上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.05.28 たまには・・
先日、NHKのニュースで札幌出身の漫画家、三原順の没後20年展が紹介されてました。
42歳の若さで亡くなられたそうです。代表作の「はみだしっ子」の連載が始まったのは、私が小学生の時でした(私は、グレアム、アンジーとほぼ同い年なのです)。
ところどころ読んだことはあるのですが、最後まで読んだ記憶がありません。

で、無性に読みたくなって、探したものの売り切れ状態。
まー、予想はしてましたが、電子書籍はあるようなので、電子書籍リーダーと全6巻を大人買い。
こういう時は大人でよかったー!としみじみ思います。

DSCF2218_convert_20150528112745.jpg

ところが、操作がよく分からないのと(スマホも持ってないアナログ人間なので)老眼で見づらいのと、慣れるのに大変でした。
何とか全巻一気に読んで、今はちょっと放心状態です。
1巻からウルウルに・・。後半は、難解です。謎めいたところも多いし、当時の私では到底理解できなかったでしょうねー。

ラストは唐突に終わった感がありますが、ハッピーエンドだと思ってます。
グレアムを待つ3人の表情が穏やかだし、特にアンジーは、戻ってくるのを確信していると感じました。
これまでのはみだしっ子としての生活が終わり、新たな人生のページが開かれるのだと信じたいですねー。

DSCF2219_convert_20150528112800.jpg
これも買いました。こっちは紙ですけど。紙の漫画で育ったので安心します。
しばらくははみだしっ子ワールドに浸りそうですねー。

70年代から80年代前半は、少女漫画の黄金期でしたねー。
面白いものが沢山ありました。その印象が強くて、大学卒業してからはほとんど読まなくなりました。
最近、趣味の延長で「岳」は読んだけど・・。
萩尾望都なんて、あまりにも好きすぎて、今も活躍してますけど、がっかりすることが分かっているので最近のものは読みません。
昔の漫画を読んでノスタルジックな気分になるのもたまにはいいですね。







スポンサーサイト
週末、春ウニを求めて日高へ。
そのついでに新ひだか町三石の横山中岳に行ってきました。8年ぶりです。
前回登った時は、台風の倒木で登山道が消失しているところがありましたが、どうなっているのか気になります。

DSCF2189_convert_20150518150822.jpg
放牧地を横切って登山口へ。以前より草木が生い茂って、景色が一転してました。

DSCF2190_convert_20150518150837.jpg
登山口です。標識が大分古くなってました。

DSCF2210_convert_20150518151003.jpg
気持ちのいい新緑のトンネル。ただ、この日は風が強くて大変でしたー。

DSCF2212_convert_20150518151019.jpg
前回は全然通れなかった倒木個所。

DSCF2192_convert_20150518150854.jpg
ちゃんと通れるようになってました。

DSCF2207_convert_20150518150942.jpg
登山道にはサクラソウがいっぱい!強風でピントを合わせるのに苦労しました
至る所にシカのフンがありましたー。たまにクマのも・・

P1030193_convert_20150518151116.jpg
ここは日高の山特有の急登が続きます。

DSCF2202_convert_20150518150910.jpg
頂上直下の急登。
強風で木のこすれる音が獣の鳴き声に聞こえてゾーッとしました。
笛を鳴らしながら登りましたよー。

DSCF2203_convert_20150518150926.jpg
登山口から1時間半で頂上です。標識は朽ち落ちてました。
気が付くと足がダニだらけ!笹漕ぎをしたわけでもないし、肌寒い日だったのにー。
腰を下ろすことも出来ず、天気もスッキリしないので早々に下山です。

DSCF2214_convert_20150518151036.jpg
海の方は晴れているのですが、山はどんよりしてました。
以前はダニの心配なんてしたことがなかったのに、確実に増えてます
日高の山は秋がいいかもしれません。

DSCF2217_convert_20150518151100.jpg
この山ではシカとヘビを見てますが、今回はタヌキでした。北海道にもいるのねー。

下山後の温泉は、静内温泉500円。2年前にリニューアルしたそうでとてもキレイになってました。
茶褐色のお湯が効きそうです。サウナはありますが露天風呂はありません。
ここのソフトクリームは、コーンがメープル味でクリームも美味しかった!

GW最終日、渋滞に巻き込まれるのはイヤなので、近場の定山渓小天狗岳に行ってきました。

DSCF2138_convert_20150506210902.jpg
定山渓ダム下園地の登山口です。
園地のゲートは閉まっていたので道路脇に駐車しました
案内板には、開園は5月上旬から(9時~)とアバウトな書き方、今日はまだ上旬じゃないのですねー。

DSCF2186_convert_20150506211035.jpg
登山道にはエゾエンゴサクが咲き乱れてました。

P1030163_convert_20150506211057.jpg
エゾエンゴサク&カタクリロードです。やっぱりこの山は春がいいです!

P1030165_convert_20150506211116.jpg
カタクリをズーム。
天狗とつく山は険しいと言われますが、この山も全般的に急でした。

DSCF2148_convert_20150506210920.jpg
1時間で頂上です。狭いうえに四方が切れ落ちているので注意ですね。
何度も登っていますが、誰もいない頂上は初めてでした。まったりしましたー。

DSCF2150_convert_20150506210956.jpg
正面の定山渓天狗岳と真っ白な余市岳をズーム。

DSCF2161_convert_20150506211012.jpg
さっぽろ湖の向こうに昨年登った神威岳(右)と烏帽子岳(左)が見えました。
国道から見ると神威岳の存在感がスゴイですが、こう見ると烏帽子岳も堂々としてます。
秋ごろに登りたいですねー。

下山後の温泉は、小金湯温泉「まつの湯」600円。
黄色っぽいお湯が効きそうです。豊平川に面した露天風呂がいいですよ。
ここの音更町直送餃子、皮が厚くて美味しかったー。




GW遠征3日目、屈斜路湖岸の藻琴山に行きました。

P1030145_convert_20150505183544.jpg
展望施設「ハイランド小清水」の夏山登山口をスタート。最初は雪はありません。

P1030147_convert_20150505183602.jpg
屈斜路湖を眺めながら進みます。左側は切れているので少し怖いです

P1030150_convert_20150505183624.jpg
斜里岳(右)と海別岳(左)を背に。
斜里岳はもう10年位登ってないので、夏にでも行きたいですねー。

DSCF2106_convert_20150505183446.jpg
頂上直下の「広場」。結局スノーシューは背負って行ったものの使わなかったです。

P1030152_convert_20150505183642.jpg
最後の登り。ちょっと急ですが、思ったより時間がかからなかったです。

DSCF2107_convert_20150505183503.jpg
登り始めて1時間15分で頂上です。展望の山ですねー。頂上は結構狭いです。

P1030157_convert_20150505183703.jpg
斜里岳を眺めながらのんびり下山。久々の道東の山でした。

DSCF2127_convert_20150505183521.jpg
これは翌日の移動日に国道沿いの「双岳台」から撮りました。
(手前から)雄阿寒岳、フレベツ岳、雌阿寒岳、阿寒富士が一望に。道東もいい山が多いです。
それにしても遠いわー。9時に宿を出発して札幌に帰り着いたのは4時半でしたー。

今年のGWは道東と決めて、当初、阿寒湖近くのフレベツ岳に行こうとしていましたが、
山行記録によると展望がいまひとつのようで、急きょ上川町のチトカニウシ山に変更しました。

P1030131_convert_20150505090531.jpg
北見峠手前の駐車場に車を停めて林道をスタート。雪が結構あります。

DSCF2073_convert_20150505090305.jpg
林道から天塩岳が見えました。

DSCF2074_convert_20150505090321.jpg
林道をひたすら進みます。

DSCF2075_convert_20150505090340.jpg
林道の向こうに大雪山も見えてきました。

DSCF2076_convert_20150505090400.jpg
50分で林道終点です。チトカニウシ山の全容が見えました。手前の1258mピークはなかなか急そうです。

DSCF2081_convert_20150505090420.jpg
はじめはなだらかな疎林を進みます。いかにも迷いそうですねー。

DSCF2086_convert_20150505090457.jpg
どんどん急になります。

P1030137_convert_20150505090545.jpg
大雪をバックに急な斜面をひたすら進みます。

DSCF2083_convert_20150505090440.jpg
こんな贅沢な景色を2人占めです!

DSCF2088_convert_20150505090515.jpg
歩き始めて2時間半で1258mピークに到着です。
頂上を双眼鏡で見ると、ハイマツがむき出しになっていて登頂は難しそうです。
手前まで行っても、景色はあまり変わりなさそうなので、ピークでゆっくりくつろいでから下山しました。
この日はここから摩周温泉まで行かなければならないのでー。
DSCF2046_convert_20150505083006.jpg
楽しいGWの始まりです!
5月1日(金)上川町への移動日ですが、どこか手ごろな山に登りたいということで旭川の鬼斗牛山に行きました。
高速の旭川北インター付近の左手に見えるちょっと目を引く山で、以前から気になってました。
農園を少し過ぎた貯水池のそばに車を停めて林道をスタートです。

DSCF2047_convert_20150505083020.jpg
林道にあった白樺林と桜。今年は桜の開花が早いです。

DSCF2069_convert_20150505083056.jpg
登山口です。
いきなり直登!八剣山を思わせる急な登りで、ふくらはぎがつるかと思いました

P1030120_convert_20150505083115.jpg
カタクリとエゾエンゴサクも咲いてました。春ですねー。

DSCF2053_convert_20150505083038.jpg
30分もかからずあっけなく登頂。上川盆地が見渡せます。
大雪山もうっすらと見えました。冬の空気が澄んでいる時に来たいですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。