上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
古民家カフェ「ハルテラス」でランチしました。
ここの庭には大きな桜の木があるので、お花見を兼ねて。運よく2階の窓側の席に座れました。

DSCF0584_convert_20130530092702.jpg
2階からの景色です。八重桜と枝垂桜をゆっくり堪能しましたー!

DSCF0574_convert_20130530092146.jpg
ピンクが眩しい八重桜。

DSCF0587_convert_20130530092334.jpg
札幌ではあまり見かけない枝垂桜。

DSCF0585_convert_20130530092308.jpg

DSCF0582_convert_20130530092240.jpg

肝心のランチの紹介です。
DCF00192_convert_20130530092427.jpg
日替わりランチ。コーヒー付きで千円也。お惣菜いっぱい付いてヘルシーです。

DCF00191_convert_20130530092448.jpg
ハンバーグセット。同じくコーヒー付きで千円也。ハンバーグは家庭の味です。
陶芸教室もやっているとのことで、器は手作りです。
デザートもいろいろあって美味しそうでした。くつろげますよー。

<CAFE・DININg ハルテラス>
 札幌市中央区南6条西18丁目2-11 なかよし公園の向いです。
 TEL 011-512-8802
スポンサーサイト
久しぶりの快晴。小樽の塩谷丸山に行ってきました。

DSCF0591_convert_20130529091824.jpg
登山口です。ちょっと怖いカンジがしますが、登山者が多いので大丈夫です。
この山はいつ行ってもこの看板がかかってますねー。

DSCF0593_convert_20130529091850.jpg
最初は、木立の中を行きます。特段急なところはなく、歩きやすいですが、
この日は暑かったので汗が噴き出ました

DSCF0597_convert_20130529092023.jpg
450m台地に出ると笹が多くなり、視界が開け、頂上が見えます。
雪解け水で登山道はドロドロ。頂上直下は雪が多く、軽アイゼンを着けました。

DSCF0596_convert_20130529091918.jpg
積丹半島方面です。積丹岳は真っ白。やっぱり日本海側は雪が多いですね。

DSCF0617_convert_20130529092121.jpg
頂上直下です(雪焼けしそう)。小樽のオタモイ海岸が見えます。

DSCF0615_convert_20130529092051.jpg
軽アイゼンの着脱にまごつき、時間がかかってしまいました。1時間40分で頂上です。
晴れてましたが、ニセコの山々までは見えなかったです。

DSCF0621_convert_20130529092148.jpg
シラネアオイ咲いてました。早いですねー。

DSCF0622_convert_20130529092214.jpg
小さいですが、ヒトリシズカもありましたよ。
「小樽の藻岩山」と呼ばれるだけあって、沢山の登山者でにぎわってました。










DSCF0540_convert_20130520103213.jpg
札幌はようやく桜が咲きました。これは花見客でごった返す円山公園で撮りました。
そういえば、北海道神宮境内の六花亭の「判官さま」有料になりました(1個100円)。
それでも相変わらずの行列でした。焼きたてなのでとても美味しく、また並んでしまいましたー。

「天狗」とつく山は険しいと言われますが、定山渓にある小天狗岳に行ってきました。
DSCF0548_convert_20130520103244.jpg
定山渓ダムコースの登山口です。

DSCF0553_convert_20130520103603.jpg
登山道にはカタクリとエゾエンゴサクが咲き乱れてます。

DSCF0552_convert_20130520103523.jpg
カタクリをズーム。定山渓はカタクリが多いそうです。

DSCF0570_convert_20130520103454.jpg
オオバナノエンレイソウもありました。札幌近郊ではあまり見かけないような気がします。

DSCF0560_convert_20130520103634.jpg
岩塔が見えてきたら、あと半分。
登山道は全般的に急で、ところどころに階段があります(かえって歩きづらい・・)。
木が倒れて登山道を塞ぎ、歩きにくいところもありました。
雪も多少残ってましたが、軽アイゼンを出すほどのものではありません。

DSCF0562_convert_20130520103353.jpg
1時間5分で頂上です。
枝が邪魔して分かりづらいですが、右が定山渓天狗岳、左の真っ白なのが余市岳です。
天狗岳は数年前に登りましたが、岩溝(ルンゼ)登りの難所があって、全身筋肉痛になりました

DSCF0565_convert_20130520103422.jpg
無意根山です。まだ真っ白です!

DSCF0573_convert_20130520103322.jpg
これはふもとの定山渓ダム資料館。敷地内の桜はまだ咲いてなかったです。
お花見の穴場にいいかも。

DCF00181_convert_20130520103703.jpg
下山後、「そば処 鳥花雪」でお昼ごはんを食べました。
野菜天ぷらそば、温泉玉子つきで800円也。
かきあげの大きさスゴイです(ざるではありません)そばの盛りもいいです。
札幌から定山渓に入って、2つ目のトンネルを出たすぐ左側にあります。

<そば処 鳥花雪>
 札幌市南区定山渓温泉2-94-1
TEL 011-598-5755 限定50食





札幌はまだ桜の開花宣言ありません。こんなに遅いことって記憶にないです。
この時期、登れる雪のない山は限られますが、近場で未だ登ったことがない八剣山に行きました。
なぜ登ったことがないかというと、見るからに険しそうで怖かったからです

DSCF0539_convert_20130513095212.jpg
南口コースの登山口です。いきなりの急登りで一汗かかされます。

DSCF0511_convert_20130513094642.jpg
登山道から見た頂上。まだ遠いです。

DSCF0530_convert_20130513095001.jpg
エンレイソウとエゾエンゴサク。

DSCF0537_convert_20130513095103.jpg
初めて見たエゾノイワハタザオという花です。

DSCF0513_convert_20130513094718.jpg
ロープを張った箇所が多いです。片側はすっぱり切れ落ちてるので、怖いです
なるべく下を見ないように進みます。稜線に出ると道幅が狭く、高度感スゴイです。
高所恐怖症の方にはオススメできませんねー。

DSCF0527_convert_20130513094846.jpg
頂上直下の登り(右側)。奥の岩稜の細いこと。

DSCF0516_convert_20130513094745.jpg
登り始めて40分程度で頂上です。気を抜けないところが多く、疲れました!
頂上は狭く、ゆっくりお湯を沸かしてカップ麺を食べる雰囲気ではありません。
正面は神威岳。林道が車で通れなくなって簡単には行けません。残念!

DSCF0518_convert_20130513094817.jpg
神威岳をズーム。独特の山容で、遠くからでもすぐ分かります。

DSCF0519_convert_20130513095031.jpg
豊滝の団地。一番手前は道路情報館。奥に札幌岳があるはずですが、曇っていてよく見えません。
簾舞中学校だったので、豊滝から通ってる子も多く、ここに遊びに行ったこともあります。

登山後は、ふもとの八剣山ワイナリーに寄って、ワイン、手作りジャム、はちみつを買いました。
下山時にすでに太もも痛かったです明日からしばらく筋肉痛に悩まされそうです。
シーズンの始めはいつものことですけど・・

DSCF0546_convert_20130520103750.jpg
1週間後に撮った道路情報館からの八剣山です。



函館といえば、ラッキーピエロのハンバーガー(オットは朝市の海鮮丼らしい)!
全国ご当地バーガー№1になったとのこと。
お昼時に店の前を通ると行列していて大変な人気のようです。
函館山に登った翌日は、恵山登山を予定してましたが、雨のため断念。
朝食抜きでトラピスチヌ修道院を観光した後、朝の10時すぎにラッキーピエロに行きました。

DCF00173_convert_20130508142011.jpg
トラピスチヌ修道院近くの戸倉店。この時間ですでに混んでました。
店内は遊園地に来たかのような華やかな内装です。
カウンターで注文してから席で待ちます。ファストフードではないので結構時間がかかります。
ハンバーガーのほかにも、カレー、オムライス、かつ丼、ハンバーグステーキ、スパゲッティ、
ピザ等々いろいろあり、ファミレスのようなカンジです。
そういえば、函館では全国チェーンのファミレスをほとんど見かけなかったです。
それも人気の所以かもしれません。
ハンバーガーの種類も多いです。酢豚とか変わり種もありました。

DCF00175_convert_20130508142036.jpg
一番人気のチャイニーズチキンバーガーです。
イメージと違い、鶏のから揚げがゴロゴロ3,4個入っていてボリュームあります。
鶏肉はふっくら。パンが焼いてあって香ばしいです。
これにラッキーポテトとウーロン茶がついて650円(№1セット)。
ポテトにはチーズがたっぷり。
そういえば店内に懐かしの岸朝子さんの「美味しゅうございます」のポスター貼ってました。

DCF00178_convert_20130508142055.jpg
これはラッキーエッグバーガー。単品で390円也。
ハンバーグはしっとりジューシーで、普通のハンバーガーのとは比べものになりません。
「ファストフードではない」という意味がよく分かりました。
店舗は道南にしかないようなので、函館に行った際には絶対に試す価値ありです!

<ラッキーピエロ戸倉店>
 函館市戸倉町30-1
TEL 0138-59-5888
2013.05.08 函館山
GWは、道南に登山遠征に行くことが多いのですが、今年は一日も晴れた日がなかったです。おまけにスゴク寒いし・・。それでも数年ぶりの函館行きを決行しました。

DSCF0484_convert_20130508104857.jpg
5月4日のお昼に小雨交じりの函館に到着し、雨が止んだ3時頃、函館山の登山口をスタートです。

DSCF0485_convert_20130508104933.jpg
登山道はこんなカンジ。砂利が敷き詰められていて歩きやすいです。
雨上がりの後でも全然ぬかるんでません。
いつになったら山道になるのかと思いきや、最後までこんな遊歩道が続いてました。

DSCF0486_convert_20130508105054.jpg
登山道にあった春を告げるカタクリの花。

DSCF0492_convert_20130508105134.jpg
エゾエンゴサクもありました。

DSCF0490_convert_20130508105018.jpg
野鳥観察小屋

DSCF0500_convert_20130508105213.jpg
要塞だった時代の砲台跡

DSCF0499_convert_20130508105246.jpg
砲台跡からみた頂上

DSCF0501_convert_20130508105314.jpg
30分程度で早くも頂上です。ハリストス正教会をズーム!

DSCF0506_convert_20130508105347.jpg
おなじみの山頂からの眺め。残念ながら曇ってます。
ちょっと物足りないですが、この時期の足慣らしと散策には丁度いいかも。
ちなみに長靴で登っているの、私たちだけでした。運動靴で全然大丈夫です。
次回は、立待岬からの長いコースを歩きたいですね。

恒例の登山後の温泉は、
「函館市戸井ウォーターパーク・ふれあい湯遊館」
 函館市厚木町285-1 営業時間10:00~21:00 入浴料360円!
道南の日帰り温泉は総じて安いです。
恵山の道の駅に向かう途中、旧戸井町にあります。地元の人で賑わってましたー。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。