FC2ブログ
2019/6/23(日)
日曜日の天気も不安定の予報でも、さすがにどこかに出掛けたい。
そこで、お花目当てで未登だった夕張の冷水山に行くことにしました。
マウントレースイスキー場の山で、ヤマ友Amigoさんのお気に入りの一座です。

P_20190623_140724_convert_20190624052657.jpg
これは下山後、ホテルマウントレースイの2階のカフェから撮ったもの。右のゲレンデがお花で一面真っ白。
朝はガスガスでしたが、下山してから晴れるのはよくあることです。ちなみにカフェのコロッケパンと塩パン、美味しかったー。

DSCF9641_convert_20190624052714.jpg
で、ガスの朝。ゴンドラの駅で登山届を出してスタート。登山道は右端の林道ですが、それではお花が楽しめないので右のゲレンデを登ることにしました。

DSCF9649_convert_20190624052743.jpg
リフトの下の踏み跡をたどって行きます。

DSCF9647_convert_20190624052728.jpg
一面にマーガレットの花。想像以上です!ちなみに正式にはフランスギクというらしいのですが、子供のころから慣れ親しんだマーガレットの方がしっくりきます。少女漫画誌マーガレットも愛読してたし。

DSCF9659_convert_20190624052800.jpg
ルピナスも咲いてましたー。

P1120981_convert_20190624052929.jpg
ルピナスとリフトの終点。そこで林道に合流しました。

P1120989_convert_20190624052947.jpg
だんだん晴れてきました向かいの鳩ノ巣山も見えてきました。冬に登りたいです。

DSCF9677_convert_20190624052822.jpg
あとは林道を進むだけですが、左の脇道に入って迷ってしまいましたー。ここで迷うのは私たちぐらいのものですかね。

P1120999_convert_20190624053005.jpg
ゴンドラに沿って最後の登りです。とにかくお花に癒されます。
前方の一段高くなっているところが頂上です。周りにロープが張ってあるので左から回り込むようにして到着です。

P1130003_convert_20190624053024.jpg
撮影に忙しく、1時間半もかかって到着です。これから年をとったら、ゆっくりのんびりになっていくんでしょうね。大好きな山歩きを長く続けるためには、それもいいかなって思います。

DSCF9692_convert_20190624052846.jpg
頂上から夕張岳をズーム。1日中曇りの予報で全く期待していなかったのですが、見れてラッキーです

P1130020_convert_20190624053045.jpg
下山開始。遠くにメロン農家のビニールハウスが見えます。

P1130030_convert_20190624053102.jpg
帰りもお花が一番多い同じゲレンデを下りました。

DSCF9717_convert_20190624052905.jpg
ホテルマウントレースイに向かって下ります。お花が想像以上にキレイでしたー。この時期の定番決定ですね!
下山後の温泉はホテルの中にあるレースイの湯(700円)でしたー。
皆さんもぜひ夕張に足を運んで、食事や買物、入浴でお金を落としてくださーい。
スポンサーサイト



2019.06.22 登頂証明書
今日も雨おまけに朝から時々雷これじゃ今週もまた山に行けそうにない・・
体がなまっちゃいます。
でも農家の方にとって恵みの雨になればいいですね。

留寿都村観光協会から、先日登った尻別岳の登頂証明書が届きました
DSCF9636_convert_20190622164210.jpg
入山届に記帳した登山者だけに送られるそうです(5月下旬~10月下旬)。
登頂のたびに何度でも申し込めるそうですが、季節ごとに写真が変わるといいですねー。

DSCF9640_convert_20190622164245.jpg
こんな観光パンフや村の地図も入ってました。うれしいサービスです。
尻別岳は何度でも登りたくなりますねー。冬に隣の橇負山に行くのもいいかも。
週末の天気予報はいまひとつ・・「よさこいソーラン祭り」のこの時期は雨が降ることが多いので、今週は久し振りに山をお休みしました。
実際はそれほど天気は悪くなかったです。いつものことながら天気予報ってどうしてこう当たらないの?

ずーっと家に閉じこもっているのも何なので、テレビに出たこともあるおそば屋さん「然(しかり)」(中央区南8条西10丁目)に行ってきました。
本当は別のお店に行くつもりでしたが、たまたま前を通ったらお客さんが誰もいなかったので話のタネに入ってみましたー。

「命懸けで営業中」の看板。うーん「一生懸命営業中」なら見たことあるけど・・
民家のような店内は昭和の香りがプンプン。靴を脱いで上がります。カウンター3席、奥の部屋に2卓。

「もりそばしかないよー。うちは盛りが少ないから大盛りにした方がいいよー。」と言われ、人生初の大盛りに(1200円)しました。ちなみに並盛りは900円。
女性は大盛りに抵抗があると思いますが、結果的に大盛りにしてよかったです。

目の前で手打ちしてくれます。こりゃー時間がかかりそう、と思いましたが、手際が良くてあっという間でした。そばの香りが心地いー。生のそばを味見させてくれました。

ゆで時間は超短い。「まずはそのまま食べて、それからそば塩を箸でつけて、汁は最後。わさびはなくて大根おろしで。」
ここまで食べ方を指示されるのがイヤな人は行かない方がいいですねー。

オットがそばつゆに薬味を入れようとすると「薬味はまだ入れない!」と怒られました。ひえー奥で洗い物をしていて見えないはずなのにー。今では珍しくなった頑固おやじ風の店主みたいです。

P_20190609_120814[1]_convert_20190610184043
打ち立ての十割そばは超美味しかったー。十割というと太くてボソボソのイメージでしたが、細くてなめらかー。そば汁をいっぱいつけると怒らそうでしたが、これも美味しい。そば湯はドロっとして深い味。

ここの名物のしめ鯖とおそばのメニューは5日前までに予約してとのことでした。
最後にオットは「そばが好きそうに見える。そば湯の飲み方を見ればわかる。」なんて言われましたが、オットは味にうるさくなく、いつもそばの味はよう分からんと言ってるんですけどねー。
2019/6/2(日)
週末は、大気が不安定で竜巻が発生したり大雨となるところがあります、なんて予報で遠出する気がすっかり失せました。実際は大して荒れなかったのですが。
で、近場で16年も行ってなかった留寿都村の尻別岳に行くことにしました。

DSCF9588_convert_20190604165443.jpg
登山口。朝はまだ涼しかった。前回来た時は蒸し暑くて曇って展望もなく、おまけに急登が苦行のようでした。その印象が強くて16年も来ていなかったのです。

DSCF9590_convert_20190604165459.jpg
下の方はスミレがいっぱい。なかなかお花の多い山でした。

DSCF9597_convert_20190604165512.jpg
橇負山をバックに登ります。ずっと尾根歩きなので展望がいいです。

P1120900_convert_20190604165629.jpg
ルスツリゾートが一望。昔はよくスキーに来たものです。

P1120905_convert_20190604165648.jpg
チシマフウロも咲いてます。だんだん暑くなってきましたー。

DSCF9605_convert_20190604165526.jpg
前回はとにかくツラかった急登。登山を始めたばかりだったからでしょうか。

P1120919_convert_20190604165702.jpg
木の合間から見えた羊蹄山をズーム。

DSCF9615_convert_20190604165538.jpg
ロープを使うと楽に登れますね。恐れたほど急ではなかったです。

P1120928_convert_20190604165717.jpg
急登を終えると稜線に出ます。

DSCF9622_convert_20190604165553.jpg
羊蹄山をバックに。

DSCF9628_convert_20190604165609.jpg
1時間45分で頂上です。羊蹄山の展望台のような山です。
頂上で撮った写真を留寿都村観光協会に送ると登頂証明書が発行されます。
詳しくは観光協会のHPへ(留寿都村観光協会)。申し込んでから届くまで1ヵ月くらいかかるそうです。

P1120934_convert_20190604165733.jpg
余市岳方面。雪が少なくなりましたねー。

P1120942_convert_20190604165748.jpg
洞爺湖の向こうに昭和新山と有珠山、遠く駒ヶ岳も見えましたー。花も多いし、いい山でした。16年も来なかったのに毎年来てもいいくらいです。

P_20190602_115226_convert_20190604165810.jpg
帰りに寄った登山口からほど近いカフェ「セレンディップ」のチーズトースト(580円)。パンもサラダも美味しかった。コーヒー(350円)はまろやかでした。静かでくつろげます。次回はパンケーキ食べたい。
下山後の温泉は、ルスツ温泉が混んでいたので小金湯温泉「まつの湯(650円)」でした。