上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週末、天気は不安定な予報。北の方がマシなかんじなので、士別市(旧朝日町)の天塩岳へ。

DSCF1942_convert_20140630150900.jpg
登山口の天塩岳ヒュッテ。前はキャンプ場になっています。
長野から1ヵ月にわたって北海道の山を登りに来ているという羨ましい方にお会いしました。
昨日は利尻山に登ったとのこと。どんだけ体力あるのーと思いました。
明日はニセイカウシュッペ山に登るとのことで、林道ゲートの鍵のナンバーを教えてあげました。

P1010518_convert_20140630151211.jpg
はじめは沢沿いの道を進みます。川を何回か渡ります。泳げないので橋は苦手なんです

DSCF1943_convert_20140630150919.jpg
30分ほどで連絡路分岐に到着。今回は前天塩岳からの縦走コースは行かず新道コースへ。
急な登りでグイグイ高度を上げます。40分ほどで新道分岐へ。標識が新しくなってました。

DSCF1944_convert_20140630150941.jpg
DSCF1945_convert_20140630150958.jpg
六花亭の包装紙でおなじみのオオバナノエンレイソウ。札幌近郊の山では見たことがありません。

P1010521_convert_20140630151232.jpg
最初のピーク、円山への急な登り。このあたりから眺めがよくなり、励まされます。
分岐から約1時間で円山到着です。

DSCF1948_convert_20140630151016.jpg
円山からようやく天塩岳の頂上が見えました。

DSCF1950_convert_20140630151034.jpg
円山から一旦下った先にある立派な避難小屋。左側の小さな建物はトイレです。
避難小屋の中はきれいに掃除されてました。

P1010539_convert_20140630151250.jpg
登山道はゴツゴツした石に覆われてます。これは下りの時に撮ったもの。
左手の雪渓の多い山は、登山道のない西天塩岳。右側は円山。

DSCF1955_convert_20140630151051.jpg
登り始めて約3時間で頂上です。向かいの山は前天塩岳。

DSCF1965_convert_20140630151109.jpg
大雪山系もこのとおり!展望の山です。頂上で1時間半もまったりしましたー。

DSCF1979_convert_20140630160458.jpg
天塩岳のパノラマ写真。登山者が少ないので静かな山歩きが楽しめます。

DSCF1984_convert_20140630151152.jpg
登山口にいた小鹿。車の中からキツネ二匹見たし、この頃動物づいてます。
下っている時、登山道の木がベロッと激しく剥けてました。登りの時はなかったです。
オットは、「これはクマの仕業だ」と言って、それからは片手にクマよけスプレーを握り、
笛を吹きながらの下山でした

下山後の温泉は、愛別町の協和温泉、500円也。
珍しい炭酸冷鉱泉。2人入ればいっぱいの小さな浴槽が温泉ですのでお間違えなく。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://amanoshihou.blog.fc2.com/tb.php/71-beee6b5a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。