FC2ブログ
2019/4/30(火)
平成最後の日は、北日高の熊見山と労山熊見山に行ってきました。

DSCF9277_convert_20190502060625.jpg
日勝峠の日高町側9合目付近の駐車場所。雪が無い・・笹漕ぎをして林の中へ。

P1120498_convert_20190502060739.jpg
ズボズボ雪に埋まるのでワカンを装着。それでも時々ズボッと埋まります。

DSCF9283_convert_20190502060640.jpg
ようやくスノーブリッジを見つけて対岸へ。ここから益々笹が多くなりました

P1120515_convert_20190502060756.jpg
稜線の手前で深い藪漕ぎ結構長くて消耗しましたー。

DSCF9287_convert_20190502060654.jpg
稜線に出ると十勝平野を眺めながら進みます。

P1120531_convert_20190502060816.jpg
予定の倍、2時間もかかって熊見山頂上に到着です。この時期は雪の状況で時間が読めないです。
ペケレベツ岳が見えます。廃道寸前と思われた登山道が整備されたようなので久し振りに登りたいです。

DSCF9298_convert_20190502060709.jpg
稜線を戻り、向かいの労山熊見山へ。十勝岳連峰が浮かんで見えます。

P1120542_convert_20190502060901.jpg
日高の山をバックに最後の登り。

P1120547_convert_20190502060916.jpg
熊見山から1時間で労山熊見山に到着。気温が高いせいか少しもやってます。

P1120551_convert_20190502060933.jpg
こちらは双珠別岳。条件が良ければ行きたかったのですが、次回にします。

DSCF9316_convert_20190502060725.jpg
風が強くなってきたので下山です。この山はスキーで人気のようですが、時期が過ぎて静かな山歩きが楽しめました。
スポンサーサイト



2019/4/28(日)
待ちに待ったGWの初日は雨しかも寒い・・翌日は晴れの予報を信じて日高のえりも町へ。

P1120392_convert_20190501091219.jpg
で、翌日、肉牛牧場からの豊似岳。雄大な景色が広がっています。ゲートの鍵はえりも町役場でお借りしました。雪が無く、車は登山口まで入れました。

DSCF9192_convert_20190501091008.jpg
登山口です。夏山状態。クマ対策のラジオをつけてます。

P1120394_convert_20190501091235.jpg
木の間からオキシマップ山が見えます。

P1120399_convert_20190501091302.jpg
なかなかの急斜面。枯草の上に雪が薄く積もって滑ります。

DSCF9202_convert_20190501091024.jpg
稜線手前は結構急でジグを切って登ります。

P1120411_convert_20190501091317.jpg
長い登りを終えて稜線へ。2時間半かかりました。えりも岬が見えます。

DSCF9212_convert_20190501091038.jpg
ここから楽しい稜線歩きのはずでしたが、雪が少ない・・左の藪に入りながら登りました。

DSCF9214_convert_20190501091051.jpg
1088mピーク手前はハイマツ漕ぎで消耗

DSCF9219_convert_20190501091105.jpg
稜線から1時間15分もかかって手前の1088mピークに到着です。南日高の山がお出迎えー。

DSCF9220_convert_20190501091119.jpg
豊似岳の真っ白な頂きを想像していたのに雪が無い長いハイマツ漕ぎになりそうなのでここで撤退を決めました。残念

P1120424_convert_20190501091333.jpg
この景色を見られただけでも満足です。

P1120433_convert_20190501091403.jpg
やっぱり日高の山は一筋縄ではいかないです。風も強くなってきて震えながらランチしました。全道的に暖かだったようですが。

DSCF9231_convert_20190501091139.jpg
下山も大変。ズボンがヤニだらけになりましたー。

DSCF9236_convert_20190501091201.jpg
下の方は雪がすっかり解けてなくなってました。

P1120474_convert_20190501091426.jpg
翌日強風のえりも岬からの豊似岳。存在感がスゴイ。次回はもっと雪のある時期にオキシマップ山まで縦走したいです。
その後、黄金道路を通って十勝へ。

P1120487_convert_20190501091445.jpg
広尾町下野塚にある山岳画家坂本直行さんの開墾地跡から。山の中にあると思いきや、海の近くでした。
広尾町海洋博物館の中にある坂本直行記念展示室もオススメです。
翌日の天気予報が晴れに変わり、急きょ帯広市内に泊まることにしました。
11月の最初の日曜日は、清水町の剣山に行ってきました。10年ぶりです!

DSCF8467_convert_20181105102018.jpg
登山口の剣山神社。
ピカッ晴れ!今年最後の登山日和かもしれません。そういえば札幌は初雪がまだです。10月に雪が降らなかったことって記憶にないですねー。

P1110309_convert_20181105102333.jpg
はじめは緩やかですが、どんどん急になります。この山は三回目ですが、最後のハシゴの印象が強くて途中の記憶があまりないです。紅葉はもうすっかり終わってました。

P1110318_convert_20181105102351.jpg
木の間から雪をかぶった十勝岳連峰がー。2か月前に登りましたが、その後地震があって山から遠ざかっていたので遙か昔のようです。

DSCF8472_convert_20181105102125.jpg
20分ほどで一の森に到着。三の森まであります。先はまだまだ長い。見えているのは頂上ではなく、手前の不動岩です。

P1110332_convert_20181105102408.jpg
雪が出てきました。凍って滑りやすいところもありました。登山道はアップダウンや奇岩があったり変化に富んでます。

P1110338_convert_20181105102423.jpg
頂上手前の一枚岩の展望台からの十勝平野。広いです!前に見えるのは阿寒湖周辺の山かな。

DSCF8483_convert_20181105102200.jpg
あれが頂上。標高は低いですが、遠くからでもすぐに分かります。

DSCF8486_convert_20181105102218.jpg
頂上直下のハシゴは4本。ほぼ垂直です。怖っ!ハシゴを登っている時は集中しているので案外大丈夫なものです。登り切ってホッとした時の方が危ないですね。

P1110346_convert_20181105102440.jpg
2本目のハシゴが一番怖かった。これは最後のハシゴです。ザックはデポしました。

DSCF8500_convert_20181105102234.jpg
2時間45分で剣のある狭い頂上に到着です。360度の大絶景です!

P1110356_convert_20181105102454.jpg
日高の山が丸見え!

DSCF8499_convert_20181105102309.jpg
芽室岳をズーム。カッコいいです。台風以来、林道が閉鎖されて登れません。

DSCF8494_convert_20181105102249.jpg
ピパイロ岳をズーム。右隣は1967m峰、その右隣は北戸蔦別岳かな。いつか行きたいと思いつつ、月日が経ってしまいました。

P1110363_convert_20181105102511.jpg
美しいダケカンバ林。葉が落ちているので十勝平野が良く見えます。
10年ぶりの山を満喫しましたー。
帰りは復旧した日勝峠を通って、日高町の「ひだか高原荘」の温泉に入ってから帰宅しました。
先週末は記録的大雪の後で登山口にたどり着けず撤退、今週末は記録的大雨の後で大丈夫かと不安でしたが日曜日に占冠村の狩振岳に行ってきました。

DSCF7144_convert_20180312130512.jpg
この山は一昨年の同時期に来ていますが、悪天候のため撤退しました今回は晴れてます雪がキラキラしてます

P1090567_convert_20180312130734.jpg
トマムスキー場(行ったことないけど)をバックに、まずは雪原を進みます。

P1090571_convert_20180312130759.jpg
十勝岳連峰も見えてます。最近人の入った形跡は全くないです

DSCF7152_convert_20180312130527.jpg
鉄塔に到着。ここから林の中に入ります。向こうに特徴のある山が見えます。トマム石山だと思ったら違うようです。

P1090582_convert_20180312130820.jpg
ここから稜線に出るまではずっと急な登りが続きます。ちょっとモナカ気味の雪ですが、前回よりは全然歩きやすいです。

DSCF7155_convert_20180312130543.jpg
ようやく山頂が見えました。ここからさらに急になります。

P1090589_convert_20180312130841.jpg
最後の登りはトラバースして稜線へ。カリカリの雪でスノーシューのアイゼンが利いたから出来ました。

DSCF7161_convert_20180312130557.jpg
登り始めて2時間20分で稜線に出ました。前回は真っ白で何も見えなかったところです。

DSCF7164_convert_20180312130613.jpg
日高の山々が見えましたー!これが見たかった写真を撮るのに忙しいです。

P1090603_convert_20180312130858.jpg
ここからは楽しい稜線歩き雪質はパウダー、モナカ、カリカリ、シュカブラと目まぐるしく変わります。スキーで滑るのは全然自信がないです

DSCF7169_convert_20180312130630.jpg
最後の登りです。すごく急に見えますが、そうでもなかったです。稜線の手前が一番急でした。

P1090615_convert_20180312130916.jpg
頂上直下はハイマツが出てました。

DSCF7181_convert_20180312130645.jpg
登り始めて2時間50分で頂上に到着です。結構狭いです。360度の絶景を2人占め!この日登ったのは私たちだけでした。スキーに適さない山は人が少ないのでしょうか。

P1090622_convert_20180312130937.jpg
隣の双珠別岳。1時間半ほどで行けるようです。日高山脈の一端であることを実感。遠くにペンケヌーシも見えました。林道の復旧はいつになるのでしょうか。

DSCF7182_convert_20180312130701.jpg
こちらはオダッシュ山と佐幌岳。奥に十勝平野。うっすらウペペサンケ山も見えます。

DSCF7190_convert_20180312130715.jpg
いつまでも眺めていたいけど下山しなければ。帽子からはみ出た髪の毛が(汗のためか)凍ってました。まだまだ寒いです。何度でも来たい絶景の山でしたー。
2月の最終日曜日は新ひだか町静内の笹山に行ってきました。例によって天気予報がいいのは苫小牧以東の太平洋側なのでー。

DSCF7129_convert_20180226141645.jpg
この山は頂上付近にNTTやら北電やらの施設があるのでずーっと車道歩きです。それでも初めての山なのでワクワクします。
登り始めはこんなに青空!日高の山の大展望が見られるかと期待が高まります

P1090546_convert_20180226141729.jpg
なだらかな登りが続きます。右手が頂上。山スキーかスノーシューが悩みましたが、まだスキーで長時間登ったことがなく、靴擦れで歩けなくなると大変なのでスノーシューにしました。

DSCF7135_convert_20180226141659.jpg
アンテナが見えてきました。ここからが思ったより長かったです。

P1090556_convert_20180226141745.jpg
車道をショートカットして急登へ。結果的に大してショートカットになってなかった車道歩きは単調なのでこれ位の登りが無ければ・・

DSCF7140_convert_20180226141714.jpg
歩き始めてから2時間半で北電の巨大な反射板のある頂上に到着です。遠くの山に雲がかかって大展望とはなりませんでしたこの日はかなり寒く、頂上でゆっくりできなかったです。

P1090563_convert_20180226141801.jpg
左からピセナイ山、横山中岳、ペラリ山。ダニが多くなったのでもう夏に行くことはないでしょう(昔は全然いなかったのに・・)。
スキーでもいけそうなので、次回はスキーにしようっと。