上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
敬老の日の三連休、あいにくの雨で登山に行けず、欲求不満MAXです。
そこで、もうすぐ誕生日(正真正銘の中高年に突入したので、あまり嬉しくないですが)にかこつけて、
ミシュランの一つ星を取ったというフレンチレストラン、ラ・トルテュに行ってきました。
前菜+主菜+デザートで3000円(サービス料10%が加算)のAコースを注文しました。
テーブルが6卓、サービスの方1人のこじんまりしたお店です。

DCF00342_convert_20130918092824.jpg
最初におつまみとして、トーストに乗った豚のリエット、牛タンのケーキサクレが出てきました。
牛肉は苦手ですが、スモークハムのような食感で食べやすかったです。

DCF00341_convert_20130918092806.jpg
アミューズのきのこのカプチーノ仕立て。泡で見えませんが、いろいろなきのこが入ってました。

DCF00340_convert_20130918092746.jpg
これもアミューズ。戻りカツオのアイオリソース。ソースはサフランとニンニク。
前菜まで3品も出てきたので驚きましたー。

DCF00338_convert_20130918092709.jpg
ようやく前菜です。私のは、余市産ヘラ蟹の冷たいフラン、サツマイモのジュレよせ。
蟹の風味がスゴイですー。

DCF00339_convert_20130918092727.jpg
オットの前菜は、鮭の臓物パイ。メインのようなボリュームです。
サンマのハラワタのような味と食感でクセになりそうとのこと。
20年近く前のテレビドラマ「王様のレストラン」に登場したメニューだとか。
新鮮な鮭がないとできないとのことです。

DCF00336_convert_20130918092620.jpg
私の主菜は、親鳥とカシスの煮込み、フォアグラ風味のグラチネ(意味分かってませんが)。
上に乗ってるのはフォアグラ、下はジャガイモのピュレ。初めての食感、カシスの甘酸っぱいソースが新鮮です。

DCF00337_convert_20130918092643.jpg
オットの主菜は、豚ホホ肉のロースト、ライムと生姜のソース。
ホホ肉が柔らかく、ソースはちょっと甘めで生姜がきいているとのことです。

DCF00334_convert_20130918092554.jpg
これもメニューになかった一品。すだちのグラニテ。上に乗っているのは黒コショウです。
さっぱりします。

DCF00332_convert_20130918092516.jpg
私のデザートは、洋なしのコンポート、レモンのジュレとアールグレイのソルベ。
黒いのは、アールグレイの葉かな。さわやかでした。

DCF00333_convert_20130918092533.jpg
オットのは、クレメダンジュ、巨峰のスープ仕立て。
巨峰のほかにタピオカも入ってます。白いのはフロマージュ。

DCF00331_convert_20130918092456.jpg
最後は、エスプレッソ、コーヒー、紅茶、ハーブティから選びます(それぞれに種類があります)。
これに写真のプティフールがつきます。マカロン美味しかったですよー。
どれも美味しかったし、これだけの量なのでCPかなりいいと思います。
ランチに2時間半もかかってしまいましたー。久しぶりに会った人とゆっくり話したいときなんかオススメです。

<ラ・トルテュ>
 札幌市中央区大通西16丁目2-4 メゾンエクレーレ2F
 TEL 011-598-7280
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://amanoshihou.blog.fc2.com/tb.php/33-4b8b7688
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。