上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月の北海道は不安定な天気が多く、山で雷に遭うのが怖くてなかなか遠出できないでいたところ、もう最終日曜日になっていしまいましたー
前から気になっていた富良野岳の原始ヶ原コースを登ることにしました。

DSCF2581_convert_20150831132241.jpg
富良野市麓郷から林道に入り、ニングルの森広場の登山口へ。入山前にお参りしましたー。駐車スペースは広いし、簡易トイレも2つありました。6時10分、一番乗りでスタートです。

DSCF2582_convert_20150831132257.jpg
滝コースとの分岐。滝コースは通行禁止の案内がありましたが、この先の連絡路は通れるようなので、行こうと思えば行けるのかも・・ビビリーの私たちはもちろん行きませんけど。

P1030654_convert_20150831132648.jpg
原始ヶ原までは最近笹刈りをしたようで歩きやすく、朝露に濡れることはありません。

DSCF2583_convert_20150831132312.jpg
「天使の泉」という水場です。帰りに飲んでみましたが、冷たくて美味しかったです!

DSCF2585_convert_20150831132330.jpg
この滝の上に渡渉個所がありました。

DSCF2586_convert_20150831132347.jpg
滝の上なので結構怖いですが、ゆっくり渡れば大丈夫です。ここを過ぎると原始ヶ原はもうすぐです。

DSCF2587_convert_20150831132402.jpg
登り始めて1時間半で原始ヶ原に到着です。私の好きな高層湿原です。

DSCF2606_convert_20150831132630.jpg
ところが、ピンクテープに従って看板の右へ行ってしまいました。本来は左に行くべきでした。
段々富良野岳から遠ざかっていくので、おかしいなと思いつつ進んだところ、湿原の端に「五反沼」の標識が・・

DSCF2591_convert_20150831132419.jpg
全然違う方向に進んでしまったのに気づき、引き返しました。途中、こんな標識が。昔の人は偉かったですねー。

DSCF2594_convert_20150831132435.jpg
湿原の入口まで戻り、気を取り直して富良野岳へ。しかしここからが長かった!おまけに木道のない湿原なので、ぬかるんで足が疲れるのです。時々ズボッとくるぶしまで埋まりましたー。いくら湿原好きでも疲れます。

P1030671_convert_20150831132705.jpg
長い長い湿原歩きの後は、足場の悪い直登が・・とにかく滑ります

DSCF2595_convert_20150831132451.jpg
雲海に浮かぶ夕張岳と芦別岳。

DSCF2598_convert_20150831132508.jpg
前富良野岳を背にズルズル滑りながら急登をひたすら進みます。落石注意ですねー。

DSCF2600_convert_20150831132525.jpg
雄大な景色に励まされながら登ります。オットがみるみるうちに小さくなりました。
私より遅れることなど滅多にないので体調が悪いのかと本気で心配しましたが、前夜の私のイビキで寝不足+登山中私が休みを与えなかったためだそうで、「全部わたしのせいかい」と思いましたー。

DSCF2602_convert_20150831132543.jpg
つらい登りを終えると頂上が見えました。それまで快晴だったので急にガスが・・

DSCF2603_convert_20150831132558.jpg
4時間半で頂上です。ガスで見えません。富良野岳は何度も登っているし、途中の景色は堪能できたのでヨシとします。
この日原始ヶ原コースからの登山者は私たちを入れて4人だけでした。
次回は、長靴を履いて湿原や五反沼の散策もいいかも。

下山後、林道の入口の近くに「原始の泉」という湧き水に立ち寄りました。
湧き水好きのオットは嬉々として汲んでました(私は荷物になるからいらないのにーと思ってました)が、この日一番嬉しそうでした。
小腹がすいたのでフラノマルシェに寄ってミニパフェと「なまら棒」を平らげ、温泉(ハイランドふらの・510円)に入って帰宅しました。久し振りの遠出は、ちょっとハードでしたー。


スポンサーサイト
今シーズンはなるべく未登(「未踏」よりしっくりきます)の山を歩きたい、ということで日曜日に島牧村の狩場山に行ってきました。

DSCF2537_convert_20150810211922.jpg
新道登山口です。賀老高原キャンプ場から延びる林道は全面舗装されていて驚きました!登山口の駐車スペースは4台分しかありません。朝6時にスタートです。

P1030583_convert_20150810212220.jpg
はじめは見通しの利かないうっそうとした中を進みます。六合目あたりから視界が開けてきます。

DSCF2542_convert_20150810211946.jpg
六合目を少し過ぎたところにエゾカンゾウの群落がありました!

DSCF2545_convert_20150810212011.jpg
こんな群生を見たのは初めてです。

DSCF2548_convert_20150810212031.jpg
エゾカンゾウをズーム。
この日もまた、しつこいハチに付きまとわれましたー。こういう時のためにネットで「ハチノック」を買ったのに全然効かなかったです

DSCF2554_convert_20150810212052.jpg
真駒内コースとの分岐界隈もお花畑です。雲海に浮かぶ山は遊楽部岳かな?道南は未登の山が多いです。
この後、南狩場あたりで再び見通しが利かなくなり急な岩場の登りが続きます。九合目からが長かったこと・・

DSCF2561_convert_20150810212113.jpg
頂上直下は、お花畑の中の緩やかな登りを進みます。クマさんの落し物も数か所ありましたが、先週の南暑寒岳に比べるとかわいいものです。

P1030597_convert_20150810212248.jpg
頂上近くの「親沼」。オタマジャクシがいっぱいいました。

DSCF2564_convert_20150810212140.jpg
登り始めて2時間40分で頂上です。予想に反して頂上は木が生い茂ってました。

P1030598_convert_20150810212308.jpg
羊蹄山は雲海の向こうにうっすらと見えました。
夏休みだし家族連れが多いのかと思いきや、静かな山歩きを楽しめました(かなり暑かったけど)。

DSCF2572_convert_20150810212159.jpg
こちらは茂津多(もつた)コース。茂津多岬からの10キロの長大なコースですが、いつか歩いてみたいものです。
登山を始めて以来ずーっと来たかった山に登れて満足な1日でしたー。


週末、日曜日、天気予報では空知地方が良さそうということで、雨竜町の南暑寒岳に行くこととしました。実に11年ぶりです!前回は人ごみを避けるため、平日休みを取って行きましたが、最近は登山客は減っているそうです。

DSCF2477_convert_20150803171027.jpg
登山口の「雨竜沼湿原管理棟」。ここで入山届を出します。環境美化整備協力金として1人500円支払いました。自販機あります。ちなみにコーラは170円でした。

DSCF2478_convert_20150803171048.jpg
朝6時にスタートです。第一吊り橋を渡ると山道になります。朝の登山口は涼しかったのですが・・

P1030532_convert_20150803171517.jpg
はじめはエゾアジサイがいっぱい!登山道はうっそうとしていて展望は利きません。

DSCF2480_convert_20150803171106.jpg
30分ほどで白竜ノ滝の展望台に到着。
ここから先は急登が続きます。雨竜沼湿原に着くまで、展望はほぼありません。

DSCF2483_convert_20150803171123.jpg
歩き始めて1時間20分で湿原の入口に到着。視界がパーッと開ける瞬間、大好きです!

DSCF2488_convert_20150803171142.jpg
展望テラスです。右が暑寒別岳、左がこれから向かう南暑寒岳です。

DSCF2499_convert_20150803171159.jpg
最盛期は7月ですが、8月でも花は咲いてます。

DSCF2505_convert_20150803171233.jpg
ウリュウコウホネ
DSCF2536_convert_20150803171449.jpg
エゾベニヒツジグサ

DSCF2506_convert_20150803171251.jpg
湿原を終えると、階段の急登がありますが、すぐに緩やかな登りになります。湿原の木道にクマさんの大きな落し物が・・思えばこれが不吉の前兆でした

DSCF2534_convert_20150803171416.jpg
湿原を振り返って。湿原歩きはホント気持ちいいです!

DSCF2508_convert_20150803171306.jpg
南暑寒岳への道はアキノキリンソウロード。ところが、至る所にクマの掘り返しと湯気の立ちそうな真新しいフンが・・
オットは引き返したいようでしたが、日曜日だしこれから登山者が来るだろうと笛を吹きつつ歩き続けましたー。
暑い中笛を吹くのもしんどいのです。しまいには「来なきゃ良かった」と後悔され、山をチョイスした私としては、少し責任を感じました。

DSCF2524_convert_20150803171340.jpg
湿原の出口から1時間20分、登山口から3時間50分で頂上です。暑さとクマの恐怖でヘロヘロ。おまけにしつこいハチに付きまとわれ、まさに苦行でしたー。
前回はムシが多かったので殺虫剤を持参しましたが、予想に反して全然いなかったです。代わりにトンボがたくさん飛んでました。秋が近いのですねー。

DSCF2526_convert_20150803171356.jpg
暑寒別岳です。縦走路がクッキリ見えます。ここから2時間半位でしょうか。行くことはないと思いますが・・

DSCF2515_convert_20150803171322.jpg
左の小さなピラミッド型の山は黄金山、右は奥徳富岳、そのまた右の形の良い山は群別岳。この山は眺めがいいです。

オットは「もう来ない」と言っているので、せめて頂上でゆっくりしたかったのですが、誰もいなくなってしまったので仕方なく下山開始です。
登ってくる登山者は、特にクマの心配をしている風でもなく、フンの近くでドッカと座って休んでいたり、我々が一番のビビリーだったようです

下山後は、管理棟でもらった割引券が使える「いきいき元気村(300円)」に行きましたが、温泉ではなく入浴施設でした温泉好きの私としては、大失態です。暑さでカンが鈍ったのかなー。
帰りは砂川に寄って「ナカヤ」のアップルパイを買って気を取り直しました!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。