FC2ブログ
2019/5/19(日)
まだ白い増毛山地の山並みを堪能したい、ということで週末は増毛町の暑寒別岳に行ってきました。

DSCF9460_convert_20190520183549.jpg
登山口の暑寒荘。ひっそりとしてます。
スキーシーズンが終わって山開き前のこの時期が静かで虫も少ないし、私にとってベストシーズンなのです(オットはスキーをしたそうですが・・)。

P1120750_convert_20190520183902.jpg
一合目までがやたら長い・・これで頂上までたどり着けるのか不安になります。下の方はお花が多くて癒されます。

P1120764_convert_20190520183921.jpg
三合目から雪が出てきました。頂上は前に見えているピークのずっと奥にあります。

DSCF9477_convert_20190520183607.jpg
四合目の標識が埋まってます予想したより雪が多いです。ここから軽アイゼンをつけました。念のためにワカンも持ってきました(使わなかったけど)。この先で道に迷ってウロウロしましたー。

DSCF9478_convert_20190520183631.jpg
このピークもかわして行けばよかったのですが、途中で夏道が出るのを恐れて結局登りましたー。

P1120778_convert_20190520183959.jpg
日本海をバックに登ります。海に近い山はいいです。この日は気温が高くて汗かきました

DSCF9486_convert_20190520183650.jpg
最後の急登です。あれを超えると稜線に出て箸別コースと合流します。ここも夏道に入って直登してしまいました。

DSCF9492_convert_20190520183711.jpg
稜線に出るとハイマツの海。頂上はずっと奥です。風が強い。大汗かいていたのに途端に寒くなりましたー。

P1120792_convert_20190520184020.jpg
ハイマツの向こうに西署寒岳と浜益岳がー。

P1120795_convert_20190520184038.jpg
先日登った雄冬山。三角です。

DSCF9499_convert_20190520183729.jpg
雨竜沼湿原をバックに。頂上はすぐそこです。

DSCF9502_convert_20190520183745.jpg
5時間15分で頂上に到着。道迷いで時間がかかりましたー。

P1120804_convert_20190520184057.jpg
風が強くて寒いけど最高の眺めです。

DSCF9506_convert_20190520183803.jpg
左から奥徳富岳、群別岳、その後ろに幌天狗、浜益岳、雄冬山。素晴らしいの一言!

DSCF9509_convert_20190520183823.jpg
南暑寒岳と雨竜沼湿原。雨竜沼湿原への林道は今年復旧するのでしょうか。
絶景の中1時間以上もまったりー。至福の時間でした。増毛山地最高です!

DSCF9525_convert_20190520183843.jpg
西暑寒岳と増毛天狗岳を眺めながら下山です。よく見ると雪山シーズン用と思われる赤丸の番号が木についてました。要は番号通りに進んでいれば迷うこともなかったみたいです。
下の方は真夏のような暑さでしたー。ついこの間まで冬だったのに体がついてけないです。
下山後の温泉は、定番の岩尾温泉「あったまーる」(500円)でした。
スポンサーサイト



2019/5/5(日)
早いものでGWもあと2日。楽しい時はあっという間に過ぎてしまいます。全道的に快晴のこどもの日は石狩市浜益の雄冬山に行ってきました。

DSCF9322_convert_20190506100521.jpg
林道のスペースに車を停めてツボ足でスタート。先行者は1台だけ。ここから登るのは3回目ですが、こんなに車がなかったことは初めてです。スキーシーズンが終わったということでしょうか。
2週間ほど前にこの林道でクマが出たようなので、クマよけの鈴を2人で4個とラジオをつけてます。

P1120598_convert_20190506100952.jpg
深い林を抜け稜線に出ると日本海をバックに登ります。積丹の山や羊蹄山も見えました。

DSCF9329_convert_20190506100538.jpg
右は先日登った幌天狗、左は浜益岳。雲一つない最高の天気です途中でワカンをつけました。

P1120609_convert_20190506101025.jpg
右が3回目となる浜益御殿、左が目指す雄冬山。

P1120612_convert_20190506101046.jpg
浜益岳を横目に進みます。2年前に登った時は強風でした(展望は最高)。

DSCF9402_convert_20190506100613.jpg
登り始めて3時間10分で浜益御殿に到着。以前はなかった立派な標識がありました。

DSCF9397_convert_20190506100719.jpg
雄冬山はまだまだ遠いー。一旦大きく下ってから登ります

P1120628_convert_20190506101108.jpg
雄冬山の最低コルへ。長いわー。

DSCF9354_convert_20190506100742.jpg
浜益御殿が遠くなりました。帰りの登り返しがツラそう・・

P1120639_convert_20190506101145.jpg
雄冬山への登り。突き上げるような小ピークがあります。細尾根が怖そうでしたが、キックステップで何とか登れました。

DSCF9361_convert_20190506100755.jpg
振り返るとこんな絶景がー。左は暑寒別岳です。

P1120648_convert_20190506101203.jpg
大絶景を背に最後の急登。風が強くなってきました。

P1120664_convert_20190506101311.jpg
浜益御殿から2時間で雄冬山に到着です。大・大絶景を二人占め。とにかく素晴らしー!

P1120663_convert_20190506101221.jpg
ハイマツの中に三角点と標識がひっそりありました。

DSCF9377_convert_20190506100822.jpg
浜益岳方面の眺め。積丹半島まで見えましたー。

P1120656_convert_20190506101241.jpg
郡別岳と奥徳富岳をズーム。すんごい三角。あそこまで行ってみたいけどビビリーの私たちには無理かなー。

DSCF9368_convert_20190506100839.jpg
反対側の増毛天狗岳から暑寒別岳の眺め。遠くに道北の山が見えました。海に近い山っていいです。

DSCF9382_convert_20190506100900.jpg
あまりの眺めのよさに1時間以上も頂上にいました。日が長くなったのでできることですね。後ろ髪を引かれつつ下山開始。

DSCF9403_convert_20190506100926.jpg
浜益御殿からの下りが長くて疲れたわー。駐車場所に到着したのは午後5時でした。珍しく一日中好天が続きました。
YAMAPによるとこの日の活動距離は19.1㎞。スキーを除く雪山の最長記録でした。
連休の締めくくりに最高の山行となりましたー。
2019/4/21(日)
GW前の日曜日は石狩市浜益の幌天狗に行ってきました。ずーっと行きたいと思いつつ、時期を逃していた山です。
出発しようとしていたところ、先行者の方が戻ってきました。林道が分からなくなって諦めたとのこと。途端に不安になってきました

DSCF9185_convert_20190422103939.jpg
林道は雪が全然なくて藪がうるさいです倒木個所があって難儀しましたー。

DSCF9125_convert_20190422104002.jpg
スノーブリッジはなく、渡渉しました。水量が少なくてヨカッタ。

P1120307_convert_20190422104311.jpg
雪が少なく藪漕ぎも。林道は分かりづらく、道に迷いながら進みます。早くも疲労しましたー。

DSCF9127_convert_20190422104017.jpg
林道を離れて真っ青な日本海をバックに。積丹の山も見えました。

DSCF9128_convert_20190422104031.jpg
浜益岳も見えてきました。

P1120316_convert_20190422104328.jpg
目指す幌天狗。ここからしばらく見通しが利きません。

P1120322_convert_20190422104343.jpg
美しいダケカンバ林ですが、下山の時に迷いそう・・

DSCF9139_convert_20190422104045.jpg
見通しの利かない林を抜け、ようやく幌天狗が見えました。ここからが遠かった・・

DSCF9141_convert_20190422104100.jpg
こちらは浜益岳。美しい山容です。私はワカン、オットはスノーシューを装着。

P1120330_convert_20190422104359.jpg
ピラミッド型の黄金山と先日登った別狩岳を横目に進みます。

DSCF9146_convert_20190422104113.jpg
最高の展望です

DSCF9151_convert_20190422104129.jpg
急斜面が待ってました

P1120349_convert_20190422104417.jpg
冬はクラストしていることが多いそうですが、この日はシャリシャリ。キックステップで何とか登りました。下山は尻すべりで一気でしたー。

DSCF9157_convert_20190422104146.jpg
最後の登り。風が強くなってきました。遠く十勝岳連峰も見え、励まされます。

P1120387_convert_20190422104435.jpg
予定より1時間もオーバーして5時間20分でようやく頂上に到着です。群別岳と奥徳富岳がお出迎え。

DSCF9172_convert_20190422213333.jpg
浜益岳。雪崩れているところが・・

P1120371_convert_20190422104449.jpg
存在感のあるピンネシリと神居尻山。後ろに見えるのは芦別岳かな。

DSCF9171_convert_20190422104235.jpg
大絶景を二人占めスキーのシーズンを過ぎると登山者はいなくなるんですね。

DSCF9183_convert_20190422104253.jpg
下山も長かったー。案の定道に迷いました。この時期は登りのトレースが残っていないのです。
YAMAPの記録によるとこの日の活動距離は18.2㎞。スキーを除く雪山の最長記録でした。次回はもっと雪のある時に来たいですね。
テレビのニュースとネット(気象協会)の天気予報はどうしてこう違うのか・・
天気予報に従って登る山を決めている身としては毎回イライラさせられます。

DSCF9026_convert_20190401143714.jpg
グチから始まってしまいましたが、この時期は増毛や樺戸方面に行きたい、なるべくなら未登の山、ということで3月最後の日曜日は新十津川町の壮志岳に行ってきました。
北幌加橋から見た壮志岳。車は橋の近くの林道入口に停めました。最短の尾根のコースは壁のよう

DSCF8980_convert_20190401143443.jpg
まずは徳富川に沿って進みます。林道歩きがないのがこの山のいいところです。川が曲がるところで林の中へ入るのですが、思いのほか急で早くも四苦八苦しました凍った上に薄く粉雪が積もって滑りやすいのです。
壁のような尾根に恐れをなして、いくらか緩いと思われた395mピーク経由のコースに急きょ変更。
ところが、全然取り付けず撃沈。途中、雪崩の跡があり、いやーな気分にもう別の山にしたくなりました。

DSCF8984_convert_20190401143501.jpg
大分時間をロスしましたが気を取り直して当初の尾根へ。シカさんの足跡に導かれるように進みます。
急登が続き、スノーシューが横滑りしながら、時には四つん這いになって何とか登りました。

P1120148_convert_20190401143733.jpg
だんだん見晴らしがよくなってきましたー。高度感がスゴくて振り返るのが怖いところも・・

P1120152_convert_20190401143750.jpg
急登を登り切ったところにビューポイントがありました。

DSCF9015_convert_20190401143634.jpg
増毛山地の山が一望!あの真ん中に行きたい!

DSCF8990_convert_20190401143519.jpg
最後の急登。クラストしてます。あれを超えると頂上に続く稜線に出ます。

P1120166_convert_20190401143809.jpg
稜線に出るとピンネシリと神居尻山がお出迎えー。

DSCF9011_convert_20190401143543.jpg
ピンネシリをズーム。実はまだ登ってません。以前登山道でスズメバチの襲撃に遭って以来足が遠のいているのです。なぜか相性の悪い山ってありますよね。

DSCF8999_convert_20190401143601.jpg
雪庇地帯の奥が頂上です。

DSCF9002_convert_20190401143617.jpg
ロスした時間を除くと2時間40分で頂上です。空知平野が一望!あきらめなくてよかった。

P1120173_convert_20190401143827.jpg
この時期はポカポカ陽気で頂上に長居することもよくあるのですが、この日は風が冷たくて無理。最近冬に戻ったように寒いのです。

DSCF9023_convert_20190401143655.jpg
下山は急なのでスノーシューを外して軽アイゼンで下りました。やっぱり早いわー。

DSC_0035_convert_20190401144002.jpg
ここまで来たら砂川市のナカヤのアップルパイは外せない!一緒に買った北海道パイシューも特にクリームが超美味しかったー。
銀行のように順番待ちの番号券を取るようになりました。人気なのねー。
3月最初の日曜日は、当別町の別狩岳に行ってきました。
週末はPM2.5が北海道中を飛散(アレルギー体質なので困るわー)、どこに行こうか悩みましたが、結局前から行きたかったこの山にしました。

DSCF8835_convert_20190304151017.jpg
林道の入口の車1台分のスペースに駐車してスタート。ここから見える別狩岳は遠そう・・
暖かくなったとはいえ、この日の朝は-9℃でした古いスキーのトレースが残ってました。

DSCF8840_convert_20190304151033.jpg
まずは長くて平らな林道歩き。気持ちのいい林道ですが1時間半は長かったー。下はカリカリ。春山になったことを実感。

P1110999_convert_20190304151222.jpg
川に沿って進み、対岸に渡らなければならないのですが、取り付き地点を過ぎてもスキーのトレースは続いています。川は開けていて適当なスノーブリッジも見当たらないので渡渉しました。水量が少なくてよかった・・

DSCF8842_convert_20190304151047.jpg
画像では分かりませんが、取り付きが一番急でした。新雪ラッセルだったら登れなかったかも。

DSCF8846_convert_20190304151059.jpg
だんだん開けてスキーに良さそうな斜面になります。

P1110951_convert_20190304151243.jpg
眺めも良くなってきます。神居尻山をバックに。PM2.5の影響かもやってます。

DSCF8851_convert_20190304151112.jpg
ここから結構長いのです。ピークはまだ見えません。

DSCF8856_convert_20190304151125.jpg
稜線にでると強風!これまで汗かいてましたが一気に寒くなりましたー。ピークがようやく見えました。一旦下ってから登ります。

DSCF8867_convert_20190304151140.jpg
3時間半で雪庇の頂上に到着です。この日は貸し切り状態でした。

P1110976_convert_20190304151255.jpg
真っ白な増毛山地が美しー。いつも行きたいと思います。

DSCF8863_convert_20190304151154.jpg
左手には春によく行く濃昼岳。

DSCF8874_convert_20190304151208.jpg
神居尻山とピンネシリ。PM2.5が飛んでなければもっときれいに見えたのに・・天気予報で詳しい飛散予報をしてほしいわ。

P1110998_convert_20190304151310.jpg
当別町丸山、察来山、富士形山を見ながら下山。お気に入りの山域です。次回はスキーで来たいですね。帰りの林道歩きは長かったー。