敬老の日、登山も2日目なので2時間程度で登れる東大雪のユニ石狩岳へ向かいました。
ところが、国道沿いにあった「ユニ石狩岳登山口」の標識が見当たりません。地図を確認してそれらしきところから林道に入ると、ゲートに通行止めの表示が!
久し振りだし、なんとなくイヤな予感がしていたのが的中しましたー。
この登山道は、「鳴兎園」「小崩れ」「大崩れ」などがあり変化に富んだ面白いコースだったのに残念です・・・そこで、まだ紅葉のマイカー規制が始まっていない緑岳に行くことにしました。

DSCF2583_convert_20140917145231.jpg
登山口です。9時過ぎの遅い出発だったので登山者は誰もいません。

DSCF2587_convert_20140917145249.jpg
最初は急な階段上りで汗をかかされます。展望台をすぎると見晴らしがよくなります。

DSCF2592_convert_20140917145305.jpg
第一花畑です。ここで緑岳の全容が望まれます。最後の登りは登り応えがありそうですねー。

DSCF2596_convert_20140917145320.jpg
チングルマの紅葉

P1020184_convert_20140917145507.jpg
緑岳を眺めながら花畑を進みます。

DSCF2598_convert_20140917145339.jpg
第二花畑です。相変わらず登山者はいません。

P1020186_convert_20140917145531.jpg
第二花畑にキツネがいましたー。
この登山道は、休憩ポイント毎に「クマ出没注意」の看板があるので、おちおち休んでいられません

P1020199_convert_20140917145551.jpg
頂上への最後の登りです。結構急だし、岩場なので足元注意です。

P1020202_convert_20140917145609.jpg
長くてツラい登りですが、高度を上げるほど展望が開けて励まされます。

P1020209_convert_20140917145627.jpg
P1020213_convert_20140917145649.jpg
絶景を眺めながらひたすら登ります。

DSCF2613_convert_20140917145357.jpg
頂上はもうすぐ。青空に向かって進みます。

DSCF2623_convert_20140917145415.jpg
登り始めて2時間半で頂上です。
正面の大きな山は白雲岳です。夏のはじめにあったゼブラ模様の雪渓もすっかりなくなってます。

DSCF2627_convert_20140917145430.jpg
頂上のパノラマ写真です。前日の赤岳と違い、静かな山歩きを楽しめましたー。

下山後の温泉は、層雲峡温泉朝陽亭、ロープウェー駅に置いてあった割引券を使って700円でした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://amanoshihou.blog.fc2.com/tb.php/82-dfda23b4