FC2ブログ
DSCF7689_convert_20180527095523.jpg
5月26日の土曜日は、伊達紋別岳に行ってきました。
「太陽の園」の駐車場近くの八重桜が満開!これを目当てに5月に来ることが多い山です。
「北海道夏山ガイド」に載るようになってから登山者が増えた気がします。この日も駐車場はいっぱいでした。

DSCF7694_convert_20180527095539.jpg
登山口の桜は散ってました。

DSCF7756_convert_20180527095602.jpg
三合目の一望台。木が茂って以前より展望が利かなくなりました。

P1100297_convert_20180527095752.jpg
昭和新山の向こうにニセコの山が見えます。羊蹄山は雲が被ってました。

DSCF7702_convert_20180527095617.jpg
シラネアオイが沢山咲いてます。今年は開花が早かったみたいです。

DSCF7752_convert_20180527095637.jpg
七合目の「いっぷく広場」。隣は稀府岳。噴火湾をはさんで道南の駒ヶ岳。

DSCF7710_convert_20180527095653.jpg
七合目からは気持ちのいい稜線歩き。

P1100251_convert_20180527095812.jpg
シラネアオイが満開!何度も登ってますが初めてです。ほかにもいろいろなお花が咲いてましたー。

DSCF7719_convert_20180527095707.jpg
前紋別岳に到着。洞爺湖の向こうに雲を被った羊蹄山が見えます。

P1100268_convert_20180527095826.jpg
九合目のシラネアオイの丘。もうすぐ頂上です。

P1100276_convert_20180527095913.jpg
歩き始めて2時間弱で頂上です。羊蹄山は雲を被ったまま・・
お腹もさほど減っていないので、いっぷく広場まで戻ってからランチにしました。

P1100287_convert_20180527095943.jpg
下山時は沢山の登山者とすれ違いました。一番いい時期ですからね。

DSCF7755_convert_20180527095726.jpg
木々の間から見えた羊蹄山。遅い時間から登った方が良かったのかも。それでも満開のシラネアオイを観られてラッキーでした。
下山後の温泉は蟠渓温泉「湯人家」(500円)。静かで落ち着けます。
スポンサーサイト



5月20日の日曜日は、ニセコのワイスホルンに行ってきました。ニセコの山(夏山)で唯一未登だったので、ずっと機会をうかがっていたのです。

DSCF7652_convert_20180521135159.jpg
ニセコワイスホテルの裏に車を停めて旧スキー場の第一リフトへ向かいます。硫黄川にかかっている橋は、いつ朽ち果ててもおかしくないようなもので怖かったですこのホテルは昔泊まったことがあるのですが、休業中の看板がかかってました。日帰り温泉に行こうと思っていたのに

P1100176_convert_20180521135400.jpg
スキー場の下の方は雪が無く、夏道もはっきりしていなかったです。リフトの右側を登ります。

P1100183_convert_20180521135415.jpg
前日雨が降って空気が入れ替わったのか、周りの山がよく見えます。余市岳、無意根山、中岳をバックにスキー場の急登を登ります。

DSCF7658_convert_20180521135215.jpg
目指す頂上はまだ遠い・・空が青いです

P1100189_convert_20180521135430.jpg
第2リフトからは羊蹄山とニセコアンヌプリ、イワオヌプリが見えます。

DSCF7666_convert_20180521135234.jpg
第3リフトからは急ですが、キックステップで登れます。これは帰りの尻すべりが楽しみ!

DSCF7670_convert_20180521135252.jpg
第3リフト終点で念のため軽アイゼンをつけました。片側はハイマツで向こう側が見えません。

P1100196_convert_20180521135448.jpg
スキー場の山は見晴らしがいいです。夏は第3リフトの終点までしか行けないようです。

DSCF7673_convert_20180521135311.jpg
約2時間で1030mピークに到着です。積丹半島の山と日本海、岩内の町(泊原発も)が見えましたー。風が強いです。

P1100200_convert_20180521135506.jpg
頂上はもう少し先ですが、ハイマツに阻まれ、風も強いし、右側は切れ落ちているので、ここまでとしました。

DSCF7684_convert_20180521135328.jpg
絶景を眺めながら下山開始です。もっと早い時期にスキーで来てみたいですね。

DSCF7686_convert_20180521135344.jpg
尻すべりー!この尻すべりシート、あまり使えませんが、さすがにスキー場は滑ります。
下山後の温泉は、ニセコ駅前の「綺羅の湯」(500円)。スイーツも売ってる美味しいパン屋さんが入ってます。
久し振りにニセコの山を堪能しましたー。楽しい雪山シーズンも終わり、淋しいですね。
GW後半の天気は全滅こどもの日に長沼町の長官山に行ったものの雨が降り出して中止。そのまま夕張に行ってリニューアルオープンした石炭博物館に行ってきました。観ごたえがあってオススメです。模擬坑道は寒いので上着を持った方がいいですよ。24時間眠らない町ってどんなだったのでしょうか。
5月12日の土曜日は積丹半島の山が見たくて神恵内村の両古美(りょうこび)山と無沢1に行ってきました。

P1100095_convert_20180513105603.jpg
トーマル峠覆道出口の駐車スペースに車を停めてスタートです。覆道の横を通って登山口へ。

DSCF7585_convert_20180513105153.jpg
夏道もところどころ出ていますが無視して雪の上を登ります。

P1100103_convert_20180513105624.jpg
当丸山をバックに登ります。急なので最初はスノーシューをつけました。気温が高くて大汗かきました

DSCF7594_convert_20180513105211.jpg
急登を登りきると雪原の向こうに積丹岳と余別岳がー。ここから両古美山の頂上までは平坦です。

DSCF7596_convert_20180513105230.jpg
笹をかきわけて両古美山の頂上に到着。ここまで1時間10分。雪がないです。

DSCF7597_convert_20180513105251.jpg
展望台(780mピーク)に向かいます。海の向こうに狩場山が浮かんで見えました。

DSCF7601_convert_20180513105310.jpg
展望台からの眺め。左奥のちょっと黒いピークが無沢1。遠そう・・一旦大きく下ります。夏道も見えてますが、これが曲者でしたー。

P1100115_convert_20180513105640.jpg
展望台からの下りは、最初は雪がありましたが途中からなくなり、夏道を探すのに難儀しました(オットのGPSには夏道が出ていなかった)。
日焼け、シラカバ花粉、pm2.5対策で手ぬぐいで顔を覆ってますが、息苦しくてバテましたー。

P1100116_convert_20180513105700.jpg
余市岳をバックに登ります。迷いながら進みます。

DSCF7607_convert_20180513105328.jpg
ようやく目指す頂上が見えました。ところが夏道に入れず、雪上を進み、最後は藪漕ぎでバテバテになりました

DSCF7610_convert_20180513105346.jpg
登り始めて3時間半でようやく頂上に到着。中途半端に夏道が出ているとかえって大変です。

DSCF7623_convert_20180513105424.jpg
この積丹半島の山並みが見たかった!冬しか登れない山が多いですが、いつか行ってみたいですねー。

DSCF7627_convert_20180513105439.jpg
ニセコの山も見えました。

DSCF7622_convert_20180513105407.jpg
羊蹄山をズーム。

DSCF7628_convert_20180513105458.jpg
下山は夏道を通って。楽です。両古美山への登り返しがキツかったー。

DSCF7645_convert_20180513105514.jpg
古平町では桜が満開でした。今年は開花が早く見逃していたのでラッキー!

P_20180512_175137_convert_20180513105535.jpg
余市町の自家製うどん「讃助(SASUKE)」の温山玉ぶっかけ(680円)えび天トッピング(180円)。あげ玉をかつお節に替えてもらいました。
DSCF7562_convert_20180501151834.jpg
待ちに待ったGW。今年は前半が天気がよさそう、ということで4月29日にGW後半に予定していた斜里町の海別(うなべつ)岳に行ってきました。久し振りの知床は遠かったわー(車の中で爆睡してました・・)。

P1090999_convert_20180501151912.jpg
この山は天国と地獄が味わえるとか。天国は言うまでもなく景色が素晴らしいこと、地獄は羊蹄山並みの標高差と稜線に出てからの強風(爆風)とのことですが、この日は笹漕ぎとハイマツ地獄でした・・
雪のない林道を30分ほど歩いて取り付き地点へ。笹漕ぎで大汗かきましたー。

P1100002_convert_20180501151936.jpg
ようやく笹漕ぎから解放されましたが、雪は少ないです。

P1100007_convert_20180501151955.jpg
しばらく見通しの利かなない林の中を進みます。下山時に迷いそうです。

P1100009_convert_20180501152014.jpg
ようやく林を抜けてオホーツク海を背に登ります。

DSCF7487_convert_20180501151245.jpg
ハイマツをかわしながら進みます。目指す頂上が見えてきましたが、上の方が黒いのが気になります・・

P1100026_convert_20180501152033.jpg
斜里岳が浮かんで見えます。だんだん急になってきます。

DSCF7498_convert_20180501151305.jpg
正面のニセピークを目指して登ります。結構急ですが、登りやすい雪質で助かりましたー。

P1100032_convert_20180501152054.jpg
ニセピーク直下はむき出しのハイマツ帯。ハイマツさんごめんなさいと心の中で言いながら登りました。後ろの山は小海別岳です。

DSCF7504_convert_20180501151323.jpg
全く雪のないニセピークから知床連山が見えましたー。

P1100036_convert_20180501152114.jpg
ニセピークからの頂上。雪が少なくて不安になりましたが遥々来たのだから行かねばー。

DSCF7525_convert_20180501151416.jpg
歩き始めて4時間50分で頂上に到着です。長かったわー。風が弱くてよかったー。

DSCF7517_convert_20180501151341.jpg
左はニセピーク。右は知床連山。

DSCF7518_convert_20180501151356.jpg
遠音別岳から知西別岳、羅臼岳の知床連山。

DSCF7529_convert_20180501151458.jpg
斜里岳、右手にうっすらと藻琴山が見えます。

DSCF7522_convert_20180501151654.jpg
この山はスキーで人気みたいですが、この日登ったのは私たちだけでした。贅沢な景色を二人占めです!

DSCF7530_convert_20180501151713.jpg
いつまでも居たいけれど帰りも長いので下りなければ。

DSCF7534_convert_20180501151738.jpg
ニセピークの向こうはオホーツク海。

DSCF7538_convert_20180501151757.jpg
次回(いつになるか分からないけど)はもっと早い時期にスキーで来たいですね。

DSCF7543_convert_20180501151815.jpg
尻すべりー(尻すべりシートは必要なかった)。
林の中に入ると雪が緩んで登りのトレースが分からなくなってました。GPSのおかげで取り付き地点に無事出られましたが、ヒヤヒヤしました。

DSCF7564_convert_20180501151853.jpg
翌日行った知床峠からの羅臼岳。
知床横断道がオープンする10時の30分前にゲートに行きましたが、すでに車が並んでました。
羅臼岳には2回登ってますが、もう10年以上も前。また行きたいなー。