2015.04.07 講演会
3月の最終土曜日、営業のカリスマ、最近はSTVラジオ「オハヨー!ほっかいどう」のパーソナリティとして人気の中村信仁さんの講演会に行ってきました。

P1020961_convert_20150407104422.jpg
実はこの方、中学時代の同級生なんです。こんなに活躍されているとは全然知らず、講演会のほんの2週間前に偶然知ったのでした。
札幌でのオープンな講演会は1年半振りとのことで、まさにドンピシャリのタイミングだったので、勝手に縁を感じました。
私も営業とは無関係ではないし、事前に彼の著書2冊を読んで行ってきましたよー。満員でした。

1時間半の講演でしたが、話に引き込まれてあっという間でした。若いビジネスマンらしき人たちが必死にメモとってましたねー。
一年中日本全国を講演会やセミナーで飛び回っているそうで、さすがに圧倒的な伝える力というのを感じました。

彼の実家は貧しかったようで、子どものときからバイトで家計を助けたそうです。
中学時代は、いつもニコニコ朗らかでそんなそぶりはみじんも感じさせなかったです。
もし自分だったら、イジけていやーな子どもになっていたと思いますが、あの頃から大人だったんですねー。
あの校内暴力で荒れた片田舎の中学校からよくぞこんな人が出てくれた、こうなるまでどれだけの苦労があったのかと母親のような気持ちになりました。

講演で印象に残っているのは、「人間、生きることと死ぬことは自分自身ではどうにでもならないけど、生きることだけは自分で何とか出来る」という言葉です。
この言葉を胸に常に前を向いていきたいものですね。

P1020956_convert_20150407104510.jpg
こちらは、ベストセラーになった本です。
ビジネスのハウツー本と違い、物語形式になっていて読みやすいし画期的なのかなと。
営業の技術を教えるというより、生き方を説いています。当たり前と言えば当たり前のことを言っているのだけど、そこは伝える力で心に響いてきます。
土屋ホーム(スキージャンプの葛西選手が所属)の社長さんが新入社員の研修用に250冊買ったそうです。

P1020960_convert_20150407104526.jpg
営業職でない人は、こっちの方が取っつきやすいかも。
こちらも物語形式です。作者の分身のような人も出てきて興味深かったです。

営業とは何の関係もないオットもハマってます。
皆さんもぜひ読んでみてください。日々悶々としている人も清々しい気持ちになれると思います。
あっ、図書館で借りたりしないで、ぜひ買ってマーカーを引きながら読んでくださいねー。








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://amanoshihou.blog.fc2.com/tb.php/100-e4eaed51