8月の最終日曜日は旭岳へ。
3つの台風の直撃で閉鎖されている林道が多いので選択肢が限られます。
それに年に一度は大雪に行かなければー。

DSCF4413_convert_20160830101303.jpg
朝の姿見の池。晴れてます!
6時の始発のロープウエーは意外とすいてました。さすがに肌寒いです。

DSCF4417_convert_20160830101318.jpg
この時間、十勝岳連峰は雲がかかってますが、芦別岳方面はくっきり見えました。

P1060001_convert_20160830101351.jpg
朝日を浴びて眩しいです。天気がいいので期待が高まります!

P1060014_convert_20160830101406.jpg
金庫岩が見えるともう少し。風が強くなってきました。足元は火山灰で滑りやすいです。

P1060025_convert_20160830101423.jpg
ガスがじわじわ出てきて、頂上直下はこの状態頂上の展望を撮るため、オットに先に行ってもらいました(結局間に合わなかったけど)。

DSCF4422_convert_20160830101335.jpg
姿見の池から1時間半で頂上です。空は青いですが、周りはガスで何も見えません・・残念!
小雨も降ってきたのでここで撤退です。本来であれば、中岳から中岳温泉、裾合平を周る予定でしたが、また来ればいいし、久しぶりの登山なのでまあいいかー。

P1060044_convert_20160830101440.jpg
下山の時虹が出ました!
この時期は花も終わって、紅葉には早いので登山者は少な目ですね。

P1060047_convert_20160830101500.jpg
下は天気予報通り晴れてるのよねー。
下山後の温泉は、旭岳温泉「湧駒荘」(700円)。ソチ五輪のスノーボードの銀メダリスト、竹内選手のご実家です。正午前なのに入れました。二種類の源泉があって雰囲気もいいです。また来ようっと。

DCF00070_convert_20160830101234.jpg
DCF00073_convert_20160830101246.jpg
ランチは東川道の駅すぐそばの「蝦夷」の蝦夷ラーメン(880円)。具が多くてボリューム満点。
人気店のようで、遅い時間だったのに混んでました。冷房が効いてなくて汗かきましたー。下界は暑いです


スポンサーサイト
2016.08.24 島根
週末、北海道に台風が直撃する中、遅いお盆休みで島根に帰省しました。

P1050954_convert_20160824152341.jpg
国宝松江城。結婚以来だから21年振りです
明治の初め、天守閣が180円で落札されて取り壊しとなるところ、地元の有志が買い戻して保存されることになったそうです。
そのお陰で今もその姿を拝むことができるわけですねー。

P1050943_convert_20160824152217.jpg
堀川めぐり。15分おきに出発します。1日乗車券は1230円で1日何回でも乗れます。
低い橋をくぐるときは屋根が下がります。暑ーい日でしたが、水辺は涼しくて気持ちよかったです。
船頭さんの話も面白いし、夏は涼しく冬はコタツで温かいそうで、オススメです。

P1050944_convert_20160824152240.jpg
松江と言えばお抹茶。お城の近くの松江歴史館の喫茶室で一休み。外は猛暑、冷房がきいて生き返った心地です。

P1050883_convert_20160824152132.jpg
安来市の足立美術館の日本庭園。この町出身の実業家の方が創ったそうです。横山大観のコレクションが有名です。
この後、道の駅にもなっている月山富田城跡を見学。大河ドラマ「軍師官兵衛」にも出ていた山中鹿之助はこのあたりのヒーローのようで、『鹿之助を大河ドラマに』というのぼりが立ってました。

P1050903_convert_20160824152148.jpg
出雲名物割子そば。足立美術館の近くのさぎの湯温泉「竹葉」の食事処で。
つゆをかけていただきます。こっちはかける文化。お刺身にも直接醤油をドボッとかけます。
何事も合理的な北海道人としては、小分けにしないで大きな器に盛ればいいじゃんと思ってしまいますが、元は外で食べるため持ち運びやすいようにしたためだそうです。

P1050978_convert_20160824161327.jpg
出雲大社は何度も行っているので今回はパス。島根半島東端の美保神社に行ってきました。
次回は隠岐の島まで行きたいなー。
今年は夏バテがひどくて山から遠ざかっています・・


2016.08.17 積丹
蒸し暑い日が続き、すっかり夏バテこれでも関西でクーラーなしで暮らしたこともあるのです。
週末は大雪方面も考えたけど旭川の最高気温が32℃!山はあきらめて積丹半島に行ってきました。

DSCF4359_convert_20160817143547.jpg
まずは島武意海岸。真っ暗なトンネルを抜けたら積丹ブルーが・・。急な階段を下って海岸まで行けます。

DSCF4402_convert_20160817143702.jpg
神威岬。岬の先端まで歩いて行けます。汗だくになりました

DSCF4399_convert_20160817143642.jpg
岬の先端から見た神威岩。

DSCF4383_convert_20160817143608.jpg
沖縄の海ではないですよー。北の海とは思えないほど澄んだブルーです。
そういえば真夏に来たのは初めてです。春に来た時はこれほど青くなかったし、風が強かったです。
海を見ながらボーっとするのもいいですね。

P1050836_convert_20160817143723.jpg
積丹に来たらやっぱりうに丼!島武意海岸駐車場にある鱗晃(りんこう)のうに丼は2400円でした。
何だか安いなーと思ったら、サイズが小さかったです。お昼はこれで十分です。

日帰り温泉に入って帰ろうと思いましたが、人が多そうなのでやめました。
帰りはやっぱり渋滞に巻き込まれましたー。早く余市まで高速通ってほしいわ。

このところ北海道は蒸し暑い日が続いています。こういう時はロープウエーで行けるような登り始めの標高が高い山か沢に限ります。
ということで、8月の最初の日曜日は北日高のチロロ岳に行ってきました。

DSCF4318_convert_20160810062441.jpg
登山口へは、先日登ったペンケヌーシ岳と同じパンケヌーシ林道から行きます。林道のゲートに入林届のボックスがあります。登山口にはありません。簡易水洗トイレなるものがありました。
登山口から北電の急な作業道を通って15分ほどで取水ダムに到着です。ここから沢に入ります。

DSCF4321_convert_20160810062506.jpg
真夏の沢は気持ちいい!ピンクテープを頼りに進みます。水量はさほど多くありませんが、流れが速いところがあります。

P1050728_convert_20160810062759.jpg
御嶽山の噴火の後に買ったヘルメット、今回初めてかぶりました。
足場の悪い急なところが何か所かあって、ロープもありましたが緊張しましたー。

DSCF4323_convert_20160810062523.jpg
沢が枯れると急な岩場が続きます。直射日光があたり暑さでヘロヘロです。まだ展望はありません。

DSCF4329_convert_20160810062546.jpg
ニセピークが見えました。周りはキンバイの大群落です。西峰への登山道の近くにはクマの掘り返しも多かったです

DSCF4330_convert_20160810062602.jpg
ようやく西峰コルに到着。ここで日高山脈の展望が広がります。

DSCF4353_convert_20160810062718.jpg
これを見るために長い登りに耐えてきたようなものです。ひときわ目立つのが1967m峰、その左がピパイロ、右は幌尻岳。

DSCF4336_convert_20160810062618.jpg
コルからはハイマツの海をかきわけながら進みます。枝が足にあたって歩きにくいです。

DSCF4338_convert_20160810062634.jpg
頂上に到着です。慣れない沢と暑さで5時間近くもかかってしまいました。

DSCF4344_convert_20160810062652.jpg
気温が高いせいかもやってます。ペンケヌーシ岳からは良く見えた夕張山地や十勝岳連峰は全然見えなかったです。それでも日高の山を見られて満足です。

P1050771_convert_20160810062820.jpg
下山も長かったー。沢は下りの方が難しいですね。登りとほぼ同じだけ時間がかかってしまいました。
やっぱり日高の山は大変です当初は西峰にも行こうと思ってましたが、それどころではなくなりましたー。
下山後の温泉は、沙流川温泉ひだか高原荘(500円)です。