上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GW、ニセコも2日目だから軽い山にしようとイワオヌプリへ。
さっさと下山して積丹観光でもと思ってましたが、とんでもなく甘い考えでした
五色温泉近くの道道の除雪終点からスタートです。

P1010188_convert_20140430151805_201404301519277d9.jpg
しばらく道道を進みます。
倶知安町のカントリーサインがこんなになってましたー。イワオヌプリをバックに。

P1010165_convert_20140430151355.jpg
イワオヌプリを見ながら、夏山登山道よりかなり右側から回り込みます。
前日同様、気温が高かったのですが、風が強くてあまり感じなかったです。

P1010172_convert_20140430151514.jpg
取り付き個所を間違えてしまったようで、ドンドン急になりました。怖くて下は見れません
引き返すことも出来ないので、ただ登るしかないのですが、今度はズルズル滑って上手く登れません。

P1010173_convert_20140430151551.jpg
幸い(?)ハイマツ帯があったので、スノーシューを脱いでハイマツの急斜面をよじ登って稜線へ。
後ろはニセコアンヌプリです。それにしてもしんどかった!

P1010182_convert_20140430151633.jpg
雪のない稜線からニセコの山々が・・一番右は岩内岳です。最高地点まで1時間半かかりました。
立っていられないぐらいの強風で、景色をゆっくり楽しむこともできません

P1010183_convert_20140430151726.jpg
正面はニセコアンヌプリです。下山しようにも急すぎて下れず、ウロウロしました。
結局夏山登山道まで回り道をしてようやく下れそうなところを見つけました。
先行者のトレースをあてにしてはいけませんねー。

P1010184_convert_20140430151745.jpg
慎重に下ります。何のことはない、登りもこのルートを使えばあんな怖い思いをすることはなかったのでしたー。反省しきりです。「戻れて良かったー」と心底感じました。
スポンサーサイト
P1010128_convert_20140428134553.jpg
GW前半の初日、ニセコのシャクナゲ岳へ行きました。
チセヌプリスキー場をスタート。スキー場が営業していたときは、リフトで一気に登れたのですが・・

P1010133_convert_20140428134616.jpg
リフトに沿って登ります。左手に綺麗な形のシャクナゲ岳が見えてきました。
この日は札幌は24℃まで上がり、汗が噴き出ました前日までストーブ焚いていたというのに。

P1010136_convert_20140428134638.jpg
1時間かかってようやくスキー場を抜け、チセヌプリを右手に見ながら進みます。
山スキーの人が沢山登っているのが見えました。

P1010138_convert_20140428134704.jpg
左がシャクナゲ岳、真中は「ビーナスの丘」。悪天候時は迷いやすいところです。

P1010139_convert_20140428134724.jpg
最後の登り。迫力あります。右側から巻いて頂上へ。雪質はシャリシャリで滑りやすいです。

P1010145_convert_20140428134750.jpg
スキー場から2時間半で頂上です。正面は目国内岳。絶景を二人占め!

P1010147_convert_20140428134818.jpg
チセヌプリとその後ろにニセコアンヌプリ。
気温が高すぎるせいか、遠くの山ははっきり見えなかったです。
暖かかったので頂上で1時間もまったり。後からスキーの人が続々と登って来ました。

P1010157_convert_20140428134900.jpg
左からニトヌプリ、ニセコアンヌプリ、うっすら羊蹄山。
スキー場では尻滑りをしながら下りました。

下山後の温泉は、くっちゃん温泉「ホテルようてい」、800円也。
美人の湯で肌がツルツルになりますよー。
週末、石狩市浜益区の愛冠(あいかっぷ)岳へ行ってきました。
夏山登山道のない山です。

P1010125_convert_20140421194327.jpg
旧送毛トンネルの横の急斜面から登り始めます。
近くに新しいトンネルが開通して、このトンネルの通行はできなくなりました。
雪が締まっていそうなので、スノーシューは車に置いたまま、
前日秀岳荘で購入したモンベルの簡易アイゼンでスタートです。

P1010085_convert_20140421193946.jpg
いきなりの急登り!スノーシューのアイゼンの方が断然安定感がありましたー。
でも急なところはここだけで、尾根に出てからはずっと緩やかな登りです。

P1010091_convert_20140421194010.jpg
気持ちのいい林の中を進みます。奥に真っ白な増毛山地が見えてきました。

P1010092_convert_20140421194046.jpg
1時間で頂上です。積丹半島の山が見えます。羊蹄山やニセコの山もバッチリ見えました。
本当のピークはもう少し奥にあります。

P1010116_convert_20140421194205.jpg
こちらが本当の頂上です。増毛山地がクッキリ!

P1010114+鮟・≡螻ア繝サ蜊玲囁蟇貞イウ_convert_20140421194138
手前の円錐型の山は去年登った黄金山。
夏山登山道の少ない増毛山地にあって手軽に登れる貴重な山です。

P1010119+豬懃寢蟯ウ_convert_20140421194237
浜益岳。迫力あります!残雪期に登ってみたいですねー。

P1010121+髮・・螻ア_convert_20140421194302
雄冬山。手前に浜益の町が見えます。
この日は暖かかったのですが、頂上でゆっくりしているとさすがに体が冷えてしまいました。

下山中、向かいの飛散岳に登ろうかと話していたところ、道に迷ってしまい、
それどころではなくなりました。
低山なのに、っていうか低山の方が林の中で目標物が見えなくなって迷いやすい気がします。
結構焦りましたが、何とか下山できました
雪山初心者なので、木にテープを巻いたり対策しないとダメですね。

下山後の温泉は、浜益温泉。500円也。露天は4月26日からです。






週末、風は強いけどまずまずの天気。10年ぶりに余市岳へ。
夏山登山口に通じる林道が車両通行止めとなったため、ずーっと行ってなかったのです。

P1000997_convert_20140414143433.jpg
赤井川村のキロロスキー場のゴンドラ山頂駅から見た余市岳。
ゴンドラは往復で1,500円でした。ゴンドラ山頂駅前のロープを超えてスタートです。

P1010007_convert_20140414143502.jpg
しばらくはだだっ広い雪原(通称「飛行場」)を進みます。
天気の悪いときは迷いやすいので要注意ですね。
この日の天気はサイコーでしたが、風が強くて大変でしたー

P1010011_convert_20140414143532.jpg
一旦下って北東コルから急な登りが待っています。すごい迫力!

P1010015_convert_20140414143558.jpg
なかなかの急こう配ですが、スノーシューのアイゼンがよくささってグングン進めます。
夏と違って汗もあまりかかず、消耗が少ないのでわりと短時間で登れました。
果たして向こう側に羊蹄山が見えるのかドキドキします。

P1010017_convert_20140414143627.jpg
ゴンドラ駅から1時間半で頂上です。羊蹄山もクッキリ!
前に来たときは、ガスで視界が全く効かなかったので喜びもひとしおです。

P1010020_convert_20140414143655.jpg
ニセコ連峰。一番左が、スキー場のあるニセコアンヌプリです。

P1010027_convert_20140414143719.jpg
尻別岳とその後ろのルスツスキー場。

P1010028_convert_20140414143745.jpg
羊蹄山とニセコ連峰。360度丸見えです!冬山って本当に綺麗で、
ハマる人の気持ちが分かります。
この日は風がものすごく強くて指先が冷え切ってしまいました。
夏は頂上でまったりするのが好きですが、冬はのんびりしてられませんね。
筋肉も固まりそう

P1010045_convert_20140414143835.jpg
定山渓天狗岳。見ての通り険しくて、以前登ったときは全身筋肉痛になりましたー。

P1010039_convert_20140414143810.jpg
「飛行場」から増毛山地が石狩湾に浮かんで見えました。
樺戸山地までクッキリ見えましたが、こんなことめったにないですねー。

例年この時期は、ひたすら夏山シーズンの到来を待っていたものですが、
優れもののスノーシューのおかげで山のシーズンオフがなくなりつつありますね。


週末、土曜日は吹雪でしたー。4月だというのに・・
日曜日は太平洋側の天気がよさそうとのことで、室蘭岳に行ってきました。7年ぶりです。

P1000978_convert_20140407184447.jpg
強風の中、夏山の登山道を進みます。
雪が解けて地面が見えているところも・・太平洋側は雪が少ないですねー。
スノーシューを脱いで背負い、スノーブーツに軽アイゼンをつけて歩きました。
雪が締まっているので、最後までツボ足で大丈夫でした。

P1000976_convert_20140407184418.jpg
ダケカンバの美しい森の中を進みます。天気は急速に悪く、風も益々強くなりました

P1000981_convert_20140407184509.jpg
室蘭の白鳥大橋と遠くに真っ白な駒ヶ岳が見えました。まだ登ってませんねー。

P1000986_convert_20140407184604.jpg P5120094_convert_20140407184638.jpg
1時間20分で頂上です。標識は雪に埋もれてました。右は前回、5月に登った時のものです。

P1000991_convert_20140407184540.jpg
昨年11月に登ったカムイヌプリ。縦走するのは大変そうですねー。
強風でじっとしてられないので早々に下山です。体の芯から冷えましたー。

下山後の温泉は、虎杖浜温泉「ホテルいずみ」530円也。
晴れていれば露天風呂から太平洋が眺められます。
体にまとわりつくようなねっとりしたお湯が効きそうです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。