5月の最終日曜日は、増毛町の暑寒別岳に行ってきました。
登山を始めて十数年、ずっと登りたかったのに、なぜかタイミングが合わなくて延び延びになっていた山です。

DSCF3896_convert_20160530150901.jpg
登山口の立派な山小屋です。山開き前だからなのか、トイレのシャッターは閉まってました。

P1050208_convert_20160530151305.jpg
最初はうっそうとした林の中を進みます。登山道はエゾエンゴサクがいっぱい!

P1050205_convert_20160530151241.jpg
朝露のエゾエンゴサク。この後、登山道はカタクリロードになりました。

P1050275_convert_20160530151347.jpg
シラネアオイも多かったし、下の方は色々なお花が楽しめます。

DSCF3900_convert_20160530150922.jpg
二合目付近のつつじヶ丘で展望が開けます。まだまだ先は長いですつつじのピンクがまぶしい・・

DSCF3906_convert_20160530150944.jpg
四合目あたりから雪渓が出てきます。迷いそうだなーと思ったときに夏道がひょっと現れるの繰り返しです。

DSCF3907_convert_20160530151003.jpg
奥に目指す頂上が見えました。右は西暑寒岳です。

DSCF3917_convert_20160530151018.jpg
八合目の屏風岩。最後の急登個所が真っ白で不安になります・・

DSCF3950_convert_20160530151221.jpg
九合目から鎖場の急登です。最後の登りは雪渓のかなりの急斜面。用心深いオットはアイゼンをつけます。湧き上がってくる雲が心配な私は、ツボ足のキックステップで登りきりました。

DSCF3920_convert_20160530151034.jpg
登りきると頂上台地。オットをおいて1人で頂上へ向かいます。横目に雨竜沼湿原を見ながら、気持ちいいです!

DSCF3923_convert_20160530151049.jpg
登り始めて4時間半で誰もいない頂上に到着。絶景をしばし1人占めです!

DSCF3927_convert_20160530151122.jpg
南暑寒岳から雨竜沼湿原。去年はクマの痕跡におびえ、ハチの襲撃をかわしながらやっとこさ登りました(オットは2度と登らんと言ってます)。それに比べると今回は天国です。

DSCF3925_convert_20160530151107.jpg
奥徳富岳と群別岳。冬しか行けない憧れの山ですねー。

DSCF3941_convert_20160530151203.jpg
西暑寒岳の向こうに浜益岳と雄冬山。来年の春にでも行きたいですねー。

DSCF3928_convert_20160530151137.jpg
圧巻の眺望です!来てよかったー。1時間以上もまったりしましたー。
いやー、本当にいい山です。なぜ今まで来なかったのか分かりません。この時期の定番になりそうですね。

P1050261_convert_20160530151326.jpg
日本海を眺めながら下山。大満足の1日でしたー。
下山後の温泉は、岩尾温泉「あったまーる」(500円)。日本海を望む絶景の露天風呂が楽しめますよ。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://amanoshihou.blog.fc2.com/tb.php/157-3349c99e