上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GW富良野シリーズ3日目。最終日は観光して帰ろうと思っていましたが、天気が良いようなので、十勝岳へ。

DSCF3649_convert_20160505110017.jpg
登山口の望岳台。2年前の同じ時期に来ましたが、今年は雪が少ないです。
望岳台のレストハウス、取り壊し工事の真っ最中でした。見慣れていたのに残念・・

P1040912_convert_20160505111556.jpg
朝ははっきり見えなかった十勝岳の山頂も、下山時は火口の向こうにクッキリ!

P1040907_convert_20160505110333.jpg
こちらは前日登った三段山。
この日は最高気温が24℃にもなるということで覚悟してましたが、風があって体感気温は低かったです。

P1040910_convert_20160505110351.jpg
美瑛富士(左)と美瑛岳(右)。

P1040853_convert_20160505110129.jpg
まずは避難小屋を目指します。

DSCF3654_convert_20160505110035.jpg
1時間半ほどで避難小屋に到着です。ここから急登になります。
小屋の中は水浸しでとても休める状態でなかったです。

P1040875_convert_20160505110153.jpg
避難小屋からの急斜面。スノーシューのアイゼンが利いて滑ることはなかったです。

P1040878_convert_20160505110213.jpg
後ろを振り返ると怖いので、前だけを向いて登ります。

P1040882_convert_20160505110233.jpg
グランド火口に到着です。ところどころ黄色いのは硫黄でしょうか。何だかノドがひりひりするし。

DSCF3660_convert_20160505110108.jpg
美瑛岳を見るため摺鉢火口へ。かなりの急登です

P1040897_convert_20160505110314.jpg
登りきると美瑛岳が間近に迫ります。ここまで2時間45分かかりました。
強風で飛ばされそうです!2年前と同様、今回も頂上を目指さず、ここまでとしました。

P1040888_convert_20160505110251.jpg
登山者が米粒のように見えます。ほとんどがスキーです。頂上直下はアイゼン・ピッケルの世界でしょうか、いつになったら行けることか。下山は尻すべりで楽チンでした。
前日宿泊した新富良野プリンスホテルの温泉に入って帰路につきました。チェックアウト後も入れるのでポイント高いです。

翌朝、下唇に違和感が・・鏡を見るといかりや長介状態に!唇が日焼けで弱ったところに強く噛んでしまって腫れたのか。GW終了までにせめて山口百恵状態にしなければ・・




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://amanoshihou.blog.fc2.com/tb.php/153-65754064
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。