8月の北海道は不安定な天気が多く、山で雷に遭うのが怖くてなかなか遠出できないでいたところ、もう最終日曜日になっていしまいましたー
前から気になっていた富良野岳の原始ヶ原コースを登ることにしました。

DSCF2581_convert_20150831132241.jpg
富良野市麓郷から林道に入り、ニングルの森広場の登山口へ。入山前にお参りしましたー。駐車スペースは広いし、簡易トイレも2つありました。6時10分、一番乗りでスタートです。

DSCF2582_convert_20150831132257.jpg
滝コースとの分岐。滝コースは通行禁止の案内がありましたが、この先の連絡路は通れるようなので、行こうと思えば行けるのかも・・ビビリーの私たちはもちろん行きませんけど。

P1030654_convert_20150831132648.jpg
原始ヶ原までは最近笹刈りをしたようで歩きやすく、朝露に濡れることはありません。

DSCF2583_convert_20150831132312.jpg
「天使の泉」という水場です。帰りに飲んでみましたが、冷たくて美味しかったです!

DSCF2585_convert_20150831132330.jpg
この滝の上に渡渉個所がありました。

DSCF2586_convert_20150831132347.jpg
滝の上なので結構怖いですが、ゆっくり渡れば大丈夫です。ここを過ぎると原始ヶ原はもうすぐです。

DSCF2587_convert_20150831132402.jpg
登り始めて1時間半で原始ヶ原に到着です。私の好きな高層湿原です。

DSCF2606_convert_20150831132630.jpg
ところが、ピンクテープに従って看板の右へ行ってしまいました。本来は左に行くべきでした。
段々富良野岳から遠ざかっていくので、おかしいなと思いつつ進んだところ、湿原の端に「五反沼」の標識が・・

DSCF2591_convert_20150831132419.jpg
全然違う方向に進んでしまったのに気づき、引き返しました。途中、こんな標識が。昔の人は偉かったですねー。

DSCF2594_convert_20150831132435.jpg
湿原の入口まで戻り、気を取り直して富良野岳へ。しかしここからが長かった!おまけに木道のない湿原なので、ぬかるんで足が疲れるのです。時々ズボッとくるぶしまで埋まりましたー。いくら湿原好きでも疲れます。

P1030671_convert_20150831132705.jpg
長い長い湿原歩きの後は、足場の悪い直登が・・とにかく滑ります

DSCF2595_convert_20150831132451.jpg
雲海に浮かぶ夕張岳と芦別岳。

DSCF2598_convert_20150831132508.jpg
前富良野岳を背にズルズル滑りながら急登をひたすら進みます。落石注意ですねー。

DSCF2600_convert_20150831132525.jpg
雄大な景色に励まされながら登ります。オットがみるみるうちに小さくなりました。
私より遅れることなど滅多にないので体調が悪いのかと本気で心配しましたが、前夜の私のイビキで寝不足+登山中私が休みを与えなかったためだそうで、「全部わたしのせいかい」と思いましたー。

DSCF2602_convert_20150831132543.jpg
つらい登りを終えると頂上が見えました。それまで快晴だったので急にガスが・・

DSCF2603_convert_20150831132558.jpg
4時間半で頂上です。ガスで見えません。富良野岳は何度も登っているし、途中の景色は堪能できたのでヨシとします。
この日原始ヶ原コースからの登山者は私たちを入れて4人だけでした。
次回は、長靴を履いて湿原や五反沼の散策もいいかも。

下山後、林道の入口の近くに「原始の泉」という湧き水に立ち寄りました。
湧き水好きのオットは嬉々として汲んでました(私は荷物になるからいらないのにーと思ってました)が、この日一番嬉しそうでした。
小腹がすいたのでフラノマルシェに寄ってミニパフェと「なまら棒」を平らげ、温泉(ハイランドふらの・510円)に入って帰宅しました。久し振りの遠出は、ちょっとハードでしたー。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://amanoshihou.blog.fc2.com/tb.php/118-19a8d9e4