FC2ブログ
2019/5/19(日)
まだ白い増毛山地の山並みを堪能したい、ということで週末は増毛町の暑寒別岳に行ってきました。

DSCF9460_convert_20190520183549.jpg
登山口の暑寒荘。ひっそりとしてます。
スキーシーズンが終わって山開き前のこの時期が静かで虫も少ないし、私にとってベストシーズンなのです(オットはスキーをしたそうですが・・)。

P1120750_convert_20190520183902.jpg
一合目までがやたら長い・・これで頂上までたどり着けるのか不安になります。下の方はお花が多くて癒されます。

P1120764_convert_20190520183921.jpg
三合目から雪が出てきました。頂上は前に見えているピークのずっと奥にあります。

DSCF9477_convert_20190520183607.jpg
四合目の標識が埋まってます予想したより雪が多いです。ここから軽アイゼンをつけました。念のためにワカンも持ってきました(使わなかったけど)。この先で道に迷ってウロウロしましたー。

DSCF9478_convert_20190520183631.jpg
このピークもかわして行けばよかったのですが、途中で夏道が出るのを恐れて結局登りましたー。

P1120778_convert_20190520183959.jpg
日本海をバックに登ります。海に近い山はいいです。この日は気温が高くて汗かきました

DSCF9486_convert_20190520183650.jpg
最後の急登です。あれを超えると稜線に出て箸別コースと合流します。ここも夏道に入って直登してしまいました。

DSCF9492_convert_20190520183711.jpg
稜線に出るとハイマツの海。頂上はずっと奥です。風が強い。大汗かいていたのに途端に寒くなりましたー。

P1120792_convert_20190520184020.jpg
ハイマツの向こうに西署寒岳と浜益岳がー。

P1120795_convert_20190520184038.jpg
先日登った雄冬山。三角です。

DSCF9499_convert_20190520183729.jpg
雨竜沼湿原をバックに。頂上はすぐそこです。

DSCF9502_convert_20190520183745.jpg
5時間15分で頂上に到着。道迷いで時間がかかりましたー。

P1120804_convert_20190520184057.jpg
風が強くて寒いけど最高の眺めです。

DSCF9506_convert_20190520183803.jpg
左から奥徳富岳、群別岳、その後ろに幌天狗、浜益岳、雄冬山。素晴らしいの一言!

DSCF9509_convert_20190520183823.jpg
南暑寒岳と雨竜沼湿原。雨竜沼湿原への林道は今年復旧するのでしょうか。
絶景の中1時間以上もまったりー。至福の時間でした。増毛山地最高です!

DSCF9525_convert_20190520183843.jpg
西暑寒岳と増毛天狗岳を眺めながら下山です。よく見ると雪山シーズン用と思われる赤丸の番号が木についてました。要は番号通りに進んでいれば迷うこともなかったみたいです。
下の方は真夏のような暑さでしたー。ついこの間まで冬だったのに体がついてけないです。
下山後の温泉は、定番の岩尾温泉「あったまーる」(500円)でした。
スポンサーサイト
2019/5/12(日)
連休明け最初の日曜日は小樽市の春香山に行ってきました。近いのに時期を逃して未登になっていた山です。

P1120688_convert_20190513144121.jpg
小樽市桂岡の登山口です。いまだに冬と同じ格好。朝は寒かったー。

P1120735_convert_20190513144158.jpg
エゾエンゴサクがいっぱい。春ですねー。上の方はカタクリも咲いてました。

P1120744_convert_20190513144212.jpg
ヒトリシズカもカワイイ。

P1120738_convert_20190513144234.jpg
初夏の花だと思っていたシラネアオイも咲いてました。山の花は早いです。

DSCF9412_convert_20190513143844.jpg
一旦林道に出ます。登山道の続きのような枝道があり道迷いに注意です(私たちだけかな)。

P1120702_convert_20190513144139.jpg
再び登山道に入ります。すぐに林道に合流するのでそのまま林道を歩いた方がよかったみたい。

DSCF9418_convert_20190513143900.jpg
土場からは雪が出てきます。昔の「北海道夏山ガイド」ではここから石狩湾の展望がいいと書いてありますが、木が伸びてしまって良く見えません。

DSCF9425_convert_20190513150411.jpg
定山渓からのコースと合流する銭函峠を過ぎると、ようやく春香山の全容が望めます。最後は急そう・・

DSCF9448_convert_20190513150825.jpg
雪が出たり、なくなったりで少し迷いながら銀嶺荘に到着。休憩(コーヒー付き)400円、一泊800円だそうです。北海道ではかなり立派な山小屋で泊まってみたくなります。

DSCF9427_convert_20190513143928.jpg
エゾノリュウキンカも咲いてました。

DSCF9429_convert_20190513143943.jpg
ここから急な登りになります。キックステップでジグを切って登りました。ワカンは使わなかったです。

DSCF9435_convert_20190513144003_20190513150503239.jpg
登り始めて3時間10分で頂上です。標識が高い。雪が解けたのねー。

DSCF9439_convert_20190513144019.jpg
真っ青な日本海の向こうに増毛山地が浮かんで見えます。先週は向こう側にいました。

DSCF9433_convert_20190513144039.jpg
石狩湾の向こうに樺戸の山が見えます。あまり期待していなかったのですが、最高の眺めです。

DSCF9442_convert_20190513144102.jpg
朝里岳と余市岳。定山渓側は木が多いですが、定山渓天狗岳も見えましたよ。
頂上で1時間以上もまったり。下りは尻ボーが良く滑りましたー。

P1120743_convert_20190513144250.jpg
春紅葉がキレイでした。楽しい雪山シーズンも終わって淋しいです。夏の装備に替えなくては。
2019/5/5(日)
早いものでGWもあと2日。楽しい時はあっという間に過ぎてしまいます。全道的に快晴のこどもの日は石狩市浜益の雄冬山に行ってきました。

DSCF9322_convert_20190506100521.jpg
林道のスペースに車を停めてツボ足でスタート。先行者は1台だけ。ここから登るのは3回目ですが、こんなに車がなかったことは初めてです。スキーシーズンが終わったということでしょうか。
2週間ほど前にこの林道でクマが出たようなので、クマよけの鈴を2人で4個とラジオをつけてます。

P1120598_convert_20190506100952.jpg
深い林を抜け稜線に出ると日本海をバックに登ります。積丹の山や羊蹄山も見えました。

DSCF9329_convert_20190506100538.jpg
右は先日登った幌天狗、左は浜益岳。雲一つない最高の天気です途中でワカンをつけました。

P1120609_convert_20190506101025.jpg
右が3回目となる浜益御殿、左が目指す雄冬山。

P1120612_convert_20190506101046.jpg
浜益岳を横目に進みます。2年前に登った時は強風でした(展望は最高)。

DSCF9402_convert_20190506100613.jpg
登り始めて3時間10分で浜益御殿に到着。以前はなかった立派な標識がありました。

DSCF9397_convert_20190506100719.jpg
雄冬山はまだまだ遠いー。一旦大きく下ってから登ります

P1120628_convert_20190506101108.jpg
雄冬山の最低コルへ。長いわー。

DSCF9354_convert_20190506100742.jpg
浜益御殿が遠くなりました。帰りの登り返しがツラそう・・

P1120639_convert_20190506101145.jpg
雄冬山への登り。突き上げるような小ピークがあります。細尾根が怖そうでしたが、キックステップで何とか登れました。

DSCF9361_convert_20190506100755.jpg
振り返るとこんな絶景がー。左は暑寒別岳です。

P1120648_convert_20190506101203.jpg
大絶景を背に最後の急登。風が強くなってきました。

P1120664_convert_20190506101311.jpg
浜益御殿から2時間で雄冬山に到着です。大・大絶景を二人占め。とにかく素晴らしー!

P1120663_convert_20190506101221.jpg
ハイマツの中に三角点と標識がひっそりありました。

DSCF9377_convert_20190506100822.jpg
浜益岳方面の眺め。積丹半島まで見えましたー。

P1120656_convert_20190506101241.jpg
郡別岳と奥徳富岳をズーム。すんごい三角。あそこまで行ってみたいけどビビリーの私たちには無理かなー。

DSCF9368_convert_20190506100839.jpg
反対側の増毛天狗岳から暑寒別岳の眺め。遠くに道北の山が見えました。海に近い山っていいです。

DSCF9382_convert_20190506100900.jpg
あまりの眺めのよさに1時間以上も頂上にいました。日が長くなったのでできることですね。後ろ髪を引かれつつ下山開始。

DSCF9403_convert_20190506100926.jpg
浜益御殿からの下りが長くて疲れたわー。駐車場所に到着したのは午後5時でした。珍しく一日中好天が続きました。
YAMAPによるとこの日の活動距離は19.1㎞。スキーを除く雪山の最長記録でした。
連休の締めくくりに最高の山行となりましたー。
2019/4/30(火)
平成最後の日は、北日高の熊見山と労山熊見山に行ってきました。

DSCF9277_convert_20190502060625.jpg
日勝峠の日高町側9合目付近の駐車場所。雪が無い・・笹漕ぎをして林の中へ。

P1120498_convert_20190502060739.jpg
ズボズボ雪に埋まるのでワカンを装着。それでも時々ズボッと埋まります。

DSCF9283_convert_20190502060640.jpg
ようやくスノーブリッジを見つけて対岸へ。ここから益々笹が多くなりました

P1120515_convert_20190502060756.jpg
稜線の手前で深い藪漕ぎ結構長くて消耗しましたー。

DSCF9287_convert_20190502060654.jpg
稜線に出ると十勝平野を眺めながら進みます。

P1120531_convert_20190502060816.jpg
予定の倍、2時間もかかって熊見山頂上に到着です。この時期は雪の状況で時間が読めないです。
ペケレベツ岳が見えます。廃道寸前と思われた登山道が整備されたようなので久し振りに登りたいです。

DSCF9298_convert_20190502060709.jpg
稜線を戻り、向かいの労山熊見山へ。十勝岳連峰が浮かんで見えます。

P1120542_convert_20190502060901.jpg
日高の山をバックに最後の登り。

P1120547_convert_20190502060916.jpg
熊見山から1時間で労山熊見山に到着。気温が高いせいか少しもやってます。

P1120551_convert_20190502060933.jpg
こちらは双珠別岳。条件が良ければ行きたかったのですが、次回にします。

DSCF9316_convert_20190502060725.jpg
風が強くなってきたので下山です。この山はスキーで人気のようですが、時期が過ぎて静かな山歩きが楽しめました。
2019/4/28(日)
待ちに待ったGWの初日は雨しかも寒い・・翌日は晴れの予報を信じて日高のえりも町へ。

P1120392_convert_20190501091219.jpg
で、翌日、肉牛牧場からの豊似岳。雄大な景色が広がっています。ゲートの鍵はえりも町役場でお借りしました。雪が無く、車は登山口まで入れました。

DSCF9192_convert_20190501091008.jpg
登山口です。夏山状態。クマ対策のラジオをつけてます。

P1120394_convert_20190501091235.jpg
木の間からオキシマップ山が見えます。

P1120399_convert_20190501091302.jpg
なかなかの急斜面。枯草の上に雪が薄く積もって滑ります。

DSCF9202_convert_20190501091024.jpg
稜線手前は結構急でジグを切って登ります。

P1120411_convert_20190501091317.jpg
長い登りを終えて稜線へ。2時間半かかりました。えりも岬が見えます。

DSCF9212_convert_20190501091038.jpg
ここから楽しい稜線歩きのはずでしたが、雪が少ない・・左の藪に入りながら登りました。

DSCF9214_convert_20190501091051.jpg
1088mピーク手前はハイマツ漕ぎで消耗

DSCF9219_convert_20190501091105.jpg
稜線から1時間15分もかかって手前の1088mピークに到着です。南日高の山がお出迎えー。

DSCF9220_convert_20190501091119.jpg
豊似岳の真っ白な頂きを想像していたのに雪が無い長いハイマツ漕ぎになりそうなのでここで撤退を決めました。残念

P1120424_convert_20190501091333.jpg
この景色を見られただけでも満足です。

P1120433_convert_20190501091403.jpg
やっぱり日高の山は一筋縄ではいかないです。風も強くなってきて震えながらランチしました。全道的に暖かだったようですが。

DSCF9231_convert_20190501091139.jpg
下山も大変。ズボンがヤニだらけになりましたー。

DSCF9236_convert_20190501091201.jpg
下の方は雪がすっかり解けてなくなってました。

P1120474_convert_20190501091426.jpg
翌日強風のえりも岬からの豊似岳。存在感がスゴイ。次回はもっと雪のある時期にオキシマップ山まで縦走したいです。
その後、黄金道路を通って十勝へ。

P1120487_convert_20190501091445.jpg
広尾町下野塚にある山岳画家坂本直行さんの開墾地跡から。山の中にあると思いきや、海の近くでした。
広尾町海洋博物館の中にある坂本直行記念展示室もオススメです。
翌日の天気予報が晴れに変わり、急きょ帯広市内に泊まることにしました。