週末、日曜日、天気予報に従って支笏湖の幌平山へ。しかし、札幌を離れるほど雲行きは怪しくなってきました
オコタン分岐の近くの駐車スペースは除雪が入っておらず、仕方がないので湖の展望台の駐車場に止めてイチャンコッペ山の登山口から登ることにしました。

DSCF5312_convert_20170227100808.jpg
雪も降り出して撤退しようか悩みましたが、とりあえずスタート。

P1070001_convert_20170227100912.jpg
いきなりの急登ですが、トレースがしっかりついているので大丈夫。むしろ夏より全然バテないのです。

P1070004_convert_20170227100927.jpg
急登を終えるとトラバース。スノーシューは横滑りするのでイヤですが、トレースに助けられます。

P1070006_convert_20170227100942.jpg
稜線からは再び急登。イチャンコッペ山を背に登ります。

P1070009_convert_20170227100957.jpg
紋別岳と支笏湖が見えます。天気が良ければさぞ眺めがよかったのでしょう。

DSCF5319_convert_20170227100824.jpg
急登を終えると緩やかになりますが、雪庇注意です。

DSCF5320_convert_20170227100839.jpg
1時間20分で頂上です。誰もいません。正面は風不死岳です。時々日が差すもののすぐに曇ります。

DSCF5323_convert_20170227100854.jpg
晴れていれば絶景だったのでしょう。うらめしやー。

P1070018_convert_20170227101010.jpg
スノーベンチに座って天気の回復を待つものの雪が強くなってきたので下山です。恵庭岳も見えません
こんな天気では登山者はいないだろうと思ってましたが、下山時に沢山のスキー・スノーボードの人とすれ違いました。前回は全然いなかったのに、いつの間にかBCの山になってしまったようです。あんな雪庇の張り出した急斜面を滑って危なくないのでしょうか?

DCF00567_convert_20170227101023.jpg
下山後は、南区石山の正直庵へ。大好物の期間限定カキせいろ(1400円)。カキは大粒でプリプリ。焼いたネギが香ばしいー。ちょっと高いですが、超オススメです。
札幌に戻ると猛吹雪雪解けが進んでいたのに、真冬に逆戻りです。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://amanoshihou.blog.fc2.com/tb.php/200-22786019