FC2ブログ
4月最初の日曜日は、支笏湖の丹鳴尾山に行ってきました。「になるお」と読むのでしょうか?丹鳴岳には登りたいと常々思ってましたが、とにかく遠い。その手前の丹鳴尾山なら行けそうと踏んだのです。

P1120193_convert_20190408094452.jpg
通行止めになっている道道支笏湖線の美笛側入口付近に車を停めてスタート。車が沢山停まっていたので人気の山かと思いましたが、釣り客のものでした。
この日は春山用に新しく購入したワカンを試しました。ところが前日に降った湿った雪がくっついて高下駄のようになって四苦八苦

DSCF9030_convert_20190408094254.jpg
美笛キャンプ場の手前の美笛橋を渡ってすぐに林に入り取り付きます。ところどころ笹が出ています。

P1120198_convert_20190408094505.jpg
高度を上げると支笏湖が見えてきます。最初は晴れてました

P1120206_convert_20190408094519.jpg
だんだん急になってきます。風不死岳と樽前山をバックに。ベタ雪で重いです。

P1120208_convert_20190408094531.jpg
湖の向こうは紋別岳。湖のある風景はいいですねー。

DSCF9036_convert_20190408094308.jpg
どんどん急になってキックステップで登ります。どうもワカンの紐を締めるあんばいが良く分からない・・

DSCF9038_convert_20190408094344.jpg
恵庭岳をズーム。雲がかかったり晴れたり。

DSCF9041_convert_20190408094402.jpg
頂上手前は結構急です。

DSCF9043_convert_20190408094415.jpg
あの木のあるところが頂上。

DSCF9046_convert_20190408094427.jpg
2時間半を予定していたのに3時間半もかかってようやく頂上に到着。雪質のせいでしょうか。

DSCF9047_convert_20190408094439.jpg
白老三山。徳舜瞥山とホロホロ山は雲の中。
頂上でくつろごうと思っていたところ天気が急変。あっという間に吹雪に天気予報は晴れだったのに
仕方なく早々に下山。何も食べなかったので帰りの車道歩きでバテバテになりましたー。
晴れた日にまた来たいです(そんな山が多いのですが)。
スポンサーサイト



DSCF8571_convert_20181225111252.jpg
12月の三連休の最終日は室蘭岳に行ってきました。だんパラスキー場の山です。営業前のスキー場。登山道は左の林の中です。

P1110454_convert_20181225111408.jpg
白鳥ヒュッテ。この日はクリスマス・イブ。年代的にも頭の中はやっぱり山下達郎の歌ですね。もっともオットはこの日がイブだということも忘れていたようです。

P1110458_convert_20181225111425.jpg
今年は雪が少ないので、夏道を進みました。室蘭の町中も雪は全然なかったです。最初は急なところがあって滑るので今季初のスノーシューを着けました。

DSCF8575_convert_20181225111333.jpg
ダケカンバ林を抜けると開けてきます。この日は強風で小雪が降ったり晴れたりの忙しい天気でした。

DSCF8576_convert_20181225111351.jpg
室蘭の街を背に登ります。樹氷がキレイです。

P1110478_convert_20181225111441.jpg
白鳥大橋をズーム。

P1110481_convert_20181225111459.jpg
スキー場から1時間45分で頂上です。強風でほっぺたがしもやけになりそうなのでスキー用のマスクを着けました。これが暖かかったー(サングラスが曇るけど)。頂上の温度計はマイナス10℃。体感気温はもっと低いでしょう。

P1110487_convert_20181225111513.jpg
隣のカムイヌプリ。羊蹄山は見えなかったです。

P1110491_convert_20181225111530.jpg
誰もいない山頂。夏場は多くの登山者で賑わいますが、冬は静かです。

P1110495_convert_20181225111555.jpg
寒くて長居できないので下山です。樹氷がキレイだったー。やっぱりこの山は冬が断然いいです!楽しい雪山シーズンの到来です。
12月の最初の日曜日は、伊達市の稀府(まれっぷ)岳に行ってきました。初冬の定番です。
札幌を出るときは一面真っ白、路面はツルツル。太平洋側に近づくにつれ雪がなくなりました。気候が違うわー。

DSCF8538_convert_20181203101914.jpg
この時期はどうしても雪の少ない太平洋側に足が向きます。登山道は雪にうっすら覆われてますが全く問題なし。下山時には結構解けてました。

DSCF8542_convert_20181203101930.jpg
はじめは見通しが利きません。急登を終えたところの「お尻愛の木」は一休みするのに丁度いいです。

P1110407_convert_20181203102122.jpg
だんだん開けてきましたこの登山道はわりと最近開削されたそうですが、かなり大変だったでしょうね。有難いことです。

DSCF8544_convert_20181203101944.jpg
振り返ると室蘭の街と駒ヶ岳がー。

P1110413_convert_20181203102137.jpg
登山道は続くよー。

P1110415_convert_20181203102226.jpg
ガマ岩からは伊達の街が一望!札幌と違って雪が全然ないです。噴火湾の向こうの山並みも見えます。

P1110417_convert_20181203102153.jpg
一番奥が頂上。アップダウンがあります。

DSCF8555_convert_20181203101958.jpg
前稀府に到着。ここから急で細いところもあるので真冬はここまでですかね。

P1110423_convert_20181203102300.jpg
最後の登りです。

DSCF8560_convert_20181203102013.jpg
1時間40分で頂上です。少し先に行くとニセコの山が見えます。

DSCF8566_convert_20181203102029.jpg
羊蹄山をズーム。

DSCF8568_convert_20181203102046.jpg
洞爺湖の中島の向こうにニセコ連山がー。

DSCF8569_convert_20181203102106.jpg
有珠山と昆布岳。

P1110439_convert_20181203102316.jpg
噴火湾を眺めながら下山。

P1110442_convert_20181203102333.jpg
下山後に寄った「珈琲舎北こがね」。伊達の北黄金貝塚公園のそばにあります。

P1110447_convert_20181203102351.jpg
高台にあるので噴火湾の眺めが最高です。ピザ(1600円)、巨大です。2人でも多いぐらい。

P1110449_(2)_convert_20181203102424.jpg
スイーツも外せない。ロールケーキはあっさりフワフワ。

P1110450_convert_20181203102439.jpg
十勝小豆のスコーン。温かいです。お皿はピーターラビット。ペチカもあって落ち着けます。


DSCF7689_convert_20180527095523.jpg
5月26日の土曜日は、伊達紋別岳に行ってきました。
「太陽の園」の駐車場近くの八重桜が満開!これを目当てに5月に来ることが多い山です。
「北海道夏山ガイド」に載るようになってから登山者が増えた気がします。この日も駐車場はいっぱいでした。

DSCF7694_convert_20180527095539.jpg
登山口の桜は散ってました。

DSCF7756_convert_20180527095602.jpg
三合目の一望台。木が茂って以前より展望が利かなくなりました。

P1100297_convert_20180527095752.jpg
昭和新山の向こうにニセコの山が見えます。羊蹄山は雲が被ってました。

DSCF7702_convert_20180527095617.jpg
シラネアオイが沢山咲いてます。今年は開花が早かったみたいです。

DSCF7752_convert_20180527095637.jpg
七合目の「いっぷく広場」。隣は稀府岳。噴火湾をはさんで道南の駒ヶ岳。

DSCF7710_convert_20180527095653.jpg
七合目からは気持ちのいい稜線歩き。

P1100251_convert_20180527095812.jpg
シラネアオイが満開!何度も登ってますが初めてです。ほかにもいろいろなお花が咲いてましたー。

DSCF7719_convert_20180527095707.jpg
前紋別岳に到着。洞爺湖の向こうに雲を被った羊蹄山が見えます。

P1100268_convert_20180527095826.jpg
九合目のシラネアオイの丘。もうすぐ頂上です。

P1100276_convert_20180527095913.jpg
歩き始めて2時間弱で頂上です。羊蹄山は雲を被ったまま・・
お腹もさほど減っていないので、いっぷく広場まで戻ってからランチにしました。

P1100287_convert_20180527095943.jpg
下山時は沢山の登山者とすれ違いました。一番いい時期ですからね。

DSCF7755_convert_20180527095726.jpg
木々の間から見えた羊蹄山。遅い時間から登った方が良かったのかも。それでも満開のシラネアオイを観られてラッキーでした。
下山後の温泉は蟠渓温泉「湯人家」(500円)。静かで落ち着けます。
1月の第三日曜日、天気予報に従ってまた支笏湖へ。この時期は日本海側の天気が悪いことが多いので、どうしても太平洋側へ行くことが多くなります。2年ぶりに多峰古峰(たっぷこっぷ)山に登ることにしました。

P1090490_convert_20180122150644.jpg
この山の唯一の難点は駐車スペースがないことですね。何とか道路脇に停めてスタート。はじめは林道歩き。20分ほどなので短い方です。

DSCF7085_convert_20180122150557.jpg
林道終点から林の中に入ります。この時点では目指す多峰古峰山がくっきり見えてました。

DSCF7087_convert_20180122150611.jpg
トレースがしっかりついていたので楽しましたー。ちょっと笹がうるさいです。稜線に出ると支笏湖と恵庭岳が見えるはずでしたが、真っ白で何も見えませんまるで真冬の海のようでした。

P1090496_convert_20180122150658.jpg
頂上直下の急登。ズルズルします・・

DSCF7089_convert_20180122150627.jpg
1時間半で頂上です。この山は樽前山の展望台のような山なのですが・・

P1090503_convert_20180122150711.jpg
ぼんやりしてますこの後、雪が降り出し、風も強くなり寒いですまた天気予報がハズれました。

P1040254_convert_20180122150741.jpg
2年前の2月に来た時は、こんなに晴れてました!

P_20180121_142716_convert_20180122150801.jpg
下山後に寄った南区石山の「正直庵」の冬季限定かきせいろ。ちょっと高めですが超美味しいです!冬はこれを食べないとね。