FC2ブログ
DSCF8412_convert_20181021175038.jpg
北海道地震以来、すっかり山から遠ざかってました。もう山女返上ですね。そろそろ再開しなければー、ということでピカッ晴れの日曜日は近場の藻岩山に行ってきました。

DSCF8414_convert_20181021175052.jpg
下の方は紅葉はすすんでいません。
オットは仕事のため一人登山です。私は車の運転がからきしダメなので遠出出来ません。バスで定山渓方面にも行けますが、以前平日に一人で行ってクマに遭遇したのでどうも足が向きません。今年はクマの出没が多いし・・

DSCF8424_convert_20181021175107.jpg
馬の背を過ぎると頂上が見ました。暖かな日でシャツ1枚で十分でした。

DSCF8434_convert_20181021175138.jpg
1時間ちょっとで頂上です。円山が見えます。天気がいいので登山者が多かったです。

DSCF8426_convert_20181021175123.jpg
砥石山、神威岳、烏帽子岳、百松沢山が見えます。烏帽子は未登なので行かねばー。

DSCF8440_convert_20181021175152.jpg
下りはいつものように旭山公園コースです。こちらは人が少なくて静かだし、紅葉もキレイです。都会の喧騒を離れて山に来ているのだから、山は静かな方がいいです。

DSCF8445_convert_20181021175206.jpg
どうしても赤やオレンジ色に目が行きますね。

DSCF8459_convert_20181021175220.jpg
旭山公園に到着。札幌の街がより近い、大好きな公園です。藻岩山からの夜景は日本三大夜景になったそうですが、ここからもかなりキレイなのでは。

DSCF8460_convert_20181021175234.jpg
旭山公園からの円山。1か月半のブランクがあるので太ももがだるくなりました。でもやっぱり山はいいですね。
スポンサーサイト
9月の最初の日曜日は十勝岳から上ホロカメットク山、上富良野岳を縦走しました。
吹上温泉白銀荘を出発して十勝岳温泉の登山口に下り、凌雲閣の前からバスで白銀荘に戻るお気に入りのコースで、もう3回目です。

DSCF8326_convert_20180903135900.jpg
白銀荘の登山口を朝5時にスタート。雲海に山が浮かんでいます。ここから十勝岳に登る登山者は少なく静かです。

P1110194_convert_20180903140327.jpg
雲海に浮かぶ山。奥に樺戸山地が見えます。

DSCF8332_convert_20180903135915.jpg
朝の前十勝。春先にスキーで行ってみたいですね。

P1110215_convert_20180903140345.jpg
朝日を浴びる富良野岳。奥に富良野西岳が見えます。

DSCF8346_convert_20180903135933.jpg
1時間25分で十勝岳避難小屋に到着。ここから長い急登の始まりです。朝日がまぶじー。

DSCF8347_convert_20180903135952.jpg
目指す十勝岳の頂上。サングラスをかけてもまぶしいです。

DSCF8353_convert_20180903140005.jpg
稜線に出ると美瑛岳、その後ろに表大雪の山々がー。

P1110223_convert_20180903140404.jpg
月面にでもおりたかのような光景が広がります。

DSCF8358_convert_20180903140028.jpg
最後の急登が待ってます。

P1110237_convert_20180903140424.jpg
急だし岩にペンキの目印もないので天気の悪いときは要注意です。

P1110246_convert_20180903140444.jpg
もうすぐ頂上。百名山だけあって、人が沢山いそう。

P1110253_convert_20180903140508.jpg
歩き始めて3時間45分で頂上に到着です。美瑛岳の向こうにトムラウシ山や石狩岳連峰も見えましたー。登山者が多いし先が長いので長居しません。

P1110262_convert_20180903140525.jpg
富良野岳まで続く縦走路へ。この日は噴煙が多く、しかも富良野岳方面に流れていました

DSCF8384_convert_20180903140053.jpg
縦走路から十勝岳を振り返って。こっちは青空です。噴煙がモクモク・・

DSCF8387_convert_20180903140112.jpg
大砲岩。昔ここから三段山への登山道があったようです。

DSCF8390_convert_20180903140133.jpg
避難小屋と上ホロカメットク山。急ですねー。
避難小屋から上ホロカメットク山の頂上を迂回するコースもありますが、長いので(前回バテた)、頂上経由にします。

P1110282_convert_20180903140542.jpg
上ホロカメットク山のふもとからの三段山。意外と低い。春にスノーシューで登った時は大絶景でしたー。

DSCF8395_convert_20180903140150.jpg
上ホロカメットク山の頂上。避難小屋から15分くらいです。もやってます。噴煙のせいか、なんだかノドが痛いのですぐに上富良野岳へ向かいます。

DSCF8401_convert_20180903140207.jpg
上ホロカメットク山から15分くらいで上富良野岳に到着。歩き始めてから休憩も入れて5時間30分かかりました。1時間ほどまったり。暖かな日でヨカッタ。

DSCF8406_convert_20180903140243.jpg
三峰山と富良野岳。富良野岳はいつも人がいっぱいというイメージがあります。ガスがかかってきました。

P1110296_convert_20180903140558.jpg
下山開始。このコースは下山時間が短いのがいいです。凌雲閣前発の帰りのバスは13時37分発。遅れたらタイヘン。

DSCF8411_convert_20180903140305.jpg
化物岩付近からの十勝岳。すんごい迫力です。
コースの最後に涸れ沢を渡りますが、数年前の大雨の時、沢があふれて登山者が足止めを食ったことがありました。怖いです。
このコースは12.3キロでした。摩周岳(片道7キロ)より短いのにビックリ。大変さが全然違います。
8月20日は雌阿寒岳に行ってきました。13年前にオンネトーコースから登ってますが、今回は初めての阿寒湖畔コースからです。

DSCF8268_convert_20180825092006.jpg
阿寒湖温泉から少し荒れた林道を通ってゲートのある登山口へ。ここから1キロほど作業道跡を歩きます。この林道は白湯山展望台まで続いているようです。用心深いオットはヘルメットを持参。

DSCF8269_convert_20180825092017.jpg
ここが本来の登山口。ここから頂上まで5.5キロ、結構ありますね。しばらくは見通しの利かない林の中を進みます。このコースは登山者が少ないようです。

P1110088_convert_20180825092147.jpg
四合目で剣ヶ峰が見えましたー。このコースならではですね。

P1110093_convert_20180825092205.jpg
だんだん火山ぽくなってきます。それにしても道東とは思えない暑さです。

DSCF8278_convert_20180825092032.jpg
振り返ると阿寒湖と雄阿寒岳が。

DSCF8280_convert_20180825092047.jpg
七合目手前。開けましたー。阿寒富士が頭を出してます。

P1110109_convert_20180825092236.jpg
右奥が目指す頂上。

P1110115_convert_20180825092255.jpg
火口が見えます。歩いて行けそうです。この辺りは風の通り道なのか、風が強かったー。

P1110118_convert_20180825092315.jpg
アップダウンがあります。白いところは固くて滑らないです。このコースはおおむねなだらかですが、八合目あたりから急になります。

DSCF8296_convert_20180825092103.jpg
絶景を背に最後の登り。

P1110135_convert_20180825092339.jpg
九合目付近。大絶景です!

P1110138_convert_20180825092356.jpg
稜線に出ると阿寒富士と青沼が見えましたー。頂上はもうすぐそこです。

P1110155_convert_20180825092419.jpg
右の崖の上が頂上です。

DSCF8314_convert_20180825092124.jpg
歩き始めて2時間50分で13年ぶりの頂上に到着。最高の眺めです。しかし、火山なので長居しないようにとの掲示があるので何となく落ち着きません。

P1110160_convert_20180825092436.jpg
絶景を眺めながら下山。次回は野中温泉コースからオンネトーコース、阿寒富士を縦走したいものです。道東の山もいいですねー。

DSC_0191_convert_20180825092504.jpg
下山後は弟子屈ラーメン。大人気ですね。
この日は、予約の取れない宿で有名な中標津町養老牛温泉の「だいいち」に宿泊。顧客満足度が高いのがうなずけます。朝食に1時間もかけてしまいましたー。
夏休み前半は猛暑の中、山陰から香川を旅行し、幸運にも高松港の花火大会を観ることができましたー。
で、夏休み後半は道東へ。8月19日に斜里岳に登ろうとしたところ、林道が大雨の影響で通行止め13年前に登った時は、下は晴れているのに頂上はガスガスまた来たいとずーっと思っていたのに縁がないなー。それにしても清里町の道の駅に掲示してあってもいいんでないかい。
急遽、弟子屈町の摩周岳に行くことにしました(早起きしてヨカッタ)。

DSCF8267_convert_20180824172708.jpg
摩周湖第一展望台の登山口。13年前は標茶町の西別岳から縦走しました。ここからは初めてです。

DSCF8190_convert_20180824172459.jpg
摩周湖と摩周岳。左に斜里岳が見えます。うらめしやー。はじめは外輪山に沿った平坦なルートを進みます。

DSCF8191_convert_20180824172521.jpg
振り向けば雄阿寒岳、雌阿寒岳、阿寒富士が見えます。

DSCF8209_convert_20180824172538.jpg
展望台に到着。朝はまだスッキリ晴れてませんが、帰りは晴れましたよ。

DSCF8203_convert_20180824172554.jpg
ここでちょうど半分くらいですかね。

DSCF8211_convert_20180824172609.jpg
ダケカンバ林が美しー。

P1110029_convert_20180824172757.jpg
1時間50分ほどで西別岳との分岐に到着。ここからだんだん急になります。

DSCF8249_convert_20180824172650.jpg
歩き始めて2時間半で狭い頂上に到着です。

DSCF8232_convert_20180824172628.jpg
摩周湖が一望。ずーっと眺めていたいけど登山者が次から次へと登ってくるので下ります。

DSCF8258_convert_20180824172735.jpg
これは帰りの展望台。晴れました今度はまた西別岳から登ってみたいですね。
前回登った時は、西別岳から毎日走って登っているというランニング姿のおじいさんにお会いしました。トレイランという言葉がなかった頃です。今はどうされてるのでしょうかー。

P1110065_convert_20180824172816.jpg
これぞ摩周ブルー!

P1110075_convert_20180824172834.jpg
何度でも歩きたいコースですね。片道7キロでちょっと長いですけど。

P_20180818_185040_convert_20180824172853.jpg
前日、清里町の道の駅のレストランで食べたご当地グルメ「オホーツク清里虹色うどん」。温かいの冷たいの、色々な味が楽しめます。麺が美味しかったー。
下山後の温泉は、久しぶりに川湯温泉へ。昔泊まった宿が閉まっていたり少し寂れた感じに・・お湯は最高なのにね。
真夏は高山、ということで8月の第一日曜日は黒岳から北海岳へ行ってきました。ところが朝の気温は9℃寒いです・・先週の猛暑はどこへ行ったやら。

DSCF8018_convert_20180807201300.jpg
5時50分発の黒岳ロープウエーの臨時便で5合目へ。そこからリフトで7合目へ。リフト乗り場から黒岳がくっきり見えましたー。

P1100651_convert_20180807201630.jpg
7合目の展望台から。正面に朝日を浴びたニセイカウシュッペ山と平山が見えます。
ここからはジグを切りながら急登を進みます。予想に反して登山者は少ないです。一時のブームが去ってにわか登山者がいなくなったのでしょうか。

DSCF8025_convert_20180807201315.jpg
マネキ岩が見えたら9合目。もうすぐ頂上です。

P1100667_convert_20180807201648.jpg
キンバイが沢山咲いてました。あとトリカブトが目に付きました。

DSCF8030_convert_20180807201329.jpg
1時間20分で久し振りの黒岳の頂上です。天気いいわー

DSCF8037_convert_20180807201343.jpg
黒岳石室へ向かいます。北鎮岳の白鳥の雪渓はまだありますね。石室では以前はなかったお土産が売ってました。ピンバッジをゲット。Tシャツは人気でLLサイズしか残ってなかった・・石室は1923年からあるそうです。ビックリ!

P1100685_convert_20180807201748.jpg
石室から北海岳へ向かいます。チングルマは綿毛になってました。

P1100687_convert_20180807201809.jpg
このへんはチングルマの大お花畑。綿毛もいいけど真っ盛りの時にまた来たいです。

P1100701_convert_20180807201839.jpg
チングルマ、咲いているところもありましたー。

DSCF8049_convert_20180807201357.jpg
雪渓も残ってました。

DSCF8055_convert_20180807201411.jpg
凌雲岳と桂月岳が頭を出して。

DSCF8057_convert_20180807201426.jpg
正面が目指す北海岳の頂上。

DSCF8058_convert_20180807201443.jpg
北鎮岳と凌雲岳を背に最後の登りです。

DSCF8062_convert_20180807201458.jpg
こっちは黒岳と烏帽子岳。

DSCF8064_convert_20180807201515.jpg
歩き始めて3時間で北海岳に到着。人もいないのでここでランチにしました。じっとしていると寒いです。

DSCF8072_convert_20180807201533.jpg
お鉢平が近い。先週は正面の中岳にいました。一番左が旭岳です。

DSCF8074_convert_20180807201550.jpg
お鉢の底まで簡単に行けそうな気がします。

P1100725_convert_20180807201856.jpg
トムラウシ山方面は雲が多いです。十勝岳連峰は全然見えなかった。

DSCF8076_convert_20180807201608.jpg
白雲岳まで続く道。昨年行っているので今回はこのまま下山しました。

P1100727_convert_20180807201915.jpg
さすが大雪、すっかり冷えましたー。高山の夏はあっという間に過ぎてしまいますね。
下山後の温泉は「黒岳の湯」。ロープウエー駅で割引券もらって500円でした。以前売ってた上川町のアイスがなくなっていてガッカリ。
オットは帰りに上川町のコンビニで地酒「神川」をゲットしてご満悦でしたー。