週末、日曜日、この時期はいつも赤岳か緑岳から白雲岳にゼブラ模様の雪渓を見に行くのですが、今年は未踏の天人峡温泉から化雲岳に登ることにしました。

DSCF2377_convert_20150714152819.jpg
天人峡温泉の登山口です。すぐそばに公共駐車場があります。駐車場にトイレはありません。
いきなり「涙壁・三十三曲り」という急登で標高差300メートルを一気に登ります。
つづら折りの登山道は思っていたより登りやすく、富良野西岳の方がよっぽどキツかったです。

DSCF2378_convert_20150714152837.jpg
50分ほどで滝見台に到着。ここから羽衣の滝が見えます。
温泉街から羽衣の滝への遊歩道が閉鎖されているので、ここが唯一滝を眺めることができる場所です。

DSCF2443_convert_20150714170350.jpg
だからこの画像は貴重ですよー。
ここからしばらく見通しがきかない単調な登りが続きます。片側はすっぱり切れ落ちていて、川がゴーゴー流れる音がします。下を覗いても底が見えず奈落のようでした柱状節理の崖の上を歩いているのかなー。

DSCF2398_convert_20150714152903.jpg
単調な登りを終えると突然視界が開けて第一公園のはじまりです。

P1030411_convert_20150714153245.jpg
第一公園はチングルマとワタスゲがいっぱい!山の中にポッカリ現れる湿原、この不思議な光景、好きですねー。

DSCF2401_convert_20150714152920.jpg
湿原から旭岳が見えました。他に登山者はいなかったので静かな山歩きを満喫できました。

P1030416_convert_20150714153311.jpg
この後、登山道は笹に覆われていたり、ドロ道だったり、歩きにくいところが続きます。
雪解け水で登山道が見えなくなっているところも。地図にある第二公園は笹だらけでした。

DSCF2405_convert_20150714152936.jpg
ハイマツの海を抜けるとようやく視界が開け、大雪が一望に!

DSCF2412_convert_20150714153000.jpg
小化雲岳が見えてきました。登山道は左を巻いて1947mピークに延びています。

DSCF2426_convert_20150714153018.jpg
トムラウシに向かって進みます。あたりは見事なお花畑です!

P1030447_convert_20150714153330.jpg
化雲岳への最後の登りです。

DSCF2438_convert_20150714153136.jpg
特徴のある岩が化雲岳の頂上です。10年振りです。前回は五色岳から行きました。

DSCF2429_convert_20150714153045.jpg
歩き始めて6時間10分で頂上です。それにしても長かったトムラウシより長かったです。

DSCF2437_convert_20150714153112.jpg
右手の山は五色岳、その左は忠別岳です。大雪のど真ん中にいることを実感できます!
ここまで来るとトムラウシはもうすぐです。いつかヒサゴ沼にテント泊して行きたいものですねー。
静かでいいコースですが、ムシが多くて10か所以上も刺されてましたー。シャツの上から刺すんです

P1030466_convert_20150714153349.jpg
帰りに寄った三浦綾子文学記念館のある見本林にエゾリスがいました(動かないから人形かと思いました)。

下山後の温泉は、天人峡温泉天人閣、1000円。やはりここまで来たら行かなければ・・古いですが、源泉かけ流しで効きそうです。天人峡温泉に来たのは実に15年振り。今では営業している温泉宿は2軒だけとなってしまいました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://amanoshihou.blog.fc2.com/tb.php/114-3e7bd9fc