022161436.jpg
下山後に寄った円山神宮鳥居そばの「秀円(ひでまる)」のチャーメン(あんかけ焼きそば)880円。麺の焦げ具合が絶妙です。具だくさんで美味しいですよ。
DSCF6821_convert_20171017145612.jpg
日曜日は、近場の砥石山に行ってきました。初めての小林峠からのコースです。
紅葉の名所と言われるところまで遠出しなくても、札幌市内の紅葉もなかなかのものなのです。

P1090105_convert_20171017145942.jpg
しょっぱなから急登ですが、すぐになだらかになります。閉鎖したコバワールドスキー場の山を登ります(展望はほぼ利きません)。

DSCF6831_convert_20171017145629.jpg
アップダウンの尾根歩きを1時間ほどしてT4分岐に到着です。いつも思うのですが、T4ってどういう意味なんでしょうね。

P1090117_convert_20171017150002.jpg
ここからが紅葉の本番です。

DSCF6836_convert_20171017145648.jpg
日が当たるとキレイです。

DSCF6839_convert_20171017145706.jpg
天気予報はいまいちでしたが、紅葉見物には十分です。ヨカッタ!

DSCF6842_convert_20171017145727.jpg
目指す頂上が見えました。まだ遠いなー。なかなか登り応えのある山です。

DSCF6845_convert_20171017145743.jpg
2時間10分で頂上に到着です。上の方は大分葉が散ってました。

DSCF6849_convert_20171017145801.jpg
左から、定山渓天狗岳、神威岳、冠雪した余市岳、未登の烏帽子岳。

DSCF6855_convert_20171017145842.jpg
こちらは札幌岳。さすがにじっとしていると寒いです。たまに小雪が舞ってました。

DSCF6860_convert_20171017145902.jpg
下山時の三角山と藻岩山(右)。奥に札幌の街が見えます。

P1090146_convert_20171017150045.jpg
こちらは山の手の三角山、大倉山、奥三角山。奥に札幌の街。

DSCF6864_convert_20171017145921.jpg
紅葉が燃えるよう・・今週も楽しませてもらいましたー。下の方の紅葉はこれからです。それにしても近場の山は楽ですね。
DSCF6745_convert_20171011140733.jpg
体育の日の連休二日目は、北見市の仁頃山に行ってきました。
登山道は、富里森林公園キャンプ場から近い順に、東新道、東尾根、管理車道、中央道、奥新道、西尾根道と6本もあります。

P1080991_convert_20171011141306.jpg
「ふれあい橋」を渡って登山口へ。中央道コースを登り、帰りは奥新道コースを下ります。
登山者名簿を見ると10日以上も登山者がいません。地元で人気の山なのに?

DSCF6750_convert_20171011140754.jpg
いきなり急登の連続で、足がつるかと思ったこのコースが人気がないのが分かりましたー。

P1090010_convert_20171011141329.jpg
急登から解放され、気持ちのいい紅葉の中を進みます。後で分かったのですが、地元で一番人気なのは、意外にも管理車道コースのようです。

DSCF6764_convert_20171011140810.jpg
ほぼ展望はないですが、ダケカンバ林が美しー。この日は20℃位まで気温が上がり、大汗をかきましたー。

DSCF6783_convert_20171011140826.jpg
1時間45分で頂上です。周りに高い山がないので展望が利きます。左の木箱にスタンプと頂上からのパノラマ写真が入ってました。
登山道は整備されていて歩きやすいです。頂上のすぐ下にすだれがかかった「花摘み場所」なるものがあって驚きましたー。

P1090024_convert_20171011141352.jpg
雲がかかってますが、右から摩周岳、藻琴山、斜里岳、海別岳(知床連山は雲の中でした)。遥々道東まで来たことを実感します。大雪は武利岳に隠れてましたが、遠くに冠雪したトムラウシ山が見えましたよ。
車道コースから登山者がぞくぞくとやって来ました。ほとんどが地元の方で週に何度も登っているようです。

P1090057_convert_20171011141410.jpg
下山は、紅葉の海に入っていくようです。

DSCF6806_convert_20171011140846.jpg
オレンジがまぶしー。

DSCF6808_convert_20171011141240.jpg
紅葉のピークにあたり、ラッキーです。

P1090068_convert_20171011141431.jpg
こちらのコースは人も少なくて静かでした。紅葉のシャワーを浴びて大満足でしたー。また来ようってか。

P1090072_convert_20171011141447.jpg
北見まで来たからには、ご当地グルメ!JR西北見駅近くのレストラン「カルネ」の塩やきそば。鉄板ジュージュー。大きなホタテがのってます。なぜかゴハンも。あー美味しかった。店内は昭和っぽい懐かしい雰囲気です。