オロフレ山に行ってきました。
シラネアオイの大群落で有名な山で、シーズンの6月上旬から中旬は登山道が渋滞するほどの人気です。

DSCF0771_convert_20130628152735.jpg
登山口のあるオロフレ峠。すでに標高は900mを超えていて、風が冷たかった!
奥に見えるのは、登別温泉近くのクッタラ湖です。

DSCF0772_convert_20130628152822.jpg
登山口です。広い駐車場は車でいっぱい。家族連れやグループが多いですね。
しばらく緩やかな登りが続きます。

DSCF0776_convert_20130628152852.jpg
羅漢岩です。唯一危険な箇所で慎重に進みます。

DSCF0781_convert_20130628152923.jpg
頂上が見えました。数珠繋ぎの登山者が登っていきます。ツアーでしょうか。

DSCF0789_convert_20130628153007.jpg
最後の急な登りです。結構登り応えがあります。

DSCF0795_convert_20130628153139.jpg
1時間30分で満員御礼の頂上です。広くて花が少なく殺風景です。これはペンキ塗りたての標識。

DSCF0792_convert_20130628153049.jpg
先週登った徳舜瞥山とホロホロ山が見えました。残念ながら羊蹄山は雲の中でした。
人が多くて落ち着かないので早々に下山開始。お昼は峠で食べました。

DSCF0804_convert_20130628153220.jpg
羅漢岩のそばの谷に咲いていたチングルマ。ズームで撮りました。
低い山でも咲いているんですねー。
シラネアオイも少しですがまだありました。初心者でも気軽に登れる山ですよ。

下山後の温泉は、ばん渓温泉ふれあいセンター。390円也!
ただし、石鹸、シャンプー、露天風呂、サウナありません。銭湯の雰囲気です。


スポンサーサイト
伊達市大滝地区(旧大滝村)の徳舜瞥山に行ってきました。

DSCF0722_convert_20130621101854.jpg
札幌から日帰りで気軽に行ける人気の山なので、すでに駐車場は満車状態でしたー

DSCF0723_convert_20130621101923.jpg
登山口です。すでに5合目とのこと。ホロホロ山とは、徳舜瞥山の隣の山で縦走できます。

DSCF0725_convert_20130621101950.jpg
綿毛の舞う中、始めは沢沿いの道を行きます。
モスクワ留学中、同じ時期にトーポリ(ポプラの一種)の綿毛が街中舞っていたのを思い出しました。

DSCF0726_convert_20130621102016.jpg
まだ雪を被った羊蹄山。手前は尻別岳です。
札幌から中山峠に入ったとき、「あれっつ、羊蹄山かな?」と錯覚する山です。

登山道は全般的に急です。前日の雨のせいかドロドロのところもありました。
DSCF0770_convert_20130621102339.jpg
冷気が漂うカンジがすると思ったら、木の根の空洞の中が凍ってました!
千メートルを超える高い山なんだと実感。

DSCF0734_convert_20130621102133.jpg
1時間40分ほどで頂上です。
正面に見えるのは有珠山。左手にはシラネアオイで有名なオロフレ山があります。

DSCF0735_convert_20130621102158.jpg
ちょっと雲が多いですが、支笏湖が見えました。湖岸の山では唯一恵庭岳が未登です。

頂上は、アズマギクとミヤマオダマキの群生がありました!
DSCF0730_convert_20130621102043.jpg

DSCF0731_convert_20130621102109.jpg

DSCF0754_convert_20130621102247.jpg
名前分かりませんが、緑があまりにもキレイだったので撮りました。DSCF0763_convert_20130621102314.jpg
サンカヨウ
DSCF0744_convert_20130621102220.jpg
隣のホロホロ山。かすかに縦走路が見えます。往復で1時間くらいかかります。今回は時間がないのでパス。
数年前にホロホロ山に登ったとき、丁度白老町の山岳会のイベントがあって豚汁をご馳走になりました。
あのときの方、ありがとうございます!!

恒例の下山後の温泉は、北湯沢温泉の名水亭にしました。700円也。露天風呂が広いです。


この時期の定番、伊達紋別岳に行ってきました。

DSCF0671_convert_20130611091933.jpg
登山口は伊達市の「太陽の園」という施設の敷地内にあります。
ここは八重桜が多いのですが、大分散ってました。

DSCF0717_convert_20130611092627.jpg
気持ちのいい緑のトンネルを進みます。最初から結構急で汗だくになりました

DSCF0674_convert_20130611092001.jpg
30分ほどで3合目の「一望台」に到着。この日は快晴で、羊蹄山、ニセコの山々、洞爺湖、
昭和新山、有珠山などきれいに見えました!

DSCF0683_convert_20130611092145.jpg
1時間で7合目の「いっぷく広場」に到着。一気に展望が開けます。ここで丁度半分です。
前方には駒ヶ岳が見えます。

DSCF0692_convert_20130611092249.jpg
前紋別岳からようやく頂上が見えました。

DSCF0713_convert_20130611092732.jpg
前紋別岳から7合目を振り返って。直射日光浴びながら結構歩きましたー。

DSCF0704_convert_20130611092559.jpg
アップダウンを経て2時間ほどで頂上です。何回も登ってますが、こんなに晴れたのは初めてです!

DSCF0701_convert_20130611092505.jpg
羊蹄山をズーム。

DSCF0700_convert_20130611092439.jpg
ニセコ連山をズーム。一番手前がニセコアンヌプリです。
洞爺湖の中島もくっきり見えます。

DSCF0694_convert_20130611092405.jpg
噴火湾も丸見え!遠くに真っ白な狩場山、大平山も見えました。いずれも未登です。
以前登ったときには花が少ないと思いましたが、結構多かったです。登る時期によって全然違いますね。

DSCF0673_convert_20130611093337.jpg
ミヤマオダマキ(ちょっとピンぼけしてますが・・)

DSCF0686_convert_20130611093401.jpg
ハクサンチドリ

DSCF0689_convert_20130611093424.jpg
ミヤマアズマギク

DSCF0710_convert_20130611093510.jpg
オオバタチツボスミレ・・だと思います(花の名前には詳しくないので、間違っているかもしれません)。

DSCF0716_convert_20130611093533.jpg
ウラジロキンバイ

DSCF0719_convert_20130611093615.jpg
登山口の近くにあった八重桜

下山後は、壮瞥町の公共温泉「ゆーあいの家」で汗を流しました。
390円、安い!ただし、シャンプー、石鹸等ありません。露天風呂やサウナもないです。
北の湖記念館の隣にあります。

石狩市浜益地区(旧浜益村)にある未登の黄金山に行ってきました。
日帰りで行くにはちょっと遠いのと、見るからに急なのでこれまで何となく避けてきました。
なんせ、この山容ですから
DSCF0624_convert_20130603103443.jpg

DSCF0626_convert_20130603103626.jpg
登山口です。立派なトイレも登山靴の洗い場もありましたよ。
始めは小川のせせらぎを聞きながら木立の中の緩い斜面を進みます。

DSCF0660_convert_20130603103721.jpg
分岐です。旧道は荒廃していると聞いていたので新道へ。
旧道に行く登山者も多かったです。どうやらお花狙いのようです。

DSCF0629_convert_20130603103801.jpg
少し開けて頂上が見えました。ここから急登りのスタートです。

DSCF0635_convert_20130603103830.jpg
ロープ場も多く、

DSCF0636_convert_20130603103858.jpg
梯子もあります。
高度を上げるほど急こう配になり、上半身も使って登ります。

DSCF0646_convert_20130603103930.jpg
前ピークから見た頂上です。スゴイ高度感!

DSCF0654_convert_20130603104025.jpg
一旦下ってから頂上へ。これは頂上から見た前ピークです。

DSCF0651_convert_20130603103956.jpg
1時間30分で頂上です。かなり狭いです。
正面には増毛山地の浜益岳、群別岳、奥徳富岳が見えます。どれも夏山の登山道がないのが残念。
右には南暑寒岳。最高峰の暑寒別岳は山の陰になって見えません。樺戸山地の山々も見えました。
この山は独立峰なので眺めもいいですが、お花も多いです。つらい登りですが癒されますよ。

DSCF0628_convert_20130603104542.jpg
ミヤマスミレ

DSCF0630_convert_20130603104608.jpg
コエゾサクラソウ

DSCF0644_convert_20130603104708.jpg
ムラサキヤシオツツジ

DSCF0661_convert_20130603104735.jpg
エゾノリュウキンカ この他にもいろいろなお花が咲いてました。

DSCF0663_convert_20130603104055.jpg
大満足の山行を終え、登山口から近い浜益温泉で汗を流しました。500円也。
これは帰りに国道451号から撮りました。田園風景に映えますねー。次回は旧道を歩きたいです。