札幌では桜が咲きました!こんなに早かったことって記憶にないです。
まだまだ雪山モードの私たち。日曜日は積丹半島の真っ白な山並みを見に神恵内村の泥ノ木山へ。

DSCF3540_convert_20160425120920.jpg
当丸峠の登山口です。トーマル峠覆道を出てすぐ右手に駐車スペースがあります。

P1040714_convert_20160425121225.jpg
覆道に沿ってしばらく進みます。トレースはありません傾斜があるので注意ですね。

DSCF3542_convert_20160425120936.jpg
まずは両古美山を目指します。夏道がありますが、10年前に一度登ったきりです。

DSCF3548_convert_20160425121014.jpg
覆道を離れ尾根に取り付くと、向かいの当丸山が見えます。天気が良ければ山の向こうに羊蹄山とニセコの山が見えるのですが、この日はガスがかかってました。

DSCF3543_convert_20160425120956.jpg
両古美山への登り。稜線に出ると積丹半島の山が見えるはずです。

DSCF3549_convert_20160425121043.jpg
お待ちかねの積丹岳と余別岳!

DSCF3555_convert_20160425121100.jpg
両古美山の山頂付近(標識はハイマツ帯の中で分からなかった・・)。左から、ポンネアンチシ山、余別岳、積丹岳が近くなりましたー。この日、珊内岳はずーっと雲がかかってました。

DSCF3559_convert_20160425121116.jpg
右が泥ノ木山。左の815mピークを目指します。

DSCF3562_convert_20160425121133.jpg
登り始めて2時間で815mピークに到着です。

DSCF3566_convert_20160425121152.jpg
右手の円錐形の山が泥ノ木山です。かなり急です

P1040736_convert_20160425121243.jpg
泥ノ木山をズーム。ものすごく急だし、頂上直下はハイマツがむき出しになってます。すっかり怖気づいて今回はここで撤退することにしました。GW前に滑落でもしてケガしたくないし・・

DSCF3569_convert_20160425121207.jpg
で、泥ノ木山を見ながら1時間もまったりとくつろぎました。

P1040749_convert_20160425121306.jpg
積丹の山を横目に下山。5月にでも両古美山とその先の無沢1に来たくなりましたー。

DCF00038_convert_20160425121349.jpg
下山後、余市町役場の近くのイタリアンレストラン「jijiya babaya(ジジヤババヤ)」でランチ。名物のヘラガニのトマトクリームパスタいただきました。美味!

スポンサーサイト
週末、日曜日、前から行きたかった積丹半島の付け根にある八内岳を予定してましたが、風が強いとの予報稜線歩きが長い山は強風はツライ。そこで急きょ倶知安町と京極町の境にある本倶登山(ぽんくとさん)に変更しましたー。

DSCF3483s_convert_20160411155454.jpg
突然の変更で最初はなかなか気持ちが入らなかったのですが、とってもいい山で大正解でした!
国道276号線から入って除雪の最終地点に車を停めてスタートです。羊蹄山が美しー!

P1040664_convert_20160411155728.jpg
まずは長い長い林道歩きです。勾配はあまりないのですが、単調です・・

P1040676_convert_20160411155747.jpg
振り返ると羊蹄山が・・元気をもらえます。それにしても最近人の入った形跡が全くないのが気になります・・

DSCF3488_convert_20160411155514.jpg
林道を1時間くらい歩くと、ぱーっと開けてきます。近くに508m三角点があります。

P1040678_convert_20160411155805.jpg
ここから大雪原が広がります。天気が悪いときは要注意ですね。目指す山頂が見えますが、まだまだ遠いです

DSCF3503_convert_20160411155533.jpg
雪原から羊蹄山と右手にニセコの山が見えました。

P1040681_convert_20160411155824.jpg
羊蹄山を背に大雪原を横切ります。

DSCF3497_convert_20160411155554.jpg
羊蹄山をズーム。こんな景色、想像もつかなかったです。

DSCF3507_convert_20160411155611.jpg
雪原を過ぎると尾根に取り付きます。最初は670mピークの岩山が目印になるのですが、まったく見通しがきかなくなり、トレースもないので地図とGPSで位置を確認しながら慎重に進みます。

P1040685_convert_20160411155853.jpg
ようやく真っ白な頂上が見えました。右側から回り込んで行きます。

P1040691_convert_20160411155928.jpg
ちょっと急な短い斜面を登りきると頂上はもうすぐです。

P1040688_convert_20160411155911.jpg
羊蹄山を見ながらの最後の登り。大分雲が出てきました。

DSCF3515_convert_20160411155628.jpg
雪原の向こうに余市岳が・・

DSCF3516_convert_20160411155647.jpg
登り始めて3時間45分で頂上です。標識はありません。今シーズン初めてのロングコースでした。
独立峰だから360度の眺望が広がり、定山渓とニセコの山が一望です。
オットは田中陽希くんばりの雄たけびをあげてましたルートファインディングで緊張したせいでしょうかー。
風を避けてスノーベンチを作ってランチタイム。すっかり冷え切りました。翌日は平地でも雪の予報・・まだまだ寒いのです。

DSCF3530_convert_20160411155707.jpg
無意根山、中岳、喜茂別岳を眺めながら下山です。最後の林道歩きで疲労しましたー。思いがけずいい山に出会えて感謝です。

週末、土曜日、まあまあの天気ですが風が強い定山渓天狗岳のお隣りのヒクタ峰に行ってきました。

DSCF3431_convert_20160403091647.jpg
道道1号(小樽定山渓線)の四ツ峰トンネルを抜けて1.7キロほど行ったところに駐車スペースがあります。レンガ色の建造物が目印です。すぐ後ろの雪壁を超えて林道に入ります。

DSCF3432_convert_20160403091704.jpg
林道は2本ありますが、右手の「滑沢1号」に入ります。

DSCF3434_convert_20160403091722.jpg
5分ほどで尾根の取り付き地点です。林道歩きが短いのがいいですね。しばらくは視界のきかない林の中を進みます。

DSCF3440_convert_20160403091737.jpg
ようやく目指す山頂が見えてきました。

DSCF3444_convert_20160403091753.jpg
定山渓天狗岳も見えてきました。角度によって形が全然違いますねー。

P1040630_convert_20160403091929.jpg
872mの三角点のあるところは、雪庇が張り出していたので、斜面をトラバースして進みました。片側は谷なのでちょっと怖かったです

P1040633_convert_20160403091953.jpg
だんだん視界が開けてきました。それにしても風が強いです!

P1040638_convert_20160403092011.jpg
白井岳を横目に登ります。

DSCF3460_convert_20160403091813.jpg
最後の登りです。ものすごい急なところはありませんが、登りが延々と続いて徐々に足にきます。

DSCF3461_convert_20160403091832.jpg
登り始めて2時間20分で到着です。山頂標識があると嬉しいですね。

P1040643_convert_20160403092030.jpg
岩頭の向こうに真っ白な余市岳が。

DSCF3473_convert_20160403091848.jpg
定山渓天狗岳。左手にうっすらと小天狗岳が見えました。
スノーベンチを作ってランチタイム。風が強くて冷え切ったので長居できなかったです。

DSCF3480_convert_20160403091910.jpg
定山渓の山を見ながら下山。手稲山も見えましたよ。札幌の周辺は山だらけですねー。

DCF00034_convert_20160403092050.jpg
早く下山できたので、定山渓の「ぬくもりの宿ふる川」の1階に去年できた「J・ glacee(ジェイ・グラッセ)」でアップルパイセット(750円)をいただきました。靴を脱いでくつろげます(シャレではありません)。アップルパイのお持ち帰りもできます。