週末、日曜日、樺戸方面に向かっていたところ、ラジオから流れるニュースでは、天気があまり良くなさそうせっかく行っても増毛山地の眺望が無ければガッカリなので、急きょ予定を変更、困った時の盤渓山に行くことにしました。

DSCF5132_convert_20170130164201.jpg
一旦、地図を取りに家に戻りました。慎重なオットはどんな簡単な山でも地図なしでは登らないのです。
前回、大晦日に来た時は、盤渓市民の森の駐車場で車がハマったので、今回は少し下のスペースに駐車しました。車道を少し歩いてから林に入ります。

DSCF5141_convert_20170130164234.jpg
雪が深く掘れるほどトレースがついてます。平日でも登る人が多いのでしょうか。前日吹雪だったので木に雪がはりついてます。

DSCF5139_convert_20170130164217.jpg
目指す頂上です。この山はいつ来ても気持ちいいです。常に空が見えるからかしらー。

P1060836_convert_20170130164503.jpg
最後の急な直登がありますが、トレースがしっかりついているので大丈夫です。

DSCF5142_convert_20170130164248.jpg
急登を終えると展望が一気に開けます。

DSCF5147_convert_20170130164303.jpg
1時間で頂上です。右奥は手稲山です。

DSCF5151_convert_20170130164316.jpg
お馴染み頂上の一本松。向こうはすっぱり切れ落ちているので注意です。

DSCF5156_convert_20170130164334.jpg
砥石山から神威岳、烏帽子岳、百松沢山、手稲山が丸見え!右奥は日本海です。

P1060845_convert_20170130164519.jpg
ここから未踏の三菱山への縦走ルート。トレースはほぼないです雪山はその方が面白いのですけどね。

DSCF5158_convert_20170130164349.jpg
このルートで大丈夫かなーと地図で確認しながら進みます。

DSCF5159_convert_20170130164404.jpg
雪が降った翌日はキレイです。

DSCF5179_convert_20170130164444.jpg
ようやく盤渓市民の森の敷地に到着。トレースに従って頂上へ向かいます。最後の登りはちょっと急です。

DSCF5171_convert_20170130164428.jpg
盤渓山から1時間半で三菱山(盤渓スキー場の山)に到着です。正面は藻岩山です。スキー場の楽しそうな音が聞こえてきます。小さなかわいらしい山頂標識はなくなってました。

P1060860_convert_20170130164538.jpg
札幌の街をズーム。念願だった縦走ができて満足です。それにしても天気予報には振り回されます


スポンサーサイト
週末、土曜日は月形町の分監山に行ってきました。この辺りは札幌より雪がかなり少ないです。
冬はやっぱり夏山登山道のない山に足が向きます。樺戸や増毛山地はそんな山が多いので、天気が許す限り行きたい山域です。

DSCF5095_convert_20170122094709.jpg
登山口の林道入口です。トレースは全くありません
1972年に頂上直下でセスナ機の墜落事故があったそうです。右側上の白い部分はその跡でしょうか。

DSCF5096_convert_20170122094722.jpg
まずは林道歩き。昨年来た時は膝下の新雪ラッセルで長く感じましたが、今回は雪がある程度締まっていたので歩きやすかったです。

DSCF5097_convert_20170122094735.jpg
30分弱の林道歩きを終えて取り付きます。結構急です。

P1060784_convert_20170122094917.jpg
取り付きをクリアーしたのもつかの間、次の急登が待ってます。田園の中の独立峰なので眺望はいいです

DSCF5104_convert_20170122094749.jpg
最初のピークの後は、アップダウンがあります。このあたりはサラサラの雪で滑って思うように進めません。

DSCF5106_convert_20170122094804.jpg
ようやく頂上が見えましたー。アップダウンはまだ続きます。

P1060802_convert_20170122094953.jpg
増毛山地が見渡せるポイントです。

DSCF5120_convert_20170122094831.jpg
増毛山地をズーム。左から幌天狗、群別岳、奥徳富岳。幌天狗は春に行きたいものです。

DSCF5111_convert_20170122094818.jpg
約2時間で頂上です。こちらは樺戸山地。浦臼山から樺戸山、隈根尻の縦走コースが好きでしたが、廃道化してます

P1060815_convert_20170122095014.jpg
平野の向こうの芦別岳をズーム。低山なのに眺望がいい山です。
ゆっくりしたかったのですが、さすがに厳冬期は冷え切ってしまうので早々に下山です。

DSCF5129_convert_20170122094848.jpg
いい山でしたー(札幌からも割と近いし)。すっかり冬の定番になりました。


DSCF5068_convert_20170116143815.jpg
週末、日曜日、天気予報は悪し・・こういう時は近場の山、ということで藤野富士に行ってきました。スノーシューを始めて以来、毎年のように登ってます。登山口が藤野聖山園の中にあって、必ず除雪されていて駐車場所の心配がないからです。
正面は藤野三山の豊見山です。最初は晴れてました

DSCF5069_convert_20170116143829.jpg
雪に埋もれたお墓の横を通って林に入ります。うっすらとトレースがついてました。

DSCF5071_convert_20170116143844.jpg
雪がこんもり。清々しい気分になります。左に回り込むように進み、尾根に取り付きます。最後に急登がありますが、トレースがあったので難なく登れました。

P1060764_convert_20170116143938.jpg
急登を終えると、支笏湖方面の山が望めるのですが、急に雪が降ってきました。

DSCF5075_convert_20170116143858.jpg
頂上直下のケルンの近くに開けた個所があります。子どもの頃住んでいた藤野の街が見えます。雪がやみました

DSCF5078_convert_20170116143912.jpg
1時間10分で頂上です。トレースのおかげで早く着きました。

P1060770_convert_20170116143949.jpg
頂上は木が多くて展望はよくないですが、手ごろないい山です。

DSCF5091_convert_20170116143925.jpg
恵庭岳がうっすら見えます。下りの途中からまた雪が降り出し、下山したときは吹雪状態でした

DCF00102_convert_20170116144003.jpg
下山後、近くのカフェレストラン「ヴィーニュ」に寄りました。山小屋風のおしゃれな建物です。隣に以前はなかった「藤野ワイナリー」ができてました。

DCF00110_convert_20170116144049.jpg
今週のパスタ(1000円)、塩コンブとキノコのペペロンチーノ、ボリュームがあります。
プラス500円でセットにしました。自家製アロニアジャムつきパン、サラダ、デザート、コーヒーがつきます。

DCF00107_convert_20170116151515.jpg
デザートは4~5種類から選べます。私はアップルバターのタルトタタン風。リンゴが温かかったー。

DCF00108_convert_20170116144033.jpg
オットはブルーベリーのレアチーズタルト。これも美味しそうでした。
運動量に比して食べ過ぎてしまいました

成人の日の連休の2日目、当別町と新十津川町の境にある察来(さっくる)山に行ってきました。初めての山でワクワクです!

DSCF5025_convert_20170109094914.jpg
登山口は国道451号の四番川橋のすぐそばの林道入口です。朝の時点では曇ってました。しばらく人が入った形跡はなく、新雪ラッセル頂上までたどり着けるか不安になります・・

DSCF5029_convert_20170109094932.jpg
林道を歩いているうちに晴れましたダイヤモンドダストがキラキラ

DSCF5032_convert_20170109094947.jpg
林道が二股になっているところ。ここまで来ると長い林道歩きはもうすぐ終わりです。

DSCF5033_convert_20170109094959.jpg
1時間50分の林道歩きを終え、尾根に取り付きます。ちょっと急です。

P1060727_convert_20170109095154.jpg
神居尻とピンネシリをバックに急登を登ります。急な個所はありますが、それほど長く続かないので何とか登れます。

P1060734_convert_20170109095212.jpg
後ろは昨年登った当別町丸山と未登の別狩岳です。どんどん展望が良くなります

DSCF5043_convert_20170109095012.jpg
あれが頂上。すごく急そうです

DSCF5044_convert_20170109095029.jpg
最後の登りは写真で見るよりずっと急です。右側からジグを切って登りました。下りは尻すべりで一気でしたー。

P1060735_convert_20170109095229.jpg
3時間近くもかかって到着です。360度の展望が待ってます。登れて良かった!

DSCF5053_convert_20170109103321.jpg
ここは増毛山地の展望台です。

DSCF5059_convert_20170109095119.jpg
暑寒別岳と南暑寒岳。暑寒別岳は毎年でも行きたいです。

DSCF5055_convert_20170109095103.jpg
黄金山をズーム。すんごい尖がりです。二人占めの頂上でスノーベンチでまったり。1時間も居たのですっかり冷え切ってしまいました。

DSCF5062_convert_20170109095135.jpg
樺戸山地を観ながら下山。下りはなんだかんだ言っても早いです。林道歩きは長いですが良い山でした!
大晦日、天気予報が良かったでの近場の盤渓山へ。好きな山で登り納めをしようと思ったのですが・・
盤渓市民の森の駐車場は除雪されておらず、雪かきをしてスペースをつくったものの、後輪が雪にハマってしまい悪戦苦闘何とか抜け出すことができたのですが、気分は下げ下げ家に帰ることにしましたー。
途中、大倉山なら駐車場が除雪されているはずと思い、大倉山から奥三角山に行くことにしました。

DSCF5011_convert_20170103161508.jpg
大倉山ジャンプ台。年中無休、9時からやってます。

P1060704_convert_20170103161648.jpg
大倉山まで階段の遊歩道もありますが、この時期は通行禁止。職業柄無視できず、リフトに乗りました。往復500円。楽チンです。

DSCF5024_convert_20170103161616.jpg
淋しい山頂標識・・前回来たよりも雪がかなり多いです。トレースはしっつかりついてました。

DSCF5012_convert_20170103161524.jpg
大倉山から見た奥三角山(左)。奥は盤渓スキー場とその奥に登る予定だった盤渓山。

DSCF5015_convert_20170103161545.jpg
分岐からいつもの急登は避け、遊歩道を回り込んで進んだのですが、トレースがなくラッセルおまけに取り付き個所を間違えて進みすぎてしまうし、またもや悪戦苦闘でしたー。

DSCF5016_convert_20170103161600.jpg
大倉山から1時間半もかかって到着です。ラッセルで汗だくです前回来た時のクリスマスの飾りつけはなくなってました。

P1060708_convert_20170103161702.jpg
奥はすっぱり切れ落ちているので低山なのに高度感がスゴイです。予報ほど天気は良くなかったです(冬の天気予想は難しいのです)。

P1060711_convert_20170103161715.jpg
登り納めだというのにドタバタしてしまいましたー。あのまま車が雪にはまったままだったらどうなっていたことか・・
まあ、終わり良ければすべて良し。2017年はどんな山に出会えるのでしょうか。日高の林道の復旧も気になるところです。