私は、体力にはさほど自信がなく、体が異常に硬くすぐに筋肉痛になってしまうので、
登山シーズンの始めは、小さな山から徐々に体を慣らしていきます。
そこで今年も円山から山歩きの開始です。

DSCF0462_convert_20130422093449.jpg
登山口です。雪がありそうなので長靴を履いてスタート。

DSCF0464_convert_20130422093531.jpg
エゾリスいました!
DSCF0468_convert_20130422093607.jpg
ズーム!結構大きいです。
シマリスもいましたが上手く撮れず、昨年の写真を載せます。
DSCF0006_convert_20130422093643.jpg
ちょっとカメラ目線のところがカワイイ!

DSCF0471_convert_20130428223348.jpg
暑寒別岳、見えました。真っ白です。


DSCF0470_convert_20130425095105.jpg
樺戸の山々も見えました。夏場はなかなか見えないです。

DSCF0474_convert_20130422093825.jpg
頂上直下の登り。まだ雪が多いです(下りは滑って大変でした)。


DCF00169_convert_20130422093847.jpg
そして、円山登山の定番、「一鶴」のちゃんぽん。850円也。
太麺、具だくさんで食べごたえがあります。

<一鶴>
 札幌市中央区南8条西23丁目1-21
  TEL 011-513-6053


スポンサーサイト
2013.04.16 北緯50度線
スキーシーズンも終わり、登山にはまだ早く、週末の悪天候で出かけられず、
ブログのネタが全くないので、昔住んでいたサハリンのことを書いてみます。

サハリンには、韓国系の人と結婚していたなど様々な理由で終戦後も日本に帰国しなかった(できなかった)残留日本人がいます。その二世の方と中部の都市、ポロナイスク(旧敷香)に行った際に、北緯50度線に連れて行ってもらいました。
そこにはこんなモニュメントがひっそりとありました。・包シ仙コヲ邱夲シ胆convert_20130416094641
結構大きく、2メートル以上はあったと思います。こう書いてあります。
「北緯50度 1945年8月11日、ここからソ連軍の部隊が日本の侵略者からロシア古来の土地、
南サハリンを解放した。」 近くには塹壕の跡もあると聞きました。

また、あまり離れていないところに戦没者慰霊碑もありました。平成8年に建てられたようです。
謌ヲ豐。閠・・髴顔「托シ狙convert_20130416094722

平和の塔というものもありました。日露双方の政府が共同で建立したものなのでしょう。
蟷ウ蜥後・蝪農convert_20130416094755

州都のユジノサハリンスク(旧豊原)からは遠いので、ここまで行く機会はめったにないとは思いますが、
サハリンは今も戦争の跡を強く残している地です。

今シーズン最後のスキーを楽しんだ後(オットはまだ滑ると言ってますが・・)、
簾舞の「長崎ちゃんぽんの店ジュン」に行きました。
前回紹介したうどん屋さんより国道230号線寄りにあります。
国道にちゃんぽんの赤いのぼりがたくさんあってスゴク目立つので前から気になっていました。
自宅の1階がお店です。呼び鈴鳴らさず人様の家にあがるカンジです。

DCF00158_convert_20130408092201.jpg
長崎ちゃんぽん750円です。皿うどんもありました。
サイドメニューで、水餃子、豚足、明太子入り手羽先、高菜炒飯なんかもありましたよ。
スープ美味しいです。自家製のゆず胡椒がついてます。
札幌では本格的な長崎ちゃんぽんを味わえる数少ないお店ですね。

<長崎ちゃんぽんの店ジュン>
 札幌市南区簾舞1-5-9-1
 TEL 011-596-3676