上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週末、札幌でも30度超え。とにかく暑い!
高山の涼を求めて、久しぶりに富良野岳へ。登山口に前泊しましたが、さすがに涼しかったです。

DSCF2219_convert_20140804212558.jpg P1010700_convert_20140804212625.jpg
登山口です。登山者名簿には名前や時間を書く欄がなかったので、下山時に自分のが分からなくなりましたー。最初は、安政火口手前まで伸びた遊歩道を進みます。
この山はなぜか団体さんが多いので、早く(5時前)出発することをお勧めします。

DSCF2217_convert_20140804212538.jpg
安政火口。遊歩道はここまでです。
登山道は、山腹をトラバースして伸びています。さほど急なところはありません。
最後の登りはちょっと急ですが。はじめは朝日が当たらないので、消耗が少ないです。

DSCF2216_convert_20140804212514.jpg
以前はなかった(と思う)分岐の標識。富良野岳、三峰山、上富良野岳、上ホロカメットク山と縦走します。
途中、登山道の真ん中に真新しい大量のクマのフンが・・。まー登山者が多いので大丈夫でしょう

P1010712_convert_20140804212658.jpg
チングルマの綿毛。富良野岳は花の山としても有名ですが、時期がちょっと遅かったようです。

DSCF2164_convert_20140804211943.jpg
富良野岳肩分岐から十勝岳を背に最後の登りへ。

P1010718_convert_20140804212727.jpg
もうすぐ頂上。頂上直下はお花畑です。

DSCF2175_convert_20140804212049.jpg
登り始めて2時間半で頂上です。虹がお出迎え。雲海に表大雪が浮かんでいます。
3度目にして初めて眺望をゲットしましたー!十勝方面は雲が多かったです。

DSCF2185_convert_20140804212108.jpg
これから進む縦走路が見えます。尖がっているのが十勝岳、上ホロカメットク山はその手前です。

DSCF2193_convert_20140804212128.jpg
富良野岳を背に三峰山への登り。十勝岳と違い、緑が濃い山です。
富良野岳から1時間10分で三峰山のピーク(真ん中の峰)に到着。

DSCF2208_convert_20140804212326.jpg
三峰山から30分ほどで上富良野岳に到着。右手は上ホロカメットク山です。
上ホロカメットク山への登りは急に見えますが、上富良野岳からは15分もかかりません。

DSCF2206_convert_20140804212258.jpg
上ホロカメットク山からの十勝岳。大分近くなりました。
白銀荘から十勝岳、上ホロカメットク山、上富良野岳を縦走したこともあります(白銀荘と富良野岳登山口を結ぶ路線バスがあるので)。

DSCF2211_convert_20140804212349.jpg
上富良野岳に戻ってから下山。滑りやすいです。

DSCF2213_convert_20140804212410.jpg
下山途中、縦走した富良野岳、三峰山が見えます。こうして見ると長い道のりでした。

DSCF2214_convert_20140804212435.jpg
安政火口上の八ッ手岩。十勝岳が遠くなりました。
この日は気温は高かったのですが、風があったのでそれほどバテませんでした。

下山後の温泉は、吹上温泉「白銀荘」600円也。「北の国から」のロケしたところではないですよー。
露天が広くて気持ちいいです。
登山口近くの国民宿舎「カミホロ山荘」に行くつもりが、団体さんがいたのでこちらに変更しました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://amanoshihou.blog.fc2.com/tb.php/76-e484d937
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。