札幌は毎日のように雪が降った一週間でした。土曜日、相変わらず天気予報はイマイチでしたが(結局また外れました)、西岡水源池の近くの焼山に行ってきました。

DSCF3070_convert_20160124164631.jpg
西岡公園の広い駐車場に車を停めて、向かって左手の小さな橋を渡ってスタートです(公園の敷地の外になります)。公園のフェンスの左側をしばらく真っすぐ進みます。

DSCF3057_convert_20160124164520.jpg
うっかり見落としてしまいそうな標識。ここが取り付き地点です。

P1040163_convert_20160124164709.jpg
雪がこんもり積もってラッセルです足が疲れて亀のようなスピードになりましたー。
でも冬の森は気持ちがいいです。清々しい気分になります。

DSCF3065_convert_20160124164536.jpg
見通しはよくないですが、時折木々の間から札幌近郊の山が見えました。
ほぼなだらかな登りですが、ラッセルがこたえましたー。

DSCF3066_convert_20160124164557.jpg
1時間20分で頂上です。ドカ雪の翌日に登るモノ好きはいないのか、この日も登山者に会うことはなかったです。

DSCF3068_convert_20160124164615.jpg
木の間から札幌岳が見えました。

P1040184_convert_20160124164723.jpg
下山後、凍った西岡水源池を散策。今は水源池として利用しておらず、広い公園になっています。趣のある給水塔は明治時代の建築だそうです。

DSCF3076_convert_20160124164650.jpg
水源池の奥に恵庭岳も見えました。
近場の低山徘徊が続いてますが、そろそろ遠出したくなってきましたね。


スポンサーサイト
週末、土曜日、札幌の朝の気温は-9℃厳冬期は近場の低山と決めています。この日は南区の藤野富士へ。

DSCF3030_convert_20160117135056.jpg
藤野聖山園の一番上の区画の近くに広い駐車スペースがあります。1台も停まっていません
後の山は、豊見山、その後ろにうっすらと藻岩山が見えます。

P1040146_convert_20160117135240.jpg
初めは林道をたどり、林の中に入ります。買ったばかりのピッケルを背負ってます(使わなかったけど)。

DSCF3054_convert_20160117135224.jpg
雪のアーチが・・

DSCF3036_convert_20160117135116.jpg
この山で一番急なところです。昨年登った時は、尾根を直登してしまって結構大変でしたが、今回はいい具合にトレースがついていて、それを辿って難なく登れましたー。冬山はコース取りが大切ですね。

P1040149_convert_20160117135254.jpg
視界が開けてきました。富士とつくだけあって、遠くから見るときれいな円錐形の山です。

DSCF3038_convert_20160117135132.jpg
急登を終えると、支笏湖周辺の紋別岳、イチャンコッペ山、風不死岳が見えました。恵庭岳は雲の中・・
天気予報では札幌が悪く、太平洋側はいいはずなのに、いつもはずれます。

DSCF3043_convert_20160117135147.jpg
ケルンの近くの眺めのいいところです。札幌の街の向こうに樺戸山地がうっすら見えました。

DSCF3049_convert_20160117135206.jpg
1時間10分で山頂です。木に囲まれてあまり展望は良くないのですが、標識の向こうに豊平山が見えます。
気温は低いのに無風で、日も照っていたので寒さを感じることもなく頂上でまったり。月寒あんぱんと甘いアールグレーティーが冬山のおともです。普通のあんぱんと違って硬くてつぶれないところがいいんです。
結局、1人の登山者に会うこともなく、静かな山歩きを楽しめました。



成人の日の連休、天気予報は悪し
最終日くらい山に行きたいと思い、近くの盤渓山へ。
このところ、朝晴れていても突然吹雪になることもあるので、雪山初心者の我々としては近場の低山が安心です。

DSCF3010_convert_20160112162627.jpg
先週に引き続き、盤渓市民の森の駐車場に車を停め、車道を少し進み林に入ります。
「山火事注意」の看板が目印です。

DSCF3011_convert_20160112162645.jpg
天気予報がはずれて青い空に白い雪、いいカンジです!
登山者が多いのか、雪が掘れて締まって登山道のようになっています。これならツボ足でも大丈夫でしたー。

DSCF3015_convert_20160112162702.jpg
おおむね緩やかな登りですが、最後は少し急です。

P1040126_convert_20160112162811.jpg
頂上直下は結構急ですが、踏み跡がしっかりついているので大丈夫です。
ルートファインディングをする必要がないので、ちょっと面白みに欠けますかねー。

DSCF3018_convert_20160112162717.jpg
1時間20分で頂上です。誰もいません。風が強いし寒い!この日は最高気温でもマイナスでした。
あの木の向こうはすっぱり切れ落ちています

DSCF3022_convert_20160112162755.jpg
藻岩山が見えます。

P1040130_convert_20160112162828.jpg
雪庇の向こうに札幌の街を一望!低山なのに高度感スゴイです。

DSCF3021_convert_20160112162735.jpg
何度来てもいい山です!次回こそ三菱山からの縦走したいですねー。


年末年始、札幌の天気はずっといまひとつで食っちゃ寝の生活
冬の日本海側はこんな天気の日が多いので、いっそ道東にでも行けばよかった・・
それでも3日は晴れたので、近場の三菱山へ。盤渓スキー場の山です。

DSCF2986_convert_20160104100604.jpg
盤渓市民の森の入口です。思ったより雪がありました。

DSCF2987_convert_20160104100619.jpg
ここも白川市民の森と同様、遊歩道が張り巡らされていて、随所に番号が振ってあるので迷わないようになってます。
今シーズン2回目のスノーシューです。

DSCF2988_convert_20160104100637.jpg
前日の雪で枝に雪がついてキレイです。
ツボ足のトレースを追って、ところどころ遊歩道をショートカットしながら進みます。

P1040093_convert_20160104100841.jpg
全体的になだらかな登りです。頂上への最後の登りがちょっと急です。

DSCF2990_convert_20160104100653.jpg
目指す頂上が見えました。
この後、うれしい再会がありました!昨年7月に天人峡温泉から登った化雲岳でお会いしたコズさん一行が下りてきたのです。愛犬、シーズーのソラくんも一緒です。この子がとにかくかわいいのよねー。人の少ない山で2回も会うなんてご縁を感じます。
コズさんたちはソリを担いで登ってました。尻すべり用ではなく、子供が2人乗れる本物のソリですよー。流石だー。

DSCF2995_convert_20160104100711.jpg
最後の登りです。取り付きが分かりづらいですが、どこから行ってもいいのが冬山の醍醐味ですね。

DSCF2997_convert_20160104100727.jpg
1時間で頂上です。藻岩山が見えます。今は閉鎖されたコバスキー場も。

DSCF3002_convert_20160104100754.jpg
盤渓スキー場のリフトの奥に札幌の街が見えます。中央区にこんな自然があるなんて。
久し振りの山歩きで清々しい気持ちになりました。やっぱり山はいいです。

DSCF3004_convert_20160104100811.jpg
頂上の標識。手作り感がかわいいですね。

頂上に山スキーの男性が1人。盤渓スキー場のインストラクターをしている方で、スキー場では山スキーのレンタルもやっているそうです。レンタル料は1日3,000円、24時間なので1泊2日でもOKとのことでした。
もともとスキーは好きなのですが、山スキーはあまりに高いため(年に数回使うだけなのに)、スノーシューにしたこともあるので、これはいい情報をゲットしました。ぜひ利用させていただきます!

初登りなのでこの日はこのまま下山しましたが、次回は盤渓山まで縦走したいですね。
下山後はラーメン屋に寄って帰宅。近くの山も楽でいいものです。