上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この時期は春ウニを求めて日高へ行くこととしています。5月14日(土)は様似町のアポイ岳とお隣の吉田岳に行ってきました。

DSCF3727_convert_20160516174925.jpg
登山口です。昨秋も来てますが、この界隈でダニのいない山となると限られるのです。

P1040976_convert_20160516175305.jpg
いきなりエゾオオサクラソウの群落が!

P1040987_convert_20160516175324.jpg
これでは写真撮影に忙しくなってしまいます
登山道は整備されて歩きやすく、随所に休憩のベンチがあります。さすが世界ジオパークに認定されただけありますね。

P1040990_convert_20160516175345.jpg
はじめはうっそうとしたトドマツ林が続きます。

DSCF3735_convert_20160516174941.jpg
休憩小屋のある五合目で視界が開けて目指す頂上が見えます。

P1050009_convert_20160516175434.jpg
ここから岩場の急登です。

DSCF3737_convert_20160516174955.jpg
様似漁港を背に急登を登ります。海に近い山は気持ちいいですねー。

P1040997_convert_20160516175409.jpg
アポイアズマギクは沢山咲いていました。ヒダカソウは見なかったです。残念・・
ヒメチャマダラセセリという天然記念物の蝶をカメラに収めようとずーっと張ってた人がいました。

DSCF3746_convert_20160516175011.jpg
馬の背に到着。日高山脈が見えます!

DSCF3753_convert_20160516175028.jpg
南日高の山座同定は難しいですねー。人を寄せ付けない奥深い山が多いです。

DSCF3758_convert_20160516175049.jpg
一番左がピンネシリ。昨秋、ピンネシリからアポイ岳まで縦走したのが遠い昔のようです。

DSCF3783_convert_20160516175213.jpg
登り始めて2時間20分でアポイ岳頂上です。これは吉田岳からの帰りに撮った誰もいない頂上です。
3回目にして初めて快晴に恵まれましたー!

P1050025_convert_20160516175506.jpg
賑やかなアポイ岳を離れて吉田岳へ向かいます。ダケカンバの林がキレイです。

P1050034_convert_20160516175525.jpg
右側の尖がったのが吉田岳です。まだ遠いです

P1050038_convert_20160516175550.jpg
結構ワイルドですよー。

DSCF3767_convert_20160516175111.jpg
吉田岳への最後の登りです。

DSCF3768_convert_20160516175126.jpg
アポイ岳から45分で吉田岳山頂に到着です。静かです。ピンネシリの向こうに楽古岳の尖がりが見えます。

DSCF3772_convert_20160516175144.jpg
景色を堪能しながら至福のランチタイムです。

DSCF3787_convert_20160516175241.jpg
アポイ岳からの下りです。3回目にして展望をゲット!来てよかったー。

DSCF3810_convert_20160516175715.jpg
帰りに新ひだか町静内の二十間道路に寄りました。もう花見客はいませんが、桜は少し咲いてましたよ。







スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://amanoshihou.blog.fc2.com/tb.php/155-f8525c67
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。