海の日の三連休、ここ数年はすっきり晴れたことがないです。今年は蝦夷梅雨真っ只中のような天気。遠出しても仕方ないので、初日に長沼町の長官山に行ってきました。

DSCF7851_convert_20180716134129.jpg
墓地にある登山口からスタートです。困った時は近場の低山です。

P1100445_convert_20180716134213.jpg
連日の雨で登山道はぬかるんでいるところもありました。

DSCF7856_convert_20180716134143.jpg
頂上直下の急な階段を上って頂上です。雲が多め。湿度が高いので大汗かきましたー。

P1100453_convert_20180716134227.jpg
いつものように「馬追原野」の文学碑のあるところまで行きました。

DSCF7860_convert_20180716134158.jpg
晴れてれば札幌近郊の山が丸見えだったはず・・真冬のよく晴れた日に来てみたいです。

DSC_0156_convert_20180716134240.jpg
下山後に寄った長沼町役場の近くの手打ち蕎麦「杜若(かきつばた)」のおろしそば(850円)。
食後は北海道博物館の特別展(松浦武四郎展)に行きました。とてつもなくスケールが大きい人です。そういえば富良野岳の原始ヶ原にも記念碑がありました。三重県の記念館にも行ってみたいですね。
それにしても夏だというのにいつになったら高山に行けるのかな・・
スポンサーサイト
週末、大雨で日本列島どうなっているのかと気分が乗らない中、土曜日に天気予報に従って深川市の音江連山に行ってきました。夏山は十数年ぶりです。

DSCF7842_convert_20180708131837.jpg
登山口。少し先の鳩の湯温泉の跡地と思われるスペースに駐車しました。

P1100417_convert_20180708131937.jpg
登山道はうっそうとしています。ここ数日の雨で近くの沢がゴーゴーいってました。

DSCF7844_convert_20180708131853.jpg
全般的に急です。2週間振りの山なので結構こたえます。

DSCF7849_convert_20180708131922.jpg
分岐に到着。案内はないですが、右に行くと音江山です。前回は笹に阻まれて音江山をあきらめ、隣の無名山に行ったので今回は音江山に行きます。

P1100436_convert_20180708132003.jpg
イルムケップ山が見えました。無名山からの縦走路は廃道化しているようです。冬に行ってみたいですね。夕張岳や十勝岳方面は雲がかかってました。

P1100427_convert_20180708131949.jpg
音江山への登山道はきれいに笹刈りがされてました。歩きやすいです。

DSCF7846_convert_20180708131908.jpg
登り始めて1時間40分で頂上に到着。まさかの展望なし冬にスノーシューで登った時は眺めが良かったのに・・

P1070222_convert_20170315164959.jpg
一昨年の3月はこんなんでしたー。
天気は下り坂なので無名山には行かずそのまま下山しました。
下山後の温泉は、高速インター近くの「まあぶの湯」(500円)でした。
翌日曜日は朝から大雨と思いきやピカッ晴れ。天気予報どうなってるのー。
蝦夷梅雨なのか北海道はずーっと雨が続いています夏至の日の長い時期に遠出できず悶々としています
7月の第一日曜日も雨で山はお休み。南円山のフォカッチェリアhakoに行ってきました。フォカッチェリアなんていう言葉、前からあったのでしょうかー。

DSC_0152_convert_20180704114352.jpg
ブルーで統一された、とにかくカワイイお店。お客さんも女子ばかり(オットは全然平気みたい)。
以前この近くにあって好きでよく行っていたVITAというイタリアンレストランの移転先です。

DSC_0147_convert_20180704114241.jpg
フォカッチャのランチセット。スープと飲み物がついて1600円です。これにパスタをプラスできますが、結構ボリュームがあるのでランチはこれで十分でした。
私はサーモンにしました。野菜がたっぷり!VITAのころのサラダを思い出しました。フォカッチャにソースをからめて、美味しいです。

DSC_0148_convert_20180704114322.jpg
オットはチキンのグリル。ローストビーフもありました。お肉はまな板のようなプレートにのってきます。

DSC_0151_convert_20180704114338.jpg
エスプレッソマキアート。お店で売っている手作りのビスコッティ付き。これが飲めるお店はあまりないです。遠い昔イタリアで飲んだような。ミルクが甘いので砂糖なしでもイケます。
野菜がたっぷりとれるオススメのお店です。次回はディナーに行きたいです。

<フォカッチェリア hako>
 札幌市中央区南5条西23丁目 TEL011-211-1642
 11:00~16:00 18:00~22:00
週末、土曜日は寝坊したので藻岩山へ。予報がはずれてイマイチの天気&強風でした
日曜日はそれほど天気は悪くないと感じ、気が進まないオットを引っ張って南区藤野の豊平山(ほうへいざん)に行ってきました。
藤野スキー場の後ろにある鋭角の目立つ山で、前から登ってみたかったのです。

DSCF7816_convert_20180625103828.jpg
登山口は藤野ペット霊園「緑の社」のところにあります。この日は慰霊祭(仏式)があって下山したら沢山の車が停まってました。
手書きの案内図があって嬉しくなります。隣の豊栄山(藤野スキー場の山)との縦走は禁止みたいです。

DSCF7817_convert_20180625103840.jpg
こちらは藤野三山の図。藤野に住んでいた子どものころ、豊平山以外はスキーで行ってます。豊見山まで冬ルートがあるみたい。ぜひ行ってみたいです。

DSCF7818_convert_20180625103855.jpg
枝道がありますが、案内標識が随所にあって迷わないようになっています。ありがたやー。

P1100392_convert_20180625103959.jpg
最初は沢沿いを進みます。水量は少ないので問題なし。お花は少ないですが、緑のシャワーが気持ちがいいです。
今では初めての山が少なくなってしまいましたが、低山とはいえワクワク感・ドキドキ感がやっぱり違いますね。

DSCF7821_convert_20180625103911.jpg
緩やかな登りを終えて分岐に到着。東面コースはジグの繰り返し、北尾根コースは急登。東から登って北を下ることにします。

DSCF7826_convert_20180625103926.jpg
東面コースは歩きやすかったです。9.5合目で合流し、最後の急登です。

DSCF7832_convert_20180625103941.jpg
歩き始めて1時間5分で頂上に到着。山容から、もっとつらい登りが続くと思いきやあっけなかったです。
盤の沢山と札幌岳が見えます。無意根山と喜茂別岳もうっすら見えました。

P1100406_convert_20180625104012.jpg
隣の豊栄山は木で見えなかったけど、八剣山、神威岳、烏帽子岳が一直線に、定山渓天狗岳も見えました。遠くに雪をかぶった余市岳がー。

P1100407_convert_20180625104028.jpg
支笏湖方面の山。雲が多めです。

P1100411_convert_20180625104045.jpg
下りは北尾根コースから。かなり急でしたー。急登が好きな人は登りに使ってもいいでしょう。

P1100414_convert_20180625104101.jpg
豊栄山が見えるポイントがありました。スキー場の裏は採石場でしたー。
子どものころいつも見ていた山に登れて満足です。秋にまた来ようっと。
下山の時、この山を整備されているというご夫婦(+白いワンコ)にお会いしました。感謝、感謝ですね。想像以上にいい山でしたー。

DSC_0140_convert_20180625104115.jpg
下山後のランチは久し振りに簾舞の「長崎ちゃんぽんジュン」へ。ちゃんぽん(800円)。スープが美味しいです。

DSC_0141_convert_20180625104129.jpg
温泉は定山渓の「渓流荘」。10月に閉まるそうです。8月下旬まで入浴料は510円のサービス価格です。
さらに定山渓に来た時によく行く「Jグラッセ」でアップルパイパフェ(700円)をいただきましたー。また消費カロリー以上を食べてしまった・・

週末の天気はイマイチ。遠出する気になれないので、日曜日は南区石山の硬石(かたいし)山に行ってきました。ずーっと「こうせきやま」と読むのだと思ってました。

P1100367_convert_20180618110839.jpg
登山口は水道局の施設の横にあります。左の畑にはクマよけの電流柵が最近、南区や西区でクマの目撃情報が多いですね。この日は山にクマの気配はなかったです。

DSCF7798_convert_20180618110703.jpg
昨年開削されたという西廻りコースから行きます。下りに東廻りコースを使うと周回コースになります。随所に案内板がかかっています。

P1100371_convert_20180618110854.jpg
最初から急です

DSCF7801_convert_20180618110715.jpg
急登がこれでもかっというくらい続きますよくこんなところに登山道を開削したものです。頭が下がりますね。

P1100378_convert_20180618110913.jpg
50分ほどで最高点に到着。「三角点は500m先」と書いてあります。

P1100381_convert_20180618110926.jpg
途中、雲海から頭を出した恵庭岳が見えました。

DSCF7806_convert_20180618110729_201806181130202cb.jpg
三角点手前のミズナラの大木。お花はほとんどなかったです。

DSCF7807_convert_20180618110746.jpg
登り始めて1時間10分で三角点に到着です。相変わらず展望はありません。少し下りますが、この先の見晴台に行ってみます。

DSCF7811_convert_20180618110759.jpg
見晴台からは採石場が見えました。奥に札幌ドームも見えます。晴れていれば夕張岳も見えるようです。

DSCF7813_convert_20180618110811.jpg
下りは東廻りコースを行きます。こちらも結構急ですが、距離が短く、20分ほどで下山です。

DSCF7814_convert_20180618110823.jpg
東廻りコースの登山口の案内板。この日は一人の登山者に会うこともなく下山(札幌の夏山では珍しい)。秋は紅葉が期待できそうです。冬にスノーシューで登ってみたい山ですね。