週末、日曜日、最高気温は13℃の予報!今年最後の暖かい日に違いないと思い、長沼町の馬追丘陵の長官山へ。

DSCF4989_convert_20161205152009.jpg
前回登ったのは10年以上も前であまり印象に残ってないのですが、ヤマ友Amigoさんが最近ハマっているので行ってみたくなったのです。登山口は墓地の裏にあります。

P1060650_convert_20161205152129.jpg
低山ですが雪は結構あります。ずっと緩やかな登りが続くので軽アイゼンなしで大丈夫です。

P1060663_convert_20161205152553.jpg
頂上直下で階段の急登があります。

P1060668_convert_20161205152159.jpg
40分弱で十数年ぶりの頂上です。

DSCF4990_convert_20161205152025.jpg
長官山の由来が書いてありました。

DSCF4991_convert_20161205152049.jpg
展望櫓からの眺めです。この日の午前中の天気予報は晴れでしたが、はずれましたー。おまけに風が強くて寒い・・前日以上の暖かい日と予想していたのに
踏み跡に従って先に進むと、ゴルフ場に抜ける車道にあたり、それを左に曲がると広い駐車場に出ます。

P1060674_convert_20161205152212.jpg
駐車場の先に文学碑があり、そこが見晴台になっています。
文学碑は明治生まれの岩見沢出身の作家、辻村もと子の「馬追原野」を記念したものです。今度読んでみたいですね。

P1060677_convert_20161205152226.jpg
見晴台からは石狩平野が丸見えです!

DSCF4997_convert_20161205152108.jpg
天気が良ければ支笏湖から札幌周辺の山がすべて見渡せたでしょう。次回は冬の晴れた日にスノーシューで登りたいです。

DCF00090_convert_20161205152253.jpg
下山後、長沼町の手打ちうどん「ほくほく庵」に寄りました。
店内には大きな窓があって、目の前の広い畑と馬追丘陵の景色が楽しめます。

DCF00089_convert_20161205152307.jpg
鍋焼きうどん(900円)、あったまります。これからの季節は低山+下山後の美味しいものですねー。

スポンサーサイト
週末、土曜日、ようやく晴れの天気予報初冬の定番、三角山から大倉山、奥三角山を縦走しました。

P1060613_convert_20161205141720.jpg
予想に反して雪が結構ありましたが、夏用の登山靴にスパッツで大丈夫です。途中で軽アイゼンをつけました。

DSCF4946_convert_20161205141356.jpg
木々の間から札幌の街と円山、藻岩山が見えます。

P1060620_convert_20161205141737.jpg
ちょっと急なところもあります。滑りやすいので注意です。

DSCF4950_convert_20161205141412.jpg
東屋でアイゼンをつけましたが、岩がゴツゴツして歩きづらいです。ここを過ぎるとあと一息です。

DSCF4959_convert_20161205141444.jpg
45分で三角山頂上に到着です。奥は手稲山です。空が青い!

DSCF4956_convert_20161205141431.jpg
正面は円山、右は藻岩山です。

P1060626_convert_20161205141754.jpg
大倉山に向かいます。多少のアップダウンはありますが、それほどキツくはないです。

DSCF4985_convert_20161205141501.jpg
大倉山の頂上は展望がないので、ジャンプ台からの眺めをどうぞー。札幌の街に向かって飛んでいくカンジです。

DSCF4966_convert_20161205141515.jpg
ちょっと先に進むと目指す奥三角山が見えます。結構急です。

DSCF4968_convert_20161205141533.jpg
分岐です。遊歩道は右を巻くように延びていて、急登が苦手な方は右の遊歩道を進んで頂上に行けます。
真っすぐ進むと直登の急登ですが、距離が短いです。私たちは直登し、下りは遊歩道を使いました。

DSCF4969_convert_20161205141548.jpg
結構急です。滑りやすいので軽アイゼンが必要です。

DSCF4979_convert_20161205141605.jpg
登り始めて約2時間で奥三角山に到着です。標識はクリスマスバージョンになってました。ここは私有林ですが、所有者の方が飾ったのでしょうか。

DSCF4972_convert_20161205141620.jpg
片側がすっぱり切れ落ちているので、低山とはいえ、高度感があります。札幌の街が一望です。遠くに樺戸山地や増毛山地が見えました。

DSCF4973_convert_20161205141634.jpg
こちらは宮の森シャンツェ、その向こうに藻岩山。小春日和のいい一日でした。

DSCF4983_convert_20161205141647.jpg
下りは遊歩道から、手稲山を眺めながら。

DSCF4988_convert_20161205141701.jpg
大倉山からはリフトを使って下山しました。片道250円です。ジャンプ台を真横に見ながら快適です。パッケンレコードのところに伊東大貴選手の名前が書いてありました。
丁度いいバスがなかったので、円山クラスまで歩いて行ってランチしました。
久し振りの山はいいですねー。


このところ週末はいつも天気が悪いおまけにすごく寒い感覚としては12月中旬ぐらい。
今週末の天気予報も悪いのですが、11月12日(土)9時を過ぎたあたりから日が差してきましたー
それで急きょ近場の盤渓山に行ってきました。

DSCF4918_convert_20161113094622.jpg
盤渓山は冬に2回登っています。盤渓市民の森の駐車場に車を停めます。
札幌の中心地は雪はほとんどなくなったのに、ここは沢山あります。このまま根雪になるのかな。

DSCF4919_convert_20161113094637.jpg
はじめは妙福寺方面に車道を10分ほど進みます。

P1060591_convert_20161113094827.jpg
車道が右側にカーブしているところが登山口です。ピンクテープの目印がついてます。
夏道ができたと聞いていたのですが、冬のルートと同じようです。

P1060592_convert_20161113094843.jpg
埋まるほどではないですが雪が結構あります。踏み跡がしっかりついてるので迷うことはありません。
この日は登山者に会うことはなかったのですが、こんなに踏み跡がついているっていうことは平日に登る人が多いのでしょうか。

DSCF4924_convert_20161113094653.jpg
樹の間から目指すピークが見えます。笹が出てちょっと歩きづらいです。

DSCF4940_convert_20161113094810.jpg
最後の登りです。冬は急なところを直登しましたが、踏み跡は左に巻いてました。こちらの方が登りやすいですね。

DSCF4926_convert_20161113094711.jpg
約1時間で頂上です。片側はすっぱり切れ落ちているので高度感があります。

DSCF4934_convert_20161113094741.jpg
手稲山方面。

DSCF4933_convert_20161113094726.jpg
左から砥石山、神威岳、烏帽子岳。すっかり冬です。

P1060604_convert_20161113094859.jpg
手前は盤渓スキー場の三菱山、奥に三角山。札幌は手ごろな低山が多いのがいいです。

DSCF4937_convert_20161113094755.jpg
右手は藻岩山です。自然豊かな大都市、札幌。大好きです!

P1060609_convert_20161113094913.jpg
風が出てきたのでお茶を飲んですぐ下山。この時期の低山で雪山は初めてです。
久し振りに山に来て新鮮な空気を吸いましたー。

先日のニセコ紅葉狙いが空振りに終わり悶々としてましたが、今年最後のチャンスと思い快晴の予報の10月19日(水)、定山渓の夕日岳と朝日岳に一人で行ってきました(こういう時は自営業はいいです)。
両方とも1時間程度で登れる山です。当初は神威岳に行きたかったのですが、オットに危ないと猛反対されましたー。

DSCF4911_convert_20161020160923.jpg
まずは夕日岳。これは帰りのバスから撮りました。私は車の運転には自信がないので定山渓まで路線バスで行きました。
じょうてつバスの沿線に長いこと住んでいたので、この辺りの地理には明るいのです。
バス通学のときはあんなに長く感じていたのに年をとるとこの行程もあっという間です。

DSCF4813_convert_20161020162615.jpg
登山口は国道沿いの定山渓神社の裏にあります。バス停は「定山渓神社前」で下車します。
ここは日本一バス停に近い登山口じゃなかろうかー。そう思うととても貴重な山ですね。

それでは夕日岳の紅葉のシャワーを浴びてください!
DSCF4772_convert_20161020155839.jpg

DSCF4774_convert_20161020160026.jpg

DSCF4782_convert_20161020160105.jpg

DSCF4790_convert_20161020160126.jpg

DSCF4802_convert_20161020163546.jpg

DSCF4804_convert_20161020160209.jpg

DSCF4769_convert_20161020155756.jpg
見晴台。ここが一番のビューポイントです。左から余市岳、定山渓天狗岳、小天狗岳。

DSCF4768_convert_20161020155736.jpg
温泉街の奥に無意根山が見えます。

DSCF4776_convert_20161020160044.jpg
一人の登山者にも会うことなく頂上に到着。静かです。
どこからともなく「ウォー、ウォー」と聞こえました。獣系の唸り声のようなクマかー?
暑寒別岳でもオットがクマの唸り声が聞こえたと言ってましたが、「空耳だべさー」と一笑に付した私でしたが・・
すぐ近くというわけではないようだけれど、はっきりと聞こえます。どうせ眺望も悪いし早々に下山開始です。頭は驚くほど落ち着てました。「うん、大丈夫」という根拠のない確信があったというか。

DSCF4815_convert_20161020160232.jpg
下山後、温泉街を通って岩戸観音堂裏の岩戸公園にある朝日岳登山口へ。

DSCF4910_convert_20161020160905.jpg
これは帰りのバス停から撮った朝日岳です。温泉街のすぐ裏にあるのです。

DSCF4816_convert_20161020160256.jpg
岩戸観音堂の横の急な階段は避け、車道を少し先に行って第一ホテル翠山亭の横の緩い坂を上ると登山口に行けます。

それでは朝日岳の紅葉のシャワーを浴びてください!
DSCF4818_convert_20161020160316.jpg

DSCF4820_convert_20161020160332.jpg

DSCF4821_convert_20161020160354.jpg

DSCF4822_convert_20161020160411.jpg

DSCF4823_convert_20161020160433.jpg

DSCF4824_convert_20161020160453.jpg

DSCF4831_convert_20161020160519.jpg

DSCF4836_convert_20161020160536.jpg

DSCF4837_convert_20161020160556.jpg

DSCF4849_convert_20161020160613.jpg

DSCF4851_convert_20161020161326.jpg

DSCF4873_convert_20161020160714.jpg
これでもかっていうくらいの紅(黄)葉です!2~3年分の紅葉を観た気分です。

DSCF4853_convert_20161020160653.jpg
頂上です。こちらも眺望はよくないです。木々の間から天狗岳が見えました。ここも長居せず早々に下山です。
豊林荘コースを下山して豊平川沿いを歩くのがお気に入りのコースなのです。
定山渓に住んでいた小2の時、家から豊平川沿いに温泉街まで子どもだけで行ったのですが、ちょっとした探検気分で楽しかったです。大人の足では短い距離ですが。
日高小学校から定山渓小学校に転校してきて、トイレが水洗で驚きました(時代ですねー)。
DSCF4876_convert_20161020160749.jpg

DSCF4877_convert_20161020160809.jpg

DSCF4886_convert_20161020160827.jpg

DSCF4896_convert_20161020160847.jpg
二見吊橋が終点です。温泉街のカフェにでも寄りたかったのですが、人が多そうだったので速攻で帰りました。帰りのバスは外人さんが多かったです。

紅葉を見逃した方、楽しんでいただけましたかー?
小春日和の暖かな一日でしたー。この二山は紅葉時期の定番になりそうです。
一転して今日は札幌も初雪が降りそうなくらい寒いです

今年は紅葉が遅いと聞いたので、10月16日(日)は人が多いのを覚悟でニセコのシャクナゲ岳に行ってきました。

DSCF4690_convert_20161017145227.jpg
登山口となるニセコパノラマラインの神仙沼入口。ここから登るのは実に13年ぶりです!
立ち寄ったニセコ道の駅の情報では山の紅葉のピークはすでに終わったとのこと。ガッカリ

DSCF4691_convert_20161017145244.jpg
朝日を浴びる山並み。右手は目国内岳かな。最近足が不調なのでゆっくり歩きます。
まずは長沼を目指します。

DSCF4696_convert_20161017145301.jpg
長沼に到着。水が少なく上から見ると丸かったです。チセヌプリが眩しー。

DSCF4697_convert_20161017145316.jpg
秋ですねー。でもこの日の気温は季節外れの20度超えでした。

P1060533_convert_20161017145449.jpg
このコースはずーっと穏やかな登りが続き、最後だけ岩場の急登があります。
一番左がシャクナゲ岳、真ん中はビーナスの丘です。

P1060537_convert_20161017145514.jpg
シャクナゲ岳が近づいてきましたー。最後に200mのコース中唯一の急登が待ってます。
ニセコの山は、初めは笹の登山道、最後は岩場の急登のパターンが多い気がします。

DSCF4707_convert_20161017145337.jpg
濡れた岩は滑りやすいので注意です。急登は思ったより短いです。

P1060545_convert_20161017145538.jpg
2時間弱で頂上です。誰もいません。風が強い!標識は倒れてました。目の前の山はチセヌプリです。

DSCF4716_convert_20161017145357.jpg
気温が高いせいかもやって羊蹄山や岩内岳は見えなかったです。
この山に登ったのは、神仙沼から2回、目国内岳側から白樺山経由、春にチセヌプリスキー場からスノーシューでの4回です。やっぱり雪山がキレイでしたねー(我々以外は皆スキーでした)。また来たい!

P1060548_convert_20161017145600.jpg
シャクナゲ沼を見ながら下山です。

P1060562_convert_20161017145625.jpg
紅葉は下の方に少しありました。下山したら神仙沼の駐車場はスゴイことになってましたー。

DSCF4740_convert_20161017145423.jpg
帰りに寄った雪秩父温泉近くの大湯沼。奥はニトヌプリ。遊歩道は閉鎖されてました

P1060579_convert_20161017145649.jpg
ニセコに行った時はよく寄るお好み焼き「じゅう」のモダン焼き。ちょっと高めですが(ニセコ価格ですかね)具だくさんで中はふんわり、美味しいです!
プロ野球のCSを見るため温泉に行かずに帰宅。大谷くんやってくれましたー!!野球の歴史を創った男になりましたね。