上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このところ北海道は蒸し暑い日が続いています。こういう時はロープウエーで行けるような登り始めの標高が高い山か沢に限ります。
ということで、8月の最初の日曜日は北日高のチロロ岳に行ってきました。

DSCF4318_convert_20160810062441.jpg
登山口へは、先日登ったペンケヌーシ岳と同じパンケヌーシ林道から行きます。林道のゲートに入林届のボックスがあります。登山口にはありません。簡易水洗トイレなるものがありました。
登山口から北電の急な作業道を通って15分ほどで取水ダムに到着です。ここから沢に入ります。

DSCF4321_convert_20160810062506.jpg
真夏の沢は気持ちいい!ピンクテープを頼りに進みます。水量はさほど多くありませんが、流れが速いところがあります。

P1050728_convert_20160810062759.jpg
御嶽山の噴火の後に買ったヘルメット、今回初めてかぶりました。
足場の悪い急なところが何か所かあって、ロープもありましたが緊張しましたー。

DSCF4323_convert_20160810062523.jpg
沢が枯れると急な岩場が続きます。直射日光があたり暑さでヘロヘロです。まだ展望はありません。

DSCF4329_convert_20160810062546.jpg
ニセピークが見えました。周りはキンバイの大群落です。西峰への登山道の近くにはクマの掘り返しも多かったです

DSCF4330_convert_20160810062602.jpg
ようやく西峰コルに到着。ここで日高山脈の展望が広がります。

DSCF4353_convert_20160810062718.jpg
これを見るために長い登りに耐えてきたようなものです。ひときわ目立つのが1967m峰、その左がピパイロ、右は幌尻岳。

DSCF4336_convert_20160810062618.jpg
コルからはハイマツの海をかきわけながら進みます。枝が足にあたって歩きにくいです。

DSCF4338_convert_20160810062634.jpg
頂上に到着です。慣れない沢と暑さで5時間近くもかかってしまいました。

DSCF4344_convert_20160810062652.jpg
気温が高いせいかもやってます。ペンケヌーシ岳からは良く見えた夕張山地や十勝岳連峰は全然見えなかったです。それでも日高の山を見られて満足です。

P1050771_convert_20160810062820.jpg
下山も長かったー。沢は下りの方が難しいですね。登りとほぼ同じだけ時間がかかってしまいました。
やっぱり日高の山は大変です当初は西峰にも行こうと思ってましたが、それどころではなくなりましたー。
下山後の温泉は、沙流川温泉ひだか高原荘(500円)です。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://amanoshihou.blog.fc2.com/tb.php/166-825b2df6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。