DSCF4317_convert_20160725191626.jpg
7月24日(日)は、岩内岳から雷電山を縦走しました。
岩内岳は岩内スキー場の山で11年ぶりです!雷電山は初めて。水上勉の小説、飢餓海峡に出てくる朝日温泉からの登山道は廃道化しているようなので岩内岳か目国内岳から行くしかないのです。

DSCF4232_convert_20160725191334.jpg
スキー場の登山口。一番乗りです!
以前来た時は「クマ出没注意」の大きな看板があったのですが、あんなのあったら登山者が来なくなりますよね。
この時期はお花を見に大雪方面に行くことが多いのですが、行き過ぎた感があるし、人が多いところは苦手なのです。

DSCF4237_convert_20160725191352.jpg
最初から結構な急登です。六合目で視界が開けて日本海が見えます。岩内の町の向こうに泊原発が・・近いです。

P1050583_convert_20160725191657.jpg
あの先が頂上です。全般的に急でグイグイ高度を上げる感じです。

DSCF4245_convert_20160725191413.jpg
九合目からは展望がグンとよくなります。この日は強風でしたー。おかげでバテなかったのかも。

DSCF4250_convert_20160725191429.jpg
2時間で岩内岳の頂上に到着です。左は目国内岳、右は幌別岳、雷電山は写ってませんがずっと右手です。

P1050592_convert_20160725191738.jpg
こちらは岩内方面。高度感のある頂上です。

P1050589_convert_20160725191718.jpg
ニセコ連山は霧に覆われています。夏はいつもこうですね。

P1050597_convert_20160725191801.jpg
目国内岳を見ながら一旦下ります。パンケメクンナイ湿原は雪渓がすっかりなくなってます。
12年前、目国内岳から岩内岳を縦走しました。暑さでバテバテになりましたー。

P1050605_convert_20160725191827.jpg
幌別岳と右奥に雷電山。まだまだ遠いです
縦走路は、背の高い笹に囲まれて展望はあまり利きません。風が強かったのでいい風よけになりました。

P1050613_convert_20160725191853.jpg
お花に励まされながら長い長い縦走路を進みます。

P1050621_convert_20160725191919.jpg
幌別岳分岐の手前でいきなりチングルマのお花畑が!この時期にこんな低い山で見られるとは思わなかったです。ラッキーです

DSCF4303_convert_20160725191545.jpg
チングルマの群落と雲海に浮かぶ昆布岳。

P1050624_convert_20160725191942.jpg
チングルマに続いてキンバイの群落が・・
幌別岳分岐から幌別岳への道は途中で消えてました縦走路は緩い登りで歩きやすいです。

P1050634_convert_20160725192019.jpg
ワタスゲが咲く五ツ沼の向こうが目指す雷電山です。この縦走路はクマの気配が全くなかったです。

DSCF4281_convert_20160725191456.jpg
雷電山への最後の登りはエゾカンゾウの群落がありました!
昨年登った狩場山もスゴかったけどその比ではないです。奥にはその狩場山が見えます。

DSCF4284_convert_20160725191519.jpg
羊蹄山をバックにエゾカンゾウの群落を行きます。

P1050649_convert_20160725192042.jpg
岩内岳から約2時間で雷電山の頂上に到着です。山頂標識は朽ちてました。
頂上は笹に囲まれています。この日は風よけに丁度良かった。帰りも長いのでアンパンを食べて早々に出発です。

P1050668_convert_20160725192104.jpg
ニセコの山を眺めながらなので長い帰り道も楽しいです。

DSCF4313_convert_20160725191609.jpg
岩内岳に戻るとニセコ連山のガスが晴れてクッキリ!ニセコで未登はワイスホルン一座となりました。春にでも登りたいです。
岩内岳でのんびりランチタイム。丁度お昼だというのに誰もいません。あまりにも気持ちよくて居眠りするところでしたー。

P1050697_convert_20160725192125.jpg
思いがけずお花を堪能し、風が強かったもののお天気に恵まれ、大・大満足の一日となりましたー。

下山後の温泉は、岩内温泉「おかえりなさい」(800円)。ちょっと高めですが、以前高級旅館だったので行ってみたかったのです。
帰りはオットのリクエストで小樽の「若鶏時代なると」に寄って早めの夕食。
高速道路を使うと岩内は結構近いです。余市まで伸びるのが楽しみですね。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://amanoshihou.blog.fc2.com/tb.php/165-d4280824