このところの春山登山で、季節外れの黒顔になってます
先日登った愛冠岳から真っ白な浜益岳の山容を見て、登りたい!と思ってましたが、雪山初心者の私たちには難しそう。
でも、手前の浜益御殿なら何とかなるのではとGW前半の最終日に出かけました。

DSCF1653_convert_20140501165822.jpg
幌神社の左手から延びる林道を車で行けるところまで行ってスタートです。
林道から羊蹄山が見えました。快晴です!積丹半島もクッキリ!

DSCF1657_convert_20140501165844.jpg
林道交差地点から林道を離れて林の中へ。気持ちいいですが、下山時に迷いそうです。

DSCF1662_convert_20140501165908.jpg
なだらかな「大阪山」の頂上。右側に浜益岳の前峰が見えてきました。
迷いやすい所が続くので、ピンクテープを木の枝に巻き付けながら進みます。
下山時に回収するため、分かるようにマークと番号を書きました。

DSCF1665_convert_20140501165928.jpg
赤い旗がハタハタ。何かと思えばスノーモービル禁止の表示です。
余市岳では結構見ましたが、ここでは一台も見なかったですねー。

DSCF1675_convert_20140501165949.jpg
ようやく視界が開けました!ここからが長いのです。

DSCF1677_convert_20140501170009.jpg
気持ちのいい尾根歩き。青と白の世界です。
うっかりニセピークの方に行ってしまいましたが、本当のピークはずっと奥にあります。

DSCF1697_convert_20140501170112.jpg
登り始めて4時間でピークに到着です。浜益岳がものすごい迫力です!

P1010222_convert_20140501170140.jpg
浜益岳への尾根の向こうに暑寒別岳が・・
まだ登ってませんねー。夏はムシが多いので、秋頃登りたいです。

DSCF1696_convert_20140501170029.jpg
頂上は風が強かったです。長い下りが待っているので、あまり長居もできません。
案の定、下りは迷いやすく、地図をにらみながら慎重に進みました。
山スキーの人たちが、なぜ地図も見ないでスイスイ下れるのか不思議です。
無事下山して「戻れて良かった!」が合言葉のようになってます。

下山後の温泉は、もちろん浜益温泉、500円也。増税後でも料金据え置きです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://amanoshihou.blog.fc2.com/tb.php/65-12c345ad