上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.03.30 ウイスキー
P1020955_convert_20150330173708.jpg
朝ドラ「マッサン」も終わってしまいましたねー。
あまりお酒は飲まない私ですが、
「竹鶴17年ピュアモルト」が海外で受賞したことと関係しているのか、品薄状態が続いているそうです。

コンビニに小瓶(180ml)が売っていたので試しに買ってみました。
ちなみに、ロー○○ではセ○○より100円程度安かったですが、売り切れてました。
お酒の値段って違うんですねー。

ドラマに習ってストレートで一口。
香りがすごくいいです。「芳醇」という言葉がぴったりきます。
ピリッとした後に甘味がフワーっと広がり、想像以上に美味しかったです!
普段お酒を飲まない私が言うのだから間違いなし、と思います。

スポンサーサイト
金曜日、オットが休みを取ったので、南区定山渓の大沼山に行ってきました。

P1020934_convert_20150329102053.jpg
豊羽鉱山のゲート前に駐車スペースがあります。さすが平日、車は1台も停まっていません。
ゲートの奥に定山渓天狗岳が見えます。これは期待できそう!
登山口は、ここから歩いて5分ほど戻ったヘアピンカーブのところで、豊羽小学校があった付近です。
私の通っていた中学校に豊羽小学校出身の子がいたことを思い出しましたー。

P1020881+(2)_convert_20150329101814.jpg
取り付きは少し急ですが、そこを超えると気持ちのいい林が・・

P1020883_convert_20150329101829.jpg
山スキーのトレースがあったので、迷うことなく進めます。

P1020886_convert_20150329101844.jpg
定山渓天狗岳をズーム。ものすごい迫力です!

P1020889_convert_20150329101906.jpg
875mピークは巻いて進みました。今度は真っ白な余市岳を背に登ります。

P1020896_convert_20150329101923.jpg
コース中、一番の難所です。急なので斜めに進むも、スノーシューが雪をかまずズルズル・・
高度感もあるし滑落したら大変と、脚に力が入ってしまいます。
実際は、ベタ雪なので転んでも滑ることはないのでしょうが。

P1020902_convert_20150329101940.jpg
何とか難所をクリアーして、余市岳をバックにひたすら登ります。
ところどころにピンクテープの目印をつけながら。

P1020905_convert_20150329101957.jpg
最後の登りです。なだらかそうに見えますが、結構急で、ズルズルしながら頂上へ。
左から巻いて登ったほうがよかったみたいです。

P1020910_convert_20150329102019.jpg
登り始めて2時間40分で絶景の頂上に到着。正面は無意根山です。
pm2.5の影響か、羊蹄山はガスってました。この日は風が強く、立っていられません早々に下山開始です。

P1020922_convert_20150329102038.jpg
フカフカの新雪だったので、下山は楽でしたー。ベタ雪で尻すべりはできなかったけど。
このあたりに多いというスノーモービルの爆音に悩まされることもなく静かな山歩きが楽しめました。
週休三日だったらいいですよねー。
2015.03.23 ヒップソリ
週末、日曜日の天気は悪いとの予報だったので、オットは連日の残業+二日酔いで体調不良でしたが
無理して土曜日、南区滝野の野牛山へ。
ところが、登山口付近は民家で駐車場所がなく、仕方がないので近くの滝野すずらん丘陵公園へ行ってきました。

散策コースをスノーシューでブラブラして、斜面で買ったばかりの「ヒップソリ」を試しました。
P1020880_convert_20150323154021.jpg
アウターの色に合わせてます。
登山用品の専門店だと、輸入品しかなく、なかなか高価なのですが、これはネットで見つけました。
パンダ印の子供用で616円!お尻が収まるか不安でしたが
薄くて柔らかいので、すぐ壊れそうですが、結構すべります。
スノーシューだと登りは山スキーより早いのですが、下りが時間がかかるのでー。

帰りに石山の「正直庵」に寄りました。
P1020876_convert_20150323154044.jpg
私の大好物、冬季限定かきせいろ(1,300円)。
ちょっと高いですが、温かいつけ汁の中に大きなかきが六つも入ってます。超オススメです!

何ともしょぼい休日となってしまいましたが、たまにはこんな日もあるさー。
冬場は駐車スペースがあるか事前にリサーチしなければ・・


週末、今シーズンまだ2回目の雪山なので軽めの山、ということで南区の藤野富士に登りました。
藤野聖山園の裏にある山です。

P1020872_convert_20150315170350.jpg
聖山園の管理事務所から見た藤野富士。形がいいです。お墓が雪に埋もれてます
管理事務所に登山者名簿があります。
車道を一番上まで進んだところに駐車スペースがあるので停めさせてもらいました。

P1020835_convert_20150315171510.jpg
ツボ足のトレースがあったので、それに従います。
林道と交差したら左に曲がり、しばらく林道を進みます。

P1020837_convert_20150315170149.jpg
案内標識とテープの目印があるので、ここから森の中に入ります。

P1020840_convert_20150315170212.jpg
時々木の枝からドサッと雪が落ちるので注意ですね。
最初は平たんですが、だんだん急になります。

P1020860_convert_20150315170303.jpg
見晴台。ここから頂上までは笹や岩が露出して登りづらい個所がありました。

P1020861_convert_20150315170318.jpg
見晴台から見た支笏湖方面。残念ながら曇っていてイチャンコッペ山と紋別岳がかすかに見える程度でした。

P1020842_convert_20150315170229.jpg
登り始めて1時間40分で頂上です。低山とはいえ、なかなか登り応えのある山でした。

P1020848_convert_20150315170248.jpg
頂上は貸し切り状態でまったりしましたー。
こちらは札幌の街方面。藤野の山は、木にさえぎられてよく見えません

P1020869_convert_20150315170334.jpg
下山後、駐車スペースで撮った、「藤野三豊山」の豊平山(左)と豊見山(右)。
もう一つは、藤野スキー場(リュージュコースがあります)の山で豊栄山というそうです。
藤野小学校卒業なのに山の名前、知らなかったです
豊平山はかなり急そうですが、夏道があるようなので、登ってみたいですね。


オットの誕生日のお祝いに、久し振りに創作フレンチの「ヌーベル プース」に行ってきました。
ここの味はかなり好きな方です。
シェフお任せの3,600円のコースにしました。

P1020782_convert_20150312194953.jpg
アミューズの函館産ほうれん草のポタージュ、カプチーノ仕立て。
ナツメグの風味が効いてます。

P1020783_convert_20150312195009.jpg
前菜のニシンのグリル、バルサミコソースとポテトサラダ。
サラダには数の子が入っていて、プチプチした食感がいいです。
ニシンは今が旬ですねー。最近、スーパーでよくお刺身を買います。

P1020784_convert_20150312195023.jpg
白老産サクラマスのグリエ、サラダ玉ねぎとパプリカのマリネ。
緑のソースは、グリンピースのピューレです。
旬な道産素材をふんだんに使ってますねー。

P1020785_convert_20150312195037.jpg
知床鶏のササミのベーコン巻きロースト、鶏白レバーのポワレ、ポーチドエッグ、アンディーブのロースト添え。
肉料理でササミは珍しいかも。

P1020786_convert_20150312195052.jpg
デザートの日向夏のグラタンとアイスクリーム。
パイ生地をすごーく薄くしたようなカンジでパリパリしてます。フランボワーズのソースが甘酸っぱい。

P1020787_convert_20150312195105.jpg
ここのハーブティーは、数種類のハーブから自由にブレンドできます。
お茶うけのお菓子も美味しいです。クッキーと思ったら、口の中でとろけるような柔らかさでした。
シェフの丁寧な仕事ぶりが伝わりますねー。ディナーでこの値段はかなりお得だと思います。
そして、帰りは必ずシェフがお見送り。静かで落ち着けるオススメのお店です。

<創作フランス料理レストラン ヌーベル プース>
 札幌市中央区北1条西15丁目1-3 大通ハイム1F
 TEL 011-887-7891
年明け後、オットは超繁忙期で全く休みのない生活続き、山からすっかり遠ざかってました
ようやく週末休めるようになったので、札幌市内の盤渓山に行ってきました。
盤渓スキー場の山かと思いきや、あちらは三菱山というそうで、全く別の山です。

P1020789_convert_20150309131638.jpg
「盤渓市民の森」の駐車場に車を停めてスタート。スペース確保するため雪かきしました
車道を少し進み、左手の林の中に入ります。トレースがしっかりついているので迷う心配はありません。
雪の疎林は気持ちいいです。

P1020792_convert_20150309131653.jpg
少し急なところもありますが大丈夫。雨の日が続いたのでベタ雪でした。

P1020798_convert_20150309131707.jpg
もうすぐ頂上。天気もいいし、期待できそう!

P1020801_convert_20150309131722.jpg
ゆっくり歩いて1時間半で頂上です。夏道がないのに標識は結構立派です。

P1020820_convert_20150309131854.jpg
頂上は狭く、片側がスッパリ切れ落ちているので低山なのに高度感があります。

P1020808_convert_20150309131758.jpg
昨年の秋に登った神威岳と烏帽子岳、百松沢岳が見えました。

P1020816_convert_20150309131821.jpg
札幌の街を一望!左の小さな山は円山です。
この日は暖かく、静かな頂上に1時間もまったりしました。久し振りの山で癒されましたー。
なかなかいい山ですよ!

P1020827_convert_20150309131836.jpg
下りは結構急で苦戦ツボ足の方がよかったのかも・・
雪山は初心者なので、安全第一でいきたいですねー。
そういえば、先日、余市岳で遭難事故がありましたね。昨年の4月に嬉々として登ったところなだけに驚きました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。