FC2ブログ
2020/6/21(日)
ようやく都市間移動の自粛が解除になりましたー。
この週末は、樺戸のピンネシリを新十津川町側から登りました。札幌市外に出るのは4月の積丹岳以来です。

DSCF1663_convert_20200622131804.jpg
この山は10年以上も前に一度来ていますがハチの襲撃に遭い退散。それ以来、なかなか来る気になれず懸案になっていたのです。
駐車スペースの看板。ここまでの林道は結構長かった・・
登山道は100m先と書いてありますが、せいぜい20メートルくらいです。

P1160028_convert_20200622132006.jpg
倒木個所がありますが、歩きやすいように切られています。前回よりかなり整備された印象です。

DSCF1667_convert_20200622131824.jpg
標識によると登山口から頂上まで6.12キロだそうです。

P1160032_convert_20200622132022.jpg
車道と交差するところが1カ所あります。前回はハチに襲われてほうほうの体でこの車道から逃げ下りました。それでも追いかけられましたー。稀に見るしつこいハチだったみたいです。

P1160046_convert_20200622132201.jpg
タニウツギが満開でキレイでしたー。ずっと展望は利かず、前日の雨で滑りやすく我慢の登りが続きます。

P1160064_convert_20200622132222.jpg
ようやく稜線に出たのにガスガス

P1160135_convert_20200622132428.jpg
帰りは晴れましたー

P1160078_convert_20200622132241.jpg
ハクサンイチゲのお花畑かと思いきや、一面のチシマフウロでしたー。

DSCF1691_convert_20200622131848.jpg
チシマフウロのお花畑。時々ハクサンチドリも咲いてます。

P1160110_convert_20200622132304.jpg
頂上に近づくにつれ青空に

P1160112-p_convert_20200622132325.jpg
レーダーのある頂上に到着。3時間ほどかかりました。

P1160113_convert_20200622132348.jpg
山頂標識はありません。向かいは神居尻山。建設中の山小屋が見えました。
頂上で1時間半もまったり。温かければ(ムシがいなければ)なんぼでも居られます。飽きることはないですねー。オットはウトウト居眠りしてました。

DSCF1704_convert_20200622131926.jpg
暑寒別岳方面。まだ雲がかかってます。今年は雪が少ないですねー。

DSCF1707_convert_20200622131946.jpg
下山の時には向かいの待根山や隈根尻山、浦臼山もスッキリ見えましたー。

P1160129_convert_20200622132410.jpg
朝はガスでどうなるかと思ったけど晴れてヨカッタ!

DSC_0366_convert_20200622132442.jpg
DSC_0369-s_convert_20200622132453.jpg
ここまで来たならと砂川市のナカヤでアップルパイとパイシューをゲット。パイがサクサクでやっぱり美味しい!
地方はコロナの感染者はほとんどいないのでのんびりしているかと思いきや、さすが人気店、お店の対策はきちんとしてました。こちらもマスクは必携ですね。
まだ温泉に寄る気分になれませんが、大汗かいた後は厳しいです・・
スポンサーサイト



2020/3/15(日)
日曜日は石狩市浜益地区の幌内山に行ってきました。
浜益十名山の未登の四山の中で唯一手が届きそうと思ったのですが・・

DSCF1018_convert_20200316145050.jpg
スノーシューで釣り堀跡をスタート。この日の朝は冷えたので雪が締まってます。

DSCF1021_convert_20200316145107.jpg
逆川に沿って林道を1時間ほど歩きます。雪が締まっているのでサクサク進めます。それにしてもいい天気

P1150518_convert_20200316145213.jpg
取り付き地点。ここから尾根の急登が始まります。
マスクは日焼け止めではなく花粉症対策です。先週の分監山で症状が出て、シラカバ花粉のシーズンにはまだ早いのに変だと思ったら、もうハンノキの花粉が飛んでいるそうです

DSCF1023_convert_20200316145125.jpg
かなり急ですが、雪が締まっているので最初は難なく登れました。

P1150525_convert_20200316145228.jpg
急登が続きます。増毛の山が見えてきましたー前日降った雪が枝についてキレイです。

P1150531_convert_20200316145245.jpg
雪質はベタ雪になったりサラサラになったりめまぐるしく変わります。

P1150533_convert_20200316145300.jpg
細尾根で両側が切れて怖い・・

P1150536_convert_20200316145314.jpg
404m地点の手前で滑って登れなくなりオットがギブアップ。無理すれば登れたかもしれませんが、滑落したらどこまでも落ちそうだったので。こういう時は「やめるかい?」と聞いてあげるのがツマの役目というもの。
どこまでも美しい増毛山地の眺めに後ろ髪を引かれつつ下山です。

DSCF1028_convert_20200316145139.jpg
細尾根は下山も大変。スノーシューからアイゼンに替えましたが、ズボズボ埋まってかえって遅くなってしまった・・

DSCF1032_convert_20200316145156.jpg
やっぱり雪山は難しいです。ビビリーの私たちは細尾根は避けた方がいいですね。また来るなら別のコースを考えた方がいいかも。帰りの林道は雪が緩んで重く、やけに長く感じましたー。
帰りに寄った厚田の道の駅は新型コロナの影響でお店が閉まってました。持ち帰りのバッテラ寿司を買いたかったのに。トイレにはトイレットペーパーが全然なかったし・・
2020/3/7(土)
いつの間にかもう3月。久しぶりに月形町の分監山に行ってきました。

DSCF0980_convert_20200308101409.jpg
登山口の林道入口。一番奥が頂上です。
札幌は数日前に雪が結構降ったのでラッセルを覚悟していましたが、予想に反して雪が締まって歩きやすいです。

P1150466_convert_20200308102156.jpg
スノーシューでスタート。この山は何回も登ってますが、こんなに歩きやすかったのは初めてです。

P1150467_convert_20200308102214.jpg
林道をショートカットして進み、取り付きます。ここからしばらく急登が続きます。林道歩きが短いのがこの山のいいところです。

P1150478_convert_20200308102229.jpg
空知平野が見えてきました。
これまで見たことがなかったピンクテープが短い間隔でありました。これに従えば迷うことなく頂上に行けそうです。地元の方がつけたのかな。

DSCF0985_convert_20200308101425.jpg
かなりの急登で、いつもはズルズル滑って進まず苦労するのですが、この日は雪が締まって難なく登れました。

DSCF0995_convert_20200308101442.jpg
急登を終えると頂上が見えます。今年は雪が少ないので雪庇も小さいです。

P1150492_convert_20200308102246.jpg
低山なのに展望が素晴らしい山です。

DSCF1008_convert_20200308101502.jpg
芦別岳をズーム。

DSCF1010_convert_20200308101519.jpg
大雪も見えましたー。十勝岳連峰は山の陰で見えなかったです。

DSCF0997_convert_20200308101536.jpg
ちょっと寄り道して増毛山地を見に行きました。真っ白。何度でも行きたい!

DSCF1001_convert_20200308101602.jpg
寄り道したのに2時間弱で頂上に到着。こんなに早く登れたのは初めてです。やっぱり雪質に大きく左右されますね。ここもピンクテープがありました。

P1150508_convert_20200308102319.jpg
樺戸山地。一番目立つのが隈根尻山。この辺は静かで好きな山域です、

DSCF1017_convert_20200308101619.jpg
登りはスイスイ行けましたが、下りが大変でしたこの山で下りに苦労したことないのに・・
気温が高くて雪がシャバシャバ、スノーシューが滑って急斜面は危険なのでツボ足になるとズボズボ埋まる・・
結局、登りと同じだけ時間がかかってしまいましたー。いきなり春山になって切り替えが出来てなかったです。

DSC_0311_(2)_convert_20200308102348.jpg
JR札沼線で初めて信号待ちしました。もうすぐ廃線になるので最近は「撮り鉄」の方をよく見かけます。月形町名物「まんまる納豆」をコンビニでゲットしました。美味しかったー、また買います。
2020/1/19(日)
日曜日は雪を求めて北へ。思えばこれが間違いでした

P1150260_convert_20200120150224.jpg
浦臼町の鳥越山の登山口。去年も同じ時期に来てますが、頂上手前の急登であきらめました。正面の三角の山が鳥越山。遠いですねー。
途中通ったJR札沼線のさってき駅では「撮り鉄」の人がいました。廃線になる前に乗ってみたいなー。

P1150295_convert_20200120150244.jpg
こちらは秋に登った浦臼山。この鳥越山は樺戸山地の展望台のような山です。朝の気温は−14℃予想外に雪が多い・・

DSCF0836_convert_20200120150133.jpg
今シーズン初めてのスノーシューでスタート。なんか変だなと思ったら左右逆に履いてましたー。こういうこと最近多い、歳だわー、いやんなっちゃう
トレースがあってラッキー!と思いきや、早々に撤退したようでラッセルこの時さっさと撤退を決めて別の低山に行けばよかった・・後の祭りですが。

P1150275_convert_20200120150320.jpg
雪が多いし重い・・雪がないことを心配したのに。珍しくオットがラッセルを嫌がるので仕方なく交代。

P1150264_convert_20200120150300.jpg
何と林道歩きに2時間もかかってしまいましたー。取り付き地点の急登。新雪で滑る。こんな格好でやっとこさ登りました。

DSCF0845_convert_20200120150156.jpg
オットが急登で遅れ始め、もうやめたい宣言。どっちにしろ頂上まで行くのは無理なのでここで撤退を決めました。浦臼山が見えます。

P1150270_convert_20200120150342.jpg
もうすぐで眺めのいいピークだったのに残念。林道歩きの長いこの山は新雪では無理がありました。

P1150291_convert_20200120150400.jpg
なんだかんだ言っても下りは早い。3月頃にまた来たいです。

DSC_0281_convert_20200120150425.jpg
下山後に寄った月形町の「手打ちそば屋」。国道沿いにあって以前から気になっていたお店です。

DSC_0280_convert_20200120150411.jpg
たぬきそば(700円)。ごはんと手作りのキムチはサービスです。素朴な味わいです。
店内には女性店主(せっちゃん)の描いた油絵が所狭しとかざってありました。手芸品も売ってました。
2019/10/14(月)
体育の日、紅葉目当てに定山渓方面に行きたいところですが、三連休の最終日で渋滞が予想されるので樺戸山地へ。廃道一直線と思われた登山道が復活したみたいなので。

DSCF0287_convert_20191016113154.jpg
12年ぶりの浦臼山の登山口。隈根尻山まで行けますが、ニセコの疲れもあるのでこの日は樺戸山までにしました。
以前はいつも初夏に来ていましたが、秋は初めて、ワクワクします

P1140235_convert_20191016113340.jpg
紅葉がキレイです。浦臼山までは車道ですが、すっかり草が生い茂って車道感がなくなりました。

P1140244_convert_20191016113403.jpg
開けると大雪山と十勝岳連峰が両方見えましたー。

DSCF0301_convert_20191016113215.jpg
紅葉の向こうにピンネシリが見えてきましたー。車道なのに結構急です。

P1140254_convert_20191016113422.jpg
紅葉の山肌。谷が深い・・

DSCF0309_convert_20191016113239.jpg
1時間25分で頂上です。石狩平野が一望!

P1140264_convert_20191016113437.jpg
隈根尻山に続く縦走路へ。歩きやすいです。

DSCF0322_convert_20191016113302.jpg
浦臼山をバックに。その向こうに石狩平野が広がってます。

P1140283_convert_20191016113457.jpg
アップダウンの縦走路は続くよ。絶景です。

DSCF0338_convert_20191016113321.jpg
浦臼山から1時間20分で樺戸山到着。目の前に隈根尻山。次回行きたいですね。

P1140300_convert_20191016113512.jpg
紅葉が美しい。この時期の定番決定です。

P1140312_convert_20191016113530.jpg
いつもは初夏に来て暑さでヘロヘロになったものですが、秋の方がいいかも。

P1140341_convert_20191016113550.jpg
もう諦めていたお気に入りのコースが復活して感無量です。登山者名簿に思わず登山道整備のお礼を書きました。
下山後の温泉は、月形温泉「ゆりかご」(550円)でした。