今年はニペソツ山(2013m)の年ということで、秋分の日の連休に行ってきました。7年振りです。
北海道の山の中でもかなり好きな山です。
登山口に着いてビックリ。車、車で停めるところがない以前はすんなり駐車できたのに・・
何とか林道の脇に停められてホットしました。登山口まで20分ほど歩くハメになりましたが。

DSCF1238_convert_20130926104538.jpg
ボケてますが、登山口です。トイレもありました。ここでテントを張って前泊した人もいたようです。
予定を大幅に遅れて6時15分スタートです。

DSCF1237_convert_20130926104514.jpg
いきなり苦手な丸木橋。平衡感覚ない+泳げないので恐る恐る渡りましたー。
橋を渡るとかなりの急こう配で一汗かかされます。最初は展望のきかない森の中を進みます。

DSCF1179_convert_20130926104029.jpg
登山道から見えたピリベツ岳と西クマネシリ岳(通称オッパイ山)

DSCF1180_convert_20130926104056.jpg
なだらかな山容のウペペサンケ山。左は糠平湖。

DSCF1236cut_convert_20130926112322.jpg
1時間40分で最初のピークの小天狗へ。これはコース中最も危険なところです。
左側はすっぱり切れ落ちています。左側の狭いところを岩につかまってソロソロ進むか、
右側の岩を乗り越えるか。乗り越えた方が怖くないと思いますねー。

DSCF1181_convert_20130926104117.jpg
小天狗をすぎると視界が開けます。前方は前天狗。ここを越えなければ頂上は見えません。
頂上がスッキリ見えるのかどうか緊張します。

DSCF1188_convert_20130926104139.jpg
登り始めて3時間で前天狗に到着。ここで初めて頂上が見えて感動です!

DSCF1189_convert_20130926104203.jpg
ホント美しいの一言に尽きます。ここから大きなギャップを3か所も越えなければなりません。
その前に休憩してアンパンでエネルギー補給しましたー。

DSCF1199_convert_20130926104242.jpg
ずーっと見ていたいですねー。

DSCF1203_convert_20130926104303.jpg
頂上直下の岩場でナキウサギがいました!
結構離れていましたが、ズームで何とか撮れました(後姿ですけど)!

DSCF1208_convert_20130926104325.jpg
頂上への最後の登りです。狭い頂上に沢山の人が・・

DSCF1210_convert_20130926104345.jpg
頂上まであともう少し。大雪を背に進みます。

DSCF1216_convert_20130926104409.jpg
登り始めて約5時間(休憩・ナキウサギ撮影時間含む)で頂上です。
表大雪の忠別岳、白雲岳が見えます。ちょっと雲かぶってます。

DSCF1222_convert_20130926104430.jpg
こちらはトムラウシ山。独立峰なので360度の展望が楽しめます。
途中、オットの知り合い2人、私の知り合い1人に会いました。人気の山ですねー。
この後、長い長い下りが待ってます。登りよりも疲れます

DSCF1227_convert_20130926104454.jpg
ウラシマツツジの紅葉。これを見ると高山の秋を実感します。
登山口にたどり着いたのは、もう5時近かったです。
それから疲れ切った体にムチ打って車のところまで歩き、然別湖畔の温泉宿に着いた頃はもう真っ暗でした。

DSCF1252_convert_20130926104632.jpg
オマケです。翌日、然別湖の遊覧船から撮った天望山(唇山)と白雲山です。
4年前縦走しました。

糠平温泉にある東大雪自然館(今年できたばかりの施設)で登頂証明書をもらいました(無料)。
DSCF1258_convert_20130926120746.jpg
自己申告で、特に登頂した証明(写真等)は求められなかったです。記念になりますね!



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://amanoshihou.blog.fc2.com/tb.php/34-705c61f6