FC2ブログ
9月の最初の日曜日は十勝岳から上ホロカメットク山、上富良野岳を縦走しました。
吹上温泉白銀荘を出発して十勝岳温泉の登山口に下り、凌雲閣の前からバスで白銀荘に戻るお気に入りのコースで、もう3回目です。

DSCF8326_convert_20180903135900.jpg
白銀荘の登山口を朝5時にスタート。雲海に山が浮かんでいます。ここから十勝岳に登る登山者は少なく静かです。

P1110194_convert_20180903140327.jpg
雲海に浮かぶ山。奥に樺戸山地が見えます。

DSCF8332_convert_20180903135915.jpg
朝の前十勝。春先にスキーで行ってみたいですね。

P1110215_convert_20180903140345.jpg
朝日を浴びる富良野岳。奥に富良野西岳が見えます。

DSCF8346_convert_20180903135933.jpg
1時間25分で十勝岳避難小屋に到着。ここから長い急登の始まりです。朝日がまぶじー。

DSCF8347_convert_20180903135952.jpg
目指す十勝岳の頂上。サングラスをかけてもまぶしいです。

DSCF8353_convert_20180903140005.jpg
稜線に出ると美瑛岳、その後ろに表大雪の山々がー。

P1110223_convert_20180903140404.jpg
月面にでもおりたかのような光景が広がります。

DSCF8358_convert_20180903140028.jpg
最後の急登が待ってます。

P1110237_convert_20180903140424.jpg
急だし岩にペンキの目印もないので天気の悪いときは要注意です。

P1110246_convert_20180903140444.jpg
もうすぐ頂上。百名山だけあって、人が沢山いそう。

P1110253_convert_20180903140508.jpg
歩き始めて3時間45分で頂上に到着です。美瑛岳の向こうにトムラウシ山や石狩岳連峰も見えましたー。登山者が多いし先が長いので長居しません。

P1110262_convert_20180903140525.jpg
富良野岳まで続く縦走路へ。この日は噴煙が多く、しかも富良野岳方面に流れていました

DSCF8384_convert_20180903140053.jpg
縦走路から十勝岳を振り返って。こっちは青空です。噴煙がモクモク・・

DSCF8387_convert_20180903140112.jpg
大砲岩。昔ここから三段山への登山道があったようです。

DSCF8390_convert_20180903140133.jpg
避難小屋と上ホロカメットク山。急ですねー。
避難小屋から上ホロカメットク山の頂上を迂回するコースもありますが、長いので(前回バテた)、頂上経由にします。

P1110282_convert_20180903140542.jpg
上ホロカメットク山のふもとからの三段山。意外と低い。春にスノーシューで登った時は大絶景でしたー。

DSCF8395_convert_20180903140150.jpg
上ホロカメットク山の頂上。避難小屋から15分くらいです。もやってます。噴煙のせいか、なんだかノドが痛いのですぐに上富良野岳へ向かいます。

DSCF8401_convert_20180903140207.jpg
上ホロカメットク山から15分くらいで上富良野岳に到着。歩き始めてから休憩も入れて5時間30分かかりました。1時間ほどまったり。暖かな日でヨカッタ。

DSCF8406_convert_20180903140243.jpg
三峰山と富良野岳。富良野岳はいつも人がいっぱいというイメージがあります。ガスがかかってきました。

P1110296_convert_20180903140558.jpg
下山開始。このコースは下山時間が短いのがいいです。凌雲閣前発の帰りのバスは13時37分発。遅れたらタイヘン。

DSCF8411_convert_20180903140305.jpg
化物岩付近からの十勝岳。すんごい迫力です。
コースの最後に涸れ沢を渡りますが、数年前の大雨の時、沢があふれて登山者が足止めを食ったことがありました。怖いです。
このコースは12.3キロでした。摩周岳(片道7キロ)より短いのにビックリ。大変さが全然違います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://amanoshihou.blog.fc2.com/tb.php/267-f5cd580f