DSCF6745_convert_20171011140733.jpg
体育の日の連休二日目は、北見市の仁頃山に行ってきました。
登山道は、富里森林公園キャンプ場から近い順に、東新道、東尾根、管理車道、中央道、奥新道、西尾根道と6本もあります。

P1080991_convert_20171011141306.jpg
「ふれあい橋」を渡って登山口へ。中央道コースを登り、帰りは奥新道コースを下ります。
登山者名簿を見ると10日以上も登山者がいません。地元で人気の山なのに?

DSCF6750_convert_20171011140754.jpg
いきなり急登の連続で、足がつるかと思ったこのコースが人気がないのが分かりましたー。

P1090010_convert_20171011141329.jpg
急登から解放され、気持ちのいい紅葉の中を進みます。後で分かったのですが、地元で一番人気なのは、意外にも管理車道コースのようです。

DSCF6764_convert_20171011140810.jpg
ほぼ展望はないですが、ダケカンバ林が美しー。この日は20℃位まで気温が上がり、大汗をかきましたー。

DSCF6783_convert_20171011140826.jpg
1時間45分で頂上です。周りに高い山がないので展望が利きます。左の木箱にスタンプと頂上からのパノラマ写真が入ってました。
登山道は整備されていて歩きやすいです。頂上のすぐ下にすだれがかかった「花摘み場所」なるものがあって驚きましたー。

P1090024_convert_20171011141352.jpg
雲がかかってますが、右から摩周岳、藻琴山、斜里岳、海別岳(知床連山は雲の中でした)。遥々道東まで来たことを実感します。大雪は武利岳に隠れてましたが、遠くに冠雪したトムラウシ山が見えましたよ。
車道コースから登山者がぞくぞくとやって来ました。ほとんどが地元の方で週に何度も登っているようです。

P1090057_convert_20171011141410.jpg
下山は、紅葉の海に入っていくようです。

DSCF6806_convert_20171011140846.jpg
オレンジがまぶしー。

DSCF6808_convert_20171011141240.jpg
紅葉のピークにあたり、ラッキーです。

P1090068_convert_20171011141431.jpg
こちらのコースは人も少なくて静かでした。紅葉のシャワーを浴びて大満足でしたー。また来ようってか。

P1090072_convert_20171011141447.jpg
北見まで来たからには、ご当地グルメ!JR西北見駅近くのレストラン「カルネ」の塩やきそば。鉄板ジュージュー。大きなホタテがのってます。なぜかゴハンも。あー美味しかった。店内は昭和っぽい懐かしい雰囲気です。
秋分の日の夜は、雨と雷の大荒れの天気でした翌日は次第に晴れの予報でしたが、林道があるところは不安なので近くの札幌岳に行ってきました。

DSCF6696_convert_20170925151434.jpg
予想通り登山道はドロドロ。特に頂上直下は川のようになってました下の方はまだ紅葉は始まってません。

P1080934_convert_20170925151639.jpg
1時間20分で冷水小屋に到着です。この山に初めて登ったのは小学校4年生の時でした。冷水小屋から始まる急登は壁のように見えたものです。

DSCF6706_convert_20170925151456.jpg
冷水小屋から上は紅葉が進んでいます。

DSCF6725_convert_20170925151517.jpg
2時間50分で頂上です。登山道が水浸しで難儀しましたー。残念ながら羊蹄山はずっと雲の中でした。

DSCF6726_convert_20170925151535.jpg
ちょっと雲がかかってますが、空沼岳から恵庭岳方面。白老三山と徳舜瞥山、ホロホロ山、オロフレ山も見えました。

DSCF6738_convert_20170925151553.jpg
1時間ほどくつろいで下山です。紅葉と無意根山。下りもドロドロ道に難儀しました。

P1080977_convert_20170925151659.jpg
紅葉のトンネル!やっぱり定山渓の紅葉はキレイです。

P1080990_convert_20170925151719.jpg
冷水小屋までの急な下りを終えれば、あとは緩やかです。
北海道の秋はあっという間に過ぎてしまいます。これからはドンドン寒くなって登れる山も限られてきます。
下山後の温泉は、小金湯温泉「湯元小金湯」(750円)今シーズン初めてだったので名物のかき氷を食べたところ、体の芯から冷えてしまってまた湯につかりましたー。
三連休の中日、北大雪の平山から天狗岳を縦走しました。一週間前に天狗岳に登った時、今度は平山から縦走してみたいと思い、思い立ったらすぐに実行してみたくなったのです。
この歳になると、いつまで元気で山歩き出来るのか分からないので(基本、軟弱体質だし)、やりたいことは後回しにしないようにしたいものです。

DSCF6585_convert_20170918163034.jpg
平山の登山口です。簡易トイレもありました。天狗岳の登山口に車を置いて「白滝ハイヤー」にここまで送ってもらいました(5240円)。日曜日は原則お休みですが、前日予約の電話を入れたらOKでした。

DSCF6589_convert_20170918163119.jpg
期待通りの紅葉です!翌日台風が北海道を直撃するというのに嵐の前の静けさか、いいお天気です。

P1080769_convert_20170918165908.jpg
紅葉と滝と青い空!ここは何度も登ってますが、秋は初めてなので新鮮です。ずっと朝日を浴びて登るので暑いです。そういえば夏に登る時はいつもバテてましたー。

P1080782_convert_20170918165934.jpg
夏は大雪渓のあるところ。

DSCF6606_convert_20170918163143.jpg
紅葉の中を進みます。

DSCF6611_convert_20170918163210.jpg
山肌の紅葉がキレイです!もうすぐ稜線に出ます。

DSCF6617_convert_20170918163308.jpg
右手に目指す天狗岳が見えます。すごーく遠いです

DSCF6622_convert_20170918163455.jpg
2時間10分で稜線の分岐に到着です。表大雪がこのとおり!

DSCF6627_convert_20170918163532.jpg
平山から表大雪、ニセイカウシュッペ山。

P1080805_convert_20170918170031.jpg
平山へ向かいます。分岐から20分弱です。

P1080817_convert_20170918170109.jpg
平山の頂上はハイマツに囲まれてました。表大雪の展望がいい場所もあったみたいですが、ガスがかかってきたので分岐に戻り、比麻良山へ向かいます。

DSCF6638_convert_20170918163557.jpg
迫力のあるニセイカウシュッペ山とアンギラス。双眼鏡で見るとアンギラスの上に人がいました。いつか行ってみたいですねー。高所恐怖症の人には厳しいかも・・

DSCF6642_convert_20170918163631.jpg
天狗岳方面。何だかとっても遠いような・・(後でこの不安は的中します。)

P1080829_convert_20170918170303.jpg
比麻良山へ。ここまでは2度行ったことがあります。

DSCF6653_convert_20170918163720.jpg
ニセイカウシュッペ山の紅葉も進んでます。

DSCF6659_convert_20170918163824.jpg
天狗岳を眺めながら。絶景の縦走路です。

P1080844_convert_20170918170442.jpg
分岐から1時間で比麻良山到着、文蔵岳へ向かいます。ここからは未知の世界です。
比麻良山から文蔵岳は30分ほどでした。文蔵岳で「そろそろお昼ご飯でも」と思ったら、オットによると「まだ半分も来ていない」とのこと。有明山まではまだまだありそうです。途中でダウンしたらどうしようと急に不安になりましたー。縦走の場合は戻ることも出来ないし・・

P1080854_convert_20170918170524.jpg
有明山までは一旦下ります。それも長いこと・・最低コルあたりはドロドロのところもありましたが、登山道は整備されて歩きやすいです。これも年に一度行われている全国規模のトレイランの大会のおかげでしょうか。

P1080861_convert_20170918170618.jpg
最低コルからは緩い登りが続きますが、日差しが強いし、お腹は減るしでバテバテになりました途中、美瑛岳避難小屋手前の「天然庭園」を思わせる美しい場所がありましたが、写真もろくに撮れなかったです

P1080863_convert_20170918170636.jpg
ようやく有明山の頂上が見えました。

P1080868_convert_20170918170701.jpg
文蔵岳を背にカメのような歩みでようやく頂上に到着。文蔵岳から2時間もかかってしまいましまいました。頂上はハイマツに囲まれて展望はありません。
ここまでくれば一安心です。ようやくご飯にありつけました。行動食は食べてましたが、やっぱりご飯でないと力が出ないのでしょうか。

DSCF6669_convert_20170918163855.jpg
文蔵岳から天狗岳へ向かいます。最後の登りは急そうです・・

DSCF6672_convert_20170918163954.jpg
有明山を振り返って。ここ辺りの紅葉もキレイです!

DSCF6687_convert_20170918164024.jpg
一週間振りの天狗岳へ。

DSCF6688_convert_20170918164053.jpg
有明山から40分ほどで天狗岳頂上に到着です。最後の登りは思ったほどではなかったです。

DSCF6691_convert_20170918164348.jpg
一週間前は寒さで震えてましたが、この日は暖かでした。北電の反射板が見えます。ここからは勝手知ったる道です。暗くなる前に下山出来てホッとしました。

P1080904_convert_20170918170721.jpg
天狗岳の紅葉は一層進んでキレイでした。思ったよりもハードな縦走でしたが、紅葉の絶景を満喫できました!
「北海道夏山ガイド」では8時間と書いてありますが、私たちは休憩時間を含めて10時間もかかってしまいました。時間に余裕を持った方がいいですね。
週末、日曜日は遠軽町(旧白滝村)の天狗岳に行ってきました。道内では数少なくなった未登の山です。初めての山はワクワクしますねー。

P1080680_convert_20170911141923.jpg
登山口の北大雪スキー場のセンターロッジ。奥白滝ICを出てすぐです。「北海道夏山ガイド」に従ってロッジ「山の家」の駐車場に停めたら、ここまで少し歩くことになりました。前日夜半に結構な雨が降ったので、濡れないようにカッパのズボンをはいてます。

DSCF6552_convert_20170911141729.jpg
はじめはスキー場を登ります。登山道は笹が被っていたので遠回りですが、作業道を歩きます。

DSCF6555_convert_20170911141745.jpg
スキー場の登りは急だし滑ります。振り返るとチトカニウシ山(左)が見えます。2年前のGWにスノーシューで登りました。

P1080694_convert_20170911141937.jpg
第三リフト終点からはようやく山道になります。もう紅葉が始まっているような。

DSCF6557_convert_20170911141801.jpg
登り始めて1時間40分ほどで小天狗に到着です。頂上が見えましたー。

DSCF6560_convert_20170911141816.jpg
頂上をズーム。祠が見えます。思ったより紅葉がすすんでいるようです。

DSCF6567_convert_20170911141832.jpg
ここからは紅葉の中をすすみます。「きれー!」を連発しました。

P1080706_convert_20170911141954.jpg

P1080714_convert_20170911142010.jpg

P1080721_convert_20170911142025.jpg

P1080728_convert_20170911142057.jpg

P1080725_convert_20170911142042.jpg
赤・橙・黄が一度に見られるのがこの山のいいところですね。それにしてもこの時期にこの高度で紅葉が見られるなんて思ってもなかったのでラッキーでしたー

P1080729_convert_20170911142114.jpg
頂上直下には鎖場もあり、なかなか険しい山です。

P1080733_convert_20170911142133.jpg
最後の登りです。だんだんガスが出てきました。

DSCF6577_convert_20170911141848.jpg
祠の手前。赤く染まったウラシマツツジを見ると高山の秋を実感しますねー。

DSCF6579_convert_20170911141908.jpg
北大雪の山をバックに最後の登り。2時間50分で頂上です。頂上は狭いし、切れ落ちているので注意です。風が強くて寒いです。

P1080740_convert_20170911142204.jpg
天気が良ければ隣の有明山まで行きたかったのですが、ガスが濃くなってきたので早々に下山です。でも思いがけず早い紅葉を観られて大満足です
小天狗でランチと思ったのですが、小雨が降ってきまたのでそのまま下山しました。午後から晴れという天気予報は何だったのかー
高速からのアクセスもいいし、コースは変化に富んで静かないい山です。今度は平山から縦走してみたいですね。
DSCF6412_convert_20170824171302.jpg
礼文島二日目は岬めぐりコースを歩きました。天気予報は曇りでしたが、快晴でした
フェリーターミナルから路線バスに50分乗ってスタート地点のスコトン岬へ。正面はトド島(トドはいません)。

DSCF6415_convert_20170824171330.jpg
岬のすぐそばに民宿がありました。泊まってみたいですねー。

DSCF6425_convert_20170824171407.jpg
スコトン岬から少し車道を歩いてから丘を越えて鮑古丹(あわびこたん)へ出ます。とにかく海が青くて澄んでます!沖縄の海に勝るとも劣らずではないでしょうか。

DSCF6427_convert_20170824171430.jpg
ゴロタ山を目指します。

DSCF6438_convert_20170824171455.jpg
トド島が遠くに見えます。ピークは過ぎたとはいえ、お花が沢山咲いてます。道端に高山植物が咲いている島です。

DSCF6457_convert_20170824171553.jpg
ゴロタ山に到着。先端がゴロタ岬です。

DSCF6456_convert_20170824171532.jpg
目指す澄海(すかい)岬方面。一旦下って鉄府(てっぷ)の集落を抜けてまた登ります。青い空、澄んだ海、沢山のお花!スンバラスィー!(道中連発しましたー)

DSCF6461_convert_20170824171626.jpg
スコトン岬とトド島が遠くなりました。

P1080525_convert_20170824172034.jpg
鉄府へ向かいます。アップダウンがありますが、なだらかなので登山に比べればかなり楽です。

P1080551_convert_20170824172057.jpg
ゴロタ山を振り返って。こちらから見ると切り立ってます。こんなに沢山のナデシコを見たのは初めてです。

DSCF6474_convert_20170824171744.jpg
鉄府を過ぎるとまた登り。絶景の中、足取りも軽いです。

DSCF6492_convert_20170824171811.jpg
スコトン岬を出発して3時間ほどで澄海岬に到着です。ネーミングにセンスを感じますね。

DSCF6500_convert_20170824171838.jpg
大満足の岬めぐりでしたー。何度でも歩きたいです。
路線バスを待っていては帰りのフェリーに間に合わないのでここでハイヤーを呼びました。ちょっと観光もしてもらいましたー。

DSCF6506_convert_20170824171904.jpg
礼文島には動物がほとんどいませんが(犬一匹見なかったです)、アザラシはこんなにいます。

DSCF6518_convert_20170824171929.jpg
奇岩猫岩。

P1080584_convert_20170824172124.jpg
桃岩を元地側から。

DSCF6530_convert_20170824171956.jpg
帰りのフェリーから。夕日に浮かぶ礼文島。次回はレブンウスユキソウのシーズンに来たいですね。
今年の夏休みは充実してました!天気に負うところが大きいのでしょうが、こんなに満足したことがいまだかつてあったでしょうかー。これから日常に戻るのが大変です・・