9月の最初の日曜日、日本海側の天気がいいとの予報を信じて積丹岳へ。12年ぶりです。
以前、スノーモービルの大きな事故があったので何となく足が遠のいていたのです。
積丹半島の山は、夏山登山道がある山は少なく貴重な存在なのですが・・

DSCF4437_convert_20160905101158.jpg
登山口を6時30分に出発です。最初はピカッ晴れでしたー。車の中から山容がきれいに見えたのですが、カメラに収めなかったことを後悔してます。
登山口には立派な山小屋があります。きれいな畳が敷いてありました。水場もあります。
車を降りるなりムシの攻撃が9月だというのに刺されてしまい、両耳が腫れ上がってます

P1060054_convert_20160905101247.jpg
登山道は頂上までほぼ展望が利きません。暑寒別岳の箸別コースを思わせます。両脇が笹だとクマが潜んでいそうでちょっと不気味です。少し歩くとすぐ3合目になります。最初はカンカン照りだったのに、徐々にガスに覆われ8時前には辺りは真っ白に・・

P1060059_convert_20160905101316.jpg
9合目を過ぎたところで頂上付近がチラチラ見えましたが、すぐにガスに覆われてしまいます。こうなったらトレーニングと割り切るしかありません。

DSCF4440_convert_20160905101232.jpg
2時間20分で頂上です。ムシが多かったのでゆっくりすることもなく下山です。
我々と同じく天気予報を信じた人か、結構多くの登山者が登ってきました。以前は登山者が少ないイメージでしたけど。

PICT0095_convert_20160905101351.jpg
これは12年前の10月に来た時、「岬の湯しゃこたん」から撮ったものです。
下山後の温泉は、「ふるびら温泉しおかぜ」(500円)茶褐色のしょっぱい源泉かけ流しのお湯が利きそうです。この日の唯一の収穫でした。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://amanoshihou.blog.fc2.com/tb.php/170-5e69c79a