上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSCF4444_convert_20160912144813.jpg
9月11日(日)、早朝の天気予報を見て室蘭岳へ。室蘭だんパラスキー場の山です。
このところ天気が不安定なので、行先を決めるのはぎりぎりになります。期待してなかったものの、あまりの天気の良さにカムイヌプリまで縦走することにしました。

P1060077_convert_20160912145058.jpg
登山口の白鳥ヒュッテ。最短の夏道コースを行きます。初めから結構急な登りが続きます。

DSCF4447_convert_20160912144828.jpg
白鳥大橋と測量山、その向こうに噴火湾を挟んで亀田半島が見えます。

P1060085_convert_20160912145113.jpg
このコースで好きなダケカンバ林。青空に映えてキレイです。

P1060096_convert_20160912145131.jpg
駒ヶ岳も見えましたー。ここまで来ると道南も近いです。室蘭からフェリーが出ていればすぐにでも行けそうです。

DSCF4451_convert_20160912144847.jpg
海を背に最後の登りです。

DSCF4452_convert_20160912144919.jpg
白鳥ヒュッテから1時間で頂上です。標識は昔より大きくなった気がします。
この日、ニセコ方面や周りの1000m級の山は雲がかかってました。毎回、山のチョイスには苦労します。

DSCF4459_convert_20160912144936.jpg
カムイヌプリへ向かいます。何度か登ってますが縦走は初めてです。それにしても遠いです

P1060108_convert_20160912145149.jpg
一旦300mほど一気に下ります。縦走路はあまり展望はありませんが、整備されて歩きやすかったです。

DSCF4462_convert_20160912144957.jpg
室蘭岳から1時間20分でカムイヌプリに到着です。途中、ガスがかかって心配でしたが、何とかもってくれましたー。登別の街が見えます。これまでこの山に登ったのは11月の寒い時期ばかり。強風で頂上に長居したことはないのですが、この日は暖かでゆっくりできましたー。

DSCF4467_convert_20160912145014.jpg
さあ、戻ります。室蘭岳の頂上はガスがかかってます。あんなに天気が良かったのに・・

DSCF4469_convert_20160912145030.jpg
縦走路の中間に水元沢コースへの分岐があります。室蘭岳には行かないでここから下山します。

DSCF4471_convert_20160912145045.jpg
沢に出る手前はかなり急な下りでした。沢は苔むしていいカンジです。何度か渡渉がありますが、水量が少ないし何故か滑らないので大丈夫です。途中ひどい倒木個所がありましたが何とかクリアー。

P1060131_convert_20160912145208.jpg
トドマツの造林を抜け、最後の渡渉を終えると立派な林道に出ます。ピンクテープがありますが、見失うとそのまま作業道を進んでしまうので注意です。
林道の途中で白鳥ヒュッテへの標識があるので、そこから登山道に入ります。ここからヒュッテまでほぼ登りなのですが、最後に登りがあるのは結構ツライです
ようやく下山。やっぱり下界は晴れてるのよねー。変化に富んだコースでなかなか面白かったです。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://amanoshihou.blog.fc2.com/tb.php/171-5f264a23
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。