FC2ブログ
2019/11/4(月)
今金町2日目は美利河(ピリカ)丸山に登りました。

DSCF0580_convert_20191106110708.jpg
登山口にある奥美利河温泉(手前)と宿泊施設の山の家。もう再開することはないのでしょうか。
温泉施設の裏には混浴の露天風呂があり湯は温かく、すぐにでも入れそうでした。

P1140708_convert_20191106110822.jpg
キャンプ場とバンガロー。人っ子一人いません。この日、このコースから登ったのは私たちだけでした。

DSCF0581_convert_20191106110722.jpg
キャンプ場の奥に登山口がありました。

DSCF0582_convert_20191106110738.jpg
いきなりの急登。ジグを切りながらドンドン高度を上げていきます。

P1140722_convert_20191106110837.jpg
ブナの紅葉はとっくの間に終わってましたー。道南だから札幌より遅いと思ったのが間違いでした。

DSCF0586_convert_20191106110754.jpg
急登を終えると稜線に出ます。駒ヶ岳も見えましたー。

P1140728_convert_20191106110852.jpg
私の持っている古い「北海道夏山ガイド」では展望が良くないと書かれてましたが、そんなことはありません。恐らく大々的に笹刈りをしたのでしょうね。倒木を整備した跡もあったし、ありがたやー。

P1140741_convert_20191106110907.jpg
紅葉のピークの時はさぞキレイなことでしょう。

DSCF0602_convert_20191106110808.jpg
1時間半で頂上です。今金町120年の立派な標識がありました。記念登山会には栗城さんも参加したみたいです。
噴火湾が見えます、羊蹄山は雲の中でした。
誰もいないと思いきや長万部町の二股ラジウム温泉からのコースから来たという女性がいました。あんな奥深いところから一人で登るなんて勇気があるわー。

P1140763_convert_20191106110922.jpg
思った以上にいい山でしたー。次回は紅葉の時期ですね。

DSC_0249_convert_20191106110945.jpg

DSC_0243_convert_20191106110932.jpg
ここまで来たらぜひ寄りたい長万部町名物浜ちゃんぽんとあんかけ焼きそば。
あんかけ焼きそばは中サイズでも巨大満腹になりました。
スポンサーサイト



2019/11/3(日)
文化の日の三連休は、ブナの紅葉を期待して道南の今金町へ行ってきました。

DSCF0541_convert_20191105200715.jpg
4年ぶりのカニカン岳登山口。以前あった大きな看板はなくなってました。
ずっと林道が通行止めだったのですが、今年復旧されたと聞いてまた来たくなったのです。

DSCF0545_convert_20191105200733.jpg
紅葉はすっかり終わってました登山道はアップダウンがあります。帰りがキツそう・・

DSCF0547_convert_20191105200750.jpg
五合目でようやく開けてきました。前回来たのは同じ時期でしたが、ここから雪がありました。

P1140667_convert_20191105200929.jpg
目指す頂上はもっと奥にあって見えません。根曲がり竹が伸びて以前あった金鉱坑道跡が分からなくなってました。

DSCF0550_convert_20191105200806.jpg
段々急になってくる感じが黒松内岳や長万部岳に似てます。

P1140697_convert_20191105200948.jpg
落石を起こしそうな急なロープ場。なぜか前回の記憶が全くないです。

P1140680_convert_20191105201004.jpg
あれが頂上。細長くて船のようです。

P1140683_convert_20191105201031.jpg
頂上直下の最後の登り。

DSCF0560_convert_20191105200821.jpg
2時間半で頂上です。カニ缶を持って写るようなことはしません。缶詰持参は重いしね。

DSCF0565_convert_20191105200836.jpg
歩いてきた登山道が見えます。360度の展望の中でまったり。温かくてヨカッタ。前回は雪で震えてました。

DSCF0570_convert_20191105200853.jpg
狩場山。雲がかかってます。

DSCF0577_convert_20191105200911.jpg
未登の大平山。ウスユキソウを観に行きたいなー。

P1140707_convert_20191105201046.jpg
紅葉のピークにまた来たいですねー。
下山後は、今金町出身の登山家、栗城史多さんの追悼ギャラリーに行ってきました。まだ35歳だったのですね。同じ道民として応援していたのに残念です。
2019/10/22(火)
函館遠征2日目は旧戸井町の汐首山に登りました。

DSCF0445_convert_20191024141839.jpg
登った、とは言っても舗装されたNTTの管理道路を行くだけなのですが。

P1140536_convert_20191024142102.jpg
高度を上げると海に浮かんでいるような函館山が見えてきました。

DSCF0456_convert_20191024141904.jpg
開けてきました。前日と打って変わって風が強く体感温度が低いです。

DSCF0462_convert_20191024141921.jpg
あのアンテナの向こうにお目当ての野生の(野生化した?)馬がいましたー。ゲートからここまで50分位です。

P1140551_convert_20191024142128.jpg
いましたー。アンテナから向こうはフンもいっぱい

DSCF0461_convert_20191024141936.jpg
馬と船。

DSCF0472_convert_20191024142026.jpg
ズーム。怖くてそばには寄れません。オットは馬好きなのでフンを超えて寄っていきます。何だか向こうも警戒しているみたい。

DSCF0473_convert_20191024142043.jpg
双眼鏡で観ると結構大きいです。この辺りは雪は少ないとはいえ、真冬はどうしているのでしょうかー。

DSCF0479_convert_20191024141952.jpg
左後ろに見えるのは前日登った恵山です。
この辺の国道には「熊出没注意」ならぬ「馬出没注意」の看板がありましたー。

DSC_0222_convert_20191024142157.jpg
函館といえば、ラッキーピエロとハセガワストア。ラッキーピエロは人がいっぱいで入れないことが多いです。
ハセガワストアの期間限定栗ごはんのやきとり弁当(ブタ串です)。美味しかったー!2日連続で食べてしまいましたー。
2019/10/21(月)
10月21日は休みをとって三連休とし、遥々函館までやって来ました。
いつも前日は車中泊するのですが、ラグビーを観るためにビジネスホテルに泊まりました。

DSCF0368_convert_20191023094026.jpg
恵山は3回目。いずれも違うコースから海向山とセットで登ってます。今回は3年前に復活した高原コースを登ります。
駐車場からの恵山。賽の河原まで車で行けるので、わざわざここから登る人は少ないみたいです。この日は我々だけでした。

DSCF0441_convert_20191023094104.jpg
登山口です。立派な看板がありました。登山届の用紙が置いてあるので記入してボックスに入れます。

P1140398_convert_20191023100637.jpg
最初は作業道のようなつづら折りの道を進みます。途中、温泉の弁や貯水タンクがありました。

DSCF0373_convert_20191023094130.jpg
開けてきましたー。紅葉がキレイ!ここはサラサドウダン(ツツジ科)で有名です。

DSCF0383_convert_20191023094148.jpg
広々としてます。まさに高原コースですね。海向山の前ピークが見えます。

P1140416_convert_20191023100655.jpg
恵山も見えて絶景です!

DSCF0393_convert_20191023094204.jpg
海向山の前ピークを背に。

P1140423_convert_20191023100722.jpg
想像以上にいいコースです!

P1140429_convert_20191023100744.jpg
海向山のコースに合流したので先に海向山に行くことにしました。ここまで登山口から1時間ほどです。

P1140436_convert_20191023100831.jpg
海向山は周遊コースになっています。いつも前ピークを先に登る時計回りで登ります。
しばらくは林の中を進みます。時折繁殖期と思われる鹿の遠吠えが聞こえ、クマかと思ってビクッとしました

P1140439_convert_20191023100854.jpg
前ピークから海が見えます。ここから一旦大きく下ります。

DSCF0395_convert_20191023094222.jpg
前ピークからの海向山。紅葉で赤く染まってます。

DSCF0399_convert_20191023094239.jpg
海向山への最後の登り。恵山も見えてきました。

DSCF0401_convert_20191023094255.jpg
海向山に到着。高原コースとの合流地点から1時間位です。山頂の展望はあまりよくないです。

P1140463_convert_20191023100916.jpg
恵山に向かいます。少し急な下りです。

P1140465_convert_20191023100938.jpg
紅葉と恵山。今年は紅葉の不作らしいですが十分キレイです。恵山まで結構遠そう・・

P1140473_convert_20191023100959.jpg
登り始めが遅かったので時間が気になりますが、とりあえず賽の河原駐車場へ向かいます。

DSCF0414_convert_20191023094315.jpg
振り返ると真っ赤な海向山。

DSCF0416_convert_20191023094332.jpg
海向山から賽の河原駐車場までは1時間でした。せっかく遥々来たのだから恵山も登ることにしました。

P1140491_convert_20191023101018.jpg
紅葉の海向山とは別世界です。それほど急なところはないです。でも落石が起きやすそう・・

P1140498_convert_20191023101045.jpg
太平洋をバックに。海がキレイでしたー。

P1140505_convert_20191023101102.jpg
賽の河原駐車場から1時間ほどで頂上です。標識が新しくなってました。下北半島が近い。八甲田山と思われる山影が遠くに見えました。来年は行きたいなー。

DSCF0419_convert_20191023094351.jpg
海向山が遠くなりました。ランチはやきとり弁当で有名な函館のハセガワストアのパンとカップスープ。美味しかったー。

DSCF0429_convert_20191023094656.jpg
絶景を眺めながら下山です。

P1140515_convert_20191023101119.jpg
いいコースでしたー。毎年でも歩きたいです。下山後車の中でまたまたハセガワストアのクリームドーナツを食べました。これも美味しい。やきとり弁当だけでなくパンも美味しいのねー。こんなお店が札幌にもあったらいいのにねー。
11月最後の日曜日は長万部町の写万部山に行ってきました。12年ぶりです!前回はGWの道南遠征の途中で寄りました。

P1110370_convert_20181126160910.jpg
当初は前日の土曜日に登ろうと思っていたのですが、登山口に着くと予想外の吹雪あきらめて八雲町の郷土資料館の見学をしました(入場無料)。木彫り熊の展示もあってなかなか面白かったです。
長万部名物浜ちゃんぽんも食べたかったけどお腹が空いていなくてパス。運動してないしね。

DSCF8506_convert_20181126160726.jpg
すっかり雪山です。初雪が降らないと思っていたらいきなりの寒波ですっかり真冬の様相です。
前日の登山者のトレースが残っていて助かったー。

P1110374_convert_20181126160926.jpg
見晴らしがよくなってきました日差しもあって暖かです。この日の天気予報はイマイチでしたが、ラッキーでした。

DSCF8511_convert_20181126160747.jpg
ダケカンバ林が美しー。低山で手軽に登れて展望もいいので登山者が多いみたいですがこの日は誰もいなくて静かでした。

DSCF8512_convert_20181126160804.jpg
稜線に出るとさすがに風が冷たいです。

P1110381_convert_20181126160942.jpg
噴火湾を横目に最後の登りです。駒ヶ岳はかすんでました。何だかここだけ天気がいいみたい。

DSCF8530_convert_20181126160838.jpg
9合目付近から見えた黒松内岳。光ってます。隣の長万部岳は雲がかかってました。しばらく登ってないなー。

DSCF8517_convert_20181126160820.jpg
1時間20分で立派な標識と天測点のある頂上に到着です。前回は夏道とはいえ50分で着いたので、やはり衰えを感じますね。

P1110387_convert_20181126160959.jpg
羊蹄山やニセコの山は雲がかかってました。豊浦、有珠方面。無人の秘境駅、小幌駅はあのあたりでしょうか。

DSCF8535_convert_20181126160855.jpg
じっとしていると寒いので早々に下山です。思いがけず天気がよくなって遥々道南まで来た甲斐がありましたー。