夏山シーズン中は、基本的に毎週末登ります。
間隔があくと筋肉痛がひどくなるというのが一番の理由ですが(以前道東の山で会ったおじいさんは、
筋肉痛にならないためには毎日登ることと言ってましたが、名言ですねー)、
7月後半の週末は選挙があったり雨が降ったりで、不本意ながら3週間ぶりの山行となりました。

DSCF1014_convert_20130806093113.jpg
大雪山系緑岳の登山口です。あちこちから温泉の湯気が。硫黄の匂いもします。
5時半に出発。先行者は一組だけ。先日の赤岳と全然違いますね。
さすが高原、早朝は寒いぐらいですが、いきなりの急登りで一汗かかされます。

DSCF1015_convert_20130806093157.jpg
約30分で「見晴台」に到着。高根ヶ原が見えます。まだ雪がありますねー。

DSCF1017_convert_20130806093222.jpg
「第一花畑」に出ると緑岳の全貌が見えます。チングルマとエゾコザクラが咲いてました。

DSCF1024_convert_20130806093257.jpg
石狩岳連峰(左)とニペソツ山(右)。

DSCF1037_convert_20130806093349_20130806193122a4b.jpg
雲海がきれいでしたー!

DSCF1046_convert_20130806093449.jpg
緑岳が近づいてきました。周りはチングルマのお花畑です。
DSCF1039_convert_20130806093421_201308061936217f6.jpg


DSCF1047_convert_20130806093517.jpg
見上げるほどの最後の急登り。岩場で浮石も多いので要注意ですね。

DSCF1051_convert_20130806093547.jpg
登山口から2時間40分で頂上に到着。貸切状態です。ハイシーズン中の大雪とは思えないですね。
正面は後旭岳と旭岳、右手は白雲岳です。

DSCF1055_convert_20130806093728.jpg
後旭岳と旭岳をズーム。先日白雲岳の頂上から見たのと比べ、雪渓が大分やせ細っていました。

DSCF1057_convert_20130806093800.jpg
広い雪渓を通って白雲岳避難小屋へ(正面の赤い建物)。

DSCF1070_convert_20130806093827.jpg
いつもは避難小屋から白雲岳へ向かうのですが、今回は反対側の高根ヶ原分岐に行くことにしました。
この辺りはチングルマのお花畑が見事でした!
正面左は忠別岳、右はトムラウシ山。あそこまで歩いて行けるんですよねー。
行き交う登山者もほとんどなく、大雪のど真ん中にいることを満喫しながら静かな山歩きが楽しめます。

DSCF1077_convert_20130806093859.jpg
高根ヶ原分岐の手前のケルンのところを今回の最終地点としました。避難小屋から1時間くらいです。
分岐から三笠新道を通って下山すれば2時間で登山口まで戻れますが、ヒグマ出没注意でいつも通行禁止です。
通行できるときってあるのでしょうか?

DSCF1013_convert_20130806093043.jpg
下山後の温泉は、やっぱりここ。なんせ夏場しか営業してませんから。
登山口にある「大雪高原山荘」700円也。乳白色のお湯が効きそうです。










スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://amanoshihou.blog.fc2.com/tb.php/30-c7471eb1