P1090509_convert_20180204100337.jpg
先週はインフルエンザでダウンB型は高熱が出ないのにいつまでも具合悪い状態が続きます。A型の熱が下がった時の治った感がないのでダラダラと横になっている時間が長くなってしまって厄介です。
土曜日は珍しく北方面の天気予報が良かったので月形町の分監山へ。厳冬期に毎年登っているお気に入りの山です。

P1090511_convert_20180204100412.jpg
林道歩きを30分ほどして取り付きます。いつも苦労するところですが、雪が締まっていたので難なくクリアー。

DSCF7096_convert_20180204100124.jpg
ここから長い急登です。右手の方から登ります。

DSCF7099_convert_20180204100143.jpg
平野の中の独立峰なので高度を上げるほどに展望が広がります

DSCF7119_convert_20180204100259.jpg
急登を終えると雪庇地帯。深雪でズルズルしながら進みます。

DSCF7114_convert_20180204100241.jpg
2時間半で頂上に到着です。標識はないですが、木にピンクテープがついてました。ここは頂上手前の眺めのいいところ。

DSCF7113_convert_20180204100222.jpg
増毛山地をズーム。いつも行きたいと思うのですが、この時期は晴れることが少ないです。

DSCF7112_convert_20180204100205.jpg
神居尻山をズーム。この界隈はいい山が多いです。

P1090539_convert_20180204100431.jpg
芦別岳方面。低山なのに眺望が最高の山です。

P1090540_convert_20180204100446.jpg
支笏湖方面の山のシルエット。何回も登ってますが、ここまでキレイに見えたのは初めてです。やっぱりいい山でしたー!
1月の第三日曜日、天気予報に従ってまた支笏湖へ。この時期は日本海側の天気が悪いことが多いので、どうしても太平洋側へ行くことが多くなります。2年ぶりに多峰古峰(たっぷこっぷ)山に登ることにしました。

P1090490_convert_20180122150644.jpg
この山の唯一の難点は駐車スペースがないことですね。何とか道路脇に停めてスタート。はじめは林道歩き。20分ほどなので短い方です。

DSCF7085_convert_20180122150557.jpg
林道終点から林の中に入ります。この時点では目指す多峰古峰山がくっきり見えてました。

DSCF7087_convert_20180122150611.jpg
トレースがしっかりついていたので楽しましたー。ちょっと笹がうるさいです。稜線に出ると支笏湖と恵庭岳が見えるはずでしたが、真っ白で何も見えませんまるで真冬の海のようでした。

P1090496_convert_20180122150658.jpg
頂上直下の急登。ズルズルします・・

DSCF7089_convert_20180122150627.jpg
1時間半で頂上です。この山は樽前山の展望台のような山なのですが・・

P1090503_convert_20180122150711.jpg
ぼんやりしてますこの後、雪が降り出し、風も強くなり寒いですまた天気予報がハズれました。

P1040254_convert_20180122150741.jpg
2年前の2月に来た時は、こんなに晴れてました!

P_20180121_142716_convert_20180122150801.jpg
下山後に寄った南区石山の「正直庵」の冬季限定かきせいろ。ちょっと高めですが超美味しいです!冬はこれを食べないとね。
DSCF7039_convert_20180115113256.jpg
1月の第二日曜日、定山渓方面に山スキーに行こうとしていたところ、朝起きると雪がわっさわっさ降ってますまた天気予報がハズレましたー急きょ、支笏湖へ行くことに。こっちは晴れてます別世界だわー。

P1090433_convert_20180115113436.jpg
支笏湖展望台の駐車場に車を停めてイチャンコッペ山へ。冬は初めてです。

DSCF7041_convert_20180115113310.jpg
いきなりの急登。ここは秋に登ることが多いのですが、いつも枯葉で滑るところです。

DSCF7042_convert_20180115113323.jpg
この時期は支笏湖がよく見えるのでテンションが上がりますトレースもあり、雪も程よく締まっているので登りやすいです。

P1090436_convert_20180115113501.jpg
夏道とほぼ同じルートを行きますが、トレースがなかったら難しかったと思います。風不死岳と樽前山を背に。

DSCF7080_convert_20180115113420.jpg
50分で分岐に到着。左に行くと昨年登った幌平山です。スキーの人が沢山いて驚きましたが(あんな急斜面どうやって滑るの?)この日はいなかったです。正面に見えるのイチャンコッペ山の前ピーク(785m)です。

P1090457_convert_20180115113517.jpg
分岐からはピークを二つ巻いて進みます。ちょっと長く感じるところです。恵庭岳を横目に

DSCF7055_convert_20180115113336.jpg
前ピークの急登。どんどん眺めが良くなります

DSCF7061_convert_20180115113350.jpg
あと少しで前ピーク。以前は反射板がありました。ここからは札幌の山が見えました。

P1090471_convert_20180115113536.jpg
前ピークから最後の登り。遠そうに見えますが、そうでもないです。

DSCF7071_convert_20180115113406.jpg
登り始めて2時間15分で頂上に到着です。夏は1時間40分でした。夏は笹がいっぱいで狭かったですが、冬はひろびろー、断然いいです!あまりの居心地の良さに1時間もいました。

P1090487_convert_20180115113551.jpg
支笏湖に向かって尻すべり!ビニール袋でも結構滑ります。
この山はもっぱら冬に来る山になりそうです。
DSCF7032_convert_20180108163330.jpg
成人の日の連休の中日は、太平洋側がいいとの天気予報に従って伊達市の稀府(まれっぷ)岳に行ってきました。冬は初めてです。

P1090421_convert_20180108163407.jpg
苫小牧から伊達のあたりは雪が少ない(ほとんどない)です。前日に降った雪のおかげで下の方もスノーシューで歩けました。

P1090423_convert_20180108163421.jpg
急登も先行者(スキー2人、スノーシュー1人)のトレースのおかげで楽に登れました。日が差してきましたスキーと違って気軽に登れるのがスノーシューの魅力ですね。

P1090425_convert_20180108163435.jpg
登り始めて50分ほどで「お尻愛の木」に到着。行程の半分くらいでしょうか。晴れることを信じて稜線へ。

P1090429_convert_20180108163452.jpg
真っ青な太平洋と噴火湾の向こうの駒ヶ岳の絶景を期待していたのに、稜線に出ると雪も風も強くなる一方ですどうして天気予報って当たらないのか・・

DSCF7035_convert_20180108163348.jpg
結局、視界が利かないと危ないので前稀府の手前のガマ岩で撤退しました。残念。また来なければー。
下山後は登山口から近い「なすりんカフェ」で美味しいコーヒーをいただきました。居心地のいいカフェです(写真撮り忘れ)。
DSCF7008_convert_20171231090808.jpg
12月30日は室蘭岳に行ってきました。だんパラスキー場のある山です。久し振りの晴れです

DSCF7010_convert_20171231090826.jpg
山スキーでの初めての登山。夏道ではなく、鳥居のところから左手に入ります。
木が密集しているし、笹や枝も出ています。こんなところスキーで下れるのか不安になってきます

P1090350_convert_20171231091019.jpg
高度を上げると太平洋が見えてきます木はまばらになってきたものの相変わらず笹が多いです・・

DSCF7011_convert_20171231090842.jpg
青空と樹氷

P1090377_convert_20171231091036.jpg
振り返ると樹氷と海。絶景です!

DSCF7019_convert_20171231090859.jpg
頂上直下の樹氷の中を進みます。夏道よりなだらかです。

DSCF7027_convert_20171231090918.jpg
約2時間で頂上です。登り始めが遅かったので誰もいません。

DSCF7028_convert_20171231090939.jpg
この山はホント眺めがいいです。

DSCF7031_convert_20171231090958.jpg
カムイヌプリ。昨年縦走しました。

P1090386_convert_20171231091053.jpg
ヘルメットをかぶって滑走開始。コワかったー。絶景を楽しむ余裕ゼロでした。オープンバーンはまだなんとか滑れましたが、木の中は激突しそうなのでほとんど横滑りで下りましたスキー場が見えた時は心底ホッとしました。
ゲレンデは滑りやすくて天国でしたー。私のアトミックの山スキー、山の中では全然分からなかったのですが、よく滑るしよく曲がります。山スキーは、スキーが本当にうまくないと厳しいですね。
ドタバタで今年の登り納めをしました。