FC2ブログ
DSCF6745_convert_20171011140733.jpg
体育の日の連休二日目は、北見市の仁頃山に行ってきました。
登山道は、富里森林公園キャンプ場から近い順に、東新道、東尾根、管理車道、中央道、奥新道、西尾根道と6本もあります。

P1080991_convert_20171011141306.jpg
「ふれあい橋」を渡って登山口へ。中央道コースを登り、帰りは奥新道コースを下ります。
登山者名簿を見ると10日以上も登山者がいません。地元で人気の山なのに?

DSCF6750_convert_20171011140754.jpg
いきなり急登の連続で、足がつるかと思ったこのコースが人気がないのが分かりましたー。

P1090010_convert_20171011141329.jpg
急登から解放され、気持ちのいい紅葉の中を進みます。後で分かったのですが、地元で一番人気なのは、意外にも管理車道コースのようです。

DSCF6764_convert_20171011140810.jpg
ほぼ展望はないですが、ダケカンバ林が美しー。この日は20℃位まで気温が上がり、大汗をかきましたー。

DSCF6783_convert_20171011140826.jpg
1時間45分で頂上です。周りに高い山がないので展望が利きます。左の木箱にスタンプと頂上からのパノラマ写真が入ってました。
登山道は整備されていて歩きやすいです。頂上のすぐ下にすだれがかかった「花摘み場所」なるものがあって驚きましたー。

P1090024_convert_20171011141352.jpg
雲がかかってますが、右から摩周岳、藻琴山、斜里岳、海別岳(知床連山は雲の中でした)。遥々道東まで来たことを実感します。大雪は武利岳に隠れてましたが、遠くに冠雪したトムラウシ山が見えましたよ。
車道コースから登山者がぞくぞくとやって来ました。ほとんどが地元の方で週に何度も登っているようです。

P1090057_convert_20171011141410.jpg
下山は、紅葉の海に入っていくようです。

DSCF6806_convert_20171011140846.jpg
オレンジがまぶしー。

DSCF6808_convert_20171011141240.jpg
紅葉のピークにあたり、ラッキーです。

P1090068_convert_20171011141431.jpg
こちらのコースは人も少なくて静かでした。紅葉のシャワーを浴びて大満足でしたー。また来ようってか。

P1090072_convert_20171011141447.jpg
北見まで来たからには、ご当地グルメ!JR西北見駅近くのレストラン「カルネ」の塩やきそば。鉄板ジュージュー。大きなホタテがのってます。なぜかゴハンも。あー美味しかった。店内は昭和っぽい懐かしい雰囲気です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://amanoshihou.blog.fc2.com/tb.php/227-9e0667bb